高城剛メルマガ「高城未来研究所「Future Report」」より

スターウォーズとレンズとウクライナ紛争

高城未来研究所【Future Report】Vol.592(10月21日)より

今週は、八ヶ岳にいます。

登山シーズンも終わり、静かになった山麓は、もう紅葉の季節です。
今週、赤岳や天狗岳が初冠雪。
鷽(うそ)を見かけることが増え、ゆっくりと冬の足音が聞こえはじめました。 

さて、ご質問を多々頂戴していることもありまして、今週は普段見ているドラマのお話し。
NETFLIXが韓国チャンネル化したことから徐々に関心が薄れ、最近はもっぱらディズニープラスとAmazonプライムで新作ばかり観るようにになりました。
なかでも、スターウォーズのスピンオフはすべて観ていまして、「マンダロリアン」、「オビ=ワン・ケノービ」から「アンドー」まで、アニメーション以外の実写は、時間を見つけて楽しんでいます。

面白いのは子供の頃から親しんだスターウォーズの世界観だけでなく、テレビシリーズでは映画とは違った撮影方法が駆使され、愛用しているシネレンズ「Black Wing 7」(https://7isatribe.com/)が多用されていることも僕にとっては見どころのひとつ。

このレンズは、スターウォーズのスピンオフ映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」の撮影監督ブラッドフォード・ヤングと、ARRIのレンタルオンリーの巨大カメラ「ALEXA65」のマネージメントを手掛けるニール・ファンソムのふたりが、既存のレンズでは描くことができない「ヴィンテージな未来」を映し出すために開発されました。
まさに「スターウォーズ」シリーズのためのレンズであり、実際、ディズニープラスのスピンオフ・シリーズで多用されています。

そんな中、現実世界では「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」で主人公ルークを演じたマーク・ハミルが、ゼレンスキー大統領直々の依頼で、ウクライナにドローンを届けるクラウドファンディングの代表に任命されました。

ウクライナ政府は「スターウォーズ」に重ね合わせて、ロシアを悪の帝国と決めつけたいのだと思われますが、インディペンデント映画の旗手だったルーカス・フィルムを帝国ディズニーが飲み込んだ現実を考えてみれば、ウクライナもすでにアメリカ帝国に飲み込まれた傀儡だと見ることもでき、今後、一旦収束しても「スピンオフ戦争」がはじまるかもしれません。

現在、ウクライナ紛争は数年前に予測した通り市販ドローンVS市販ドローンの戦いになってきました(https://www.reddit.com/r/ukraine/comments/y2uc4c/ukrainian_and_russian_uav_saw_each_other_and/)。

戦争が映画化する21世紀。
ウクライナの大統領が俳優出身なのも頷けるところです。

山ではすっかり日差しが優しくなってきました。
今年の撮影シーズンももう終わり。
そろそろ冬支度と来シーズンの準備のはじまりです。
 

高城未来研究所「Future Report」

Vol.592 10月21日発行

■目次
1. 近況
2. 世界の俯瞰図
3. デュアルライフ、ハイパーノマドのススメ
4. 「病」との対話
5. 身体と意識
6. Q&Aコーナー
7. 連載のお知らせ

23高城未来研究所は、近未来を読み解く総合研究所です。実際に海外を飛び回って現場を見てまわる僕を中心に、世界情勢や経済だけではなく、移住や海外就職のプロフェッショナルなど、多岐にわたる多くの研究員が、企業と個人を顧客に未来を個別にコンサルティングをしていきます。毎週お届けする「FutureReport」は、この研究所の定期レポートで、今後世界はどのように変わっていくのか、そして、何に気をつけ、何をしなくてはいけないのか、をマスでは発言できない私見と俯瞰的視座をあわせてお届けします。

高城剛
1964年葛飾柴又生まれ。日大芸術学部在学中に「東京国際ビデオビエンナーレ」グランプリ受賞後、メディアを超えて横断的に活動。 著書に『ヤバいぜっ! デジタル日本』(集英社)、『「ひきこもり国家」日本』(宝島社)、『オーガニック革命』(集英社)、『私の名前は高城剛。住所不定、職業不明。』(マガジンハウス)などがある。 自身も数多くのメディアに登場し、NTT、パナソニック、プレイステーション、ヴァージン・アトランティックなどの広告に出演。 総務省情報通信審議会専門委員など公職歴任。 2008年より、拠点を欧州へ移し活動。 現在、コミュニケーション戦略と次世代テクノロジーを専門に、創造産業全般にわたって活躍。ファッションTVシニア・クリエイティブ・ディレクターも務めている。 最新刊は『時代を生きる力』(マガジンハウス)を発売。

その他の記事

緊張して実力を発揮できない人は瞬間的に意識を飛ばそう(名越康文)
「シマウマ、捕獲後に死ぬ」のニュースの裏側(川端裕人)
本来ハロウィーンが意味していた由来を考える(高城剛)
季節の変わり目に江戸幕府の長期政権を支えた箱根の関を偲ぶ(高城剛)
国産カメラメーカーの誕生とその歴史を振り返る(高城剛)
映画は誰でも作れる時代(高城剛)
アーユルヴェーダで身体をデトックスしても治らないのは……(高城剛)
週刊金融日記 第310号【教育工学も基本は恋愛工学と同じ、米中貿易戦争勃発、目黒駅の安くて美味しい立ち飲みビストロ他】(藤沢数希)
【号外】安倍官邸『緊急事態宣言』経済と医療を巡る争い(やまもといちろう)
なぜ東大って女子に人気ないの? と思った時に読む話(城繁幸)
マイナス50キロを実現するためのホップ・ステップ・ジャンプ(本田雅一)
NAB2017でわかったHDRのインパクト(小寺信良)
「控えめに言って、グダグダ」9月政局と総裁選(やまもといちろう)
就活の面接官は何を見ているか(岩崎夏海)
今年の冬は丹田トレーニングを取り入れました(高城剛)
高城剛のメールマガジン
「高城未来研究所「Future Report」」

[料金(税込)] 880円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回配信(第1~4金曜日配信予定。12月,1月は3回になる可能性あり)

ページのトップへ