ふるまいよしこ
@furumai_yoshiko

ふるまいよしこメルマガ『§ 中 国 万 華 鏡 § 之 ぶんぶくちゃいな』より

ネット時代に習近平が呼びかける「群衆闘争」

※ふるまいよしこメルマガ『§ 中 国 万 華 鏡 § 之 ぶんぶくちゃいな』2015年4月30日号外より

2787b99a9c902328e61c6977fd471c71_s

1年で最も気持ちのよい季節がやって来ましたね。皆さんは今年のゴールデンウィークはいかがおすごしですか?

わたしも考えてみたら、約30年ぶりにこのGWを体験しています。香港や中国にいた時は、日本側のメディアが「GWですから…」と仕事が前倒しになったことはありましたが、基本的にわたしの生活は変わりなく、同時に中国人が休む頃は日本は動いていますから、結局いつものように仕事をしていました。生活と仕事があまり区別なく存在する生活に慣れていたので、それほど苦痛に感じたことはありません。

ですが、まとまった時間を取って旅行にでかけることもほとんどできなかったですね、確かに。

そんなわたしが今年に入ってから、お正月のカンボジアに始まり、シンガポールに行き、今月中旬にはタイにも行ってきました。シンガポールもタイもほぼ20年ぶりでした。変わったところ、と訊かれても、実は20年前の記憶がかなりあいまいなので、それほど感じるものはありませんでした。どちらもアジアでは有数の都市ですし、どちらかというと、都会はどこへ行ってもそう大して変わらない、という印象を持ちました。(もちろん、他の国に行ってみないことには相対化はできませんが。)

そんなこんなでちょっと日本がおろそかになってしまったので、GWには一旦、北九州の実家に帰ります。たぶん、どこに行っても人が多いでしょうから、実家にこもるのはグッドアイディアかも。とはいえ、福岡市内はどんたくで大賑わいでしょうが。

 

§ 中 国 万 華 鏡 § 之 ぶんぶくちゃいな

§ 1504号外 § 「Sylar:ネット時代に習近平が呼びかける「群衆闘争」」(2015年4月30日発行号)はこちらからご購読ください。

http://yakan-hiko.com/furumai.html

25現代中国社会を理解するのに役立つ「話題」をご紹介します。中国理解という目的だけではなく、実際に現地の人たちとの会話に上がるかもしれないトピックや関心ごと、日本で話題のニュースに対する現地の視点など、日本のメディア報道ではあまり取り上げられないけれど、知っておけば中国、そして中国人と付き合っていく上で参考になるものを中心に。(取り上げる話題や視点は必ずしもわたしが支持するものとは限りません。)

 

皆様も楽しいGWをお過ごしください。

ふるまいよしこ
フリーランスライター●北九州大学(現北九州市立大学)外国語学部中国学科卒。1987年から香港中文大学で広東語を学び、雑誌編集者を経て独立●現在は北京を中心に、主に文化、芸術、庶民生活、日常のニュース、インターネット事情などから、日本メディアが伝えない中国社会事情をリポート、解説●東京新聞の土曜日朝刊「本音のコラム」担当●「Newsweek Japan ウェブ」にコラム「中国 風見鶏便り」を連載●著書『香港玉手箱』(石風社)、『中国新声代』(集広舎)●共著『艾未未読本』(集広舎)、『中国超入門』(阪急コミュニケーションズ)

その他の記事

年末年始、若い人の年上への関わり方の変化で興味深いこと(やまもといちろう)
変化のベクトル、未来のコンパス~MIT石井裕教授インタビュー 前編(小山龍介)
6月のガイアの夜明けから始まった怒りのデス・ロードだった7月(編集のトリーさん)
人も社会も「失敗」を活かしてこそサバイブできる(岩崎夏海)
日本の30代以上だけが気づいていない「ノーリスクのリスク」(城繁幸)
なぜこれほど本は売れなくなったのか(岩崎夏海)
ハロウィン:あの世とこの世の境界線が曖昧になるとき(鏡リュウジ)
不可解なフジテレビのインタビューねつ造シーン(小寺信良)
週刊金融日記 第282号<日本人主導のビットコイン・バブルは崩壊へのカウントダウンに入った、中国ICO規制でビットコインが乱高下他>(藤沢数希)
コデラ的出国前の儀式(小寺信良)
コロラドで感じた大都市から文化が生まれる時代の終焉(高城剛)
就活解禁になっても何やっていいのかわからない時に読む話(城繁幸)
【ダイジェスト動画】名越式仏教心理学を語る(名越康文)
ネット上で盛り上がってる「働き方論」はすべてナンセンスです!(宇野常寛)
継続力を高める方法—飽き性のあなたが何かを長く続けるためにできること(名越康文)
ふるまいよしこのメールマガジン
「§ 中 国 万 華 鏡 § 之 ぶんぶくちゃいな」

[料金(税込)] 864円(税込)/ 月
[発行周期] 原則月2回(第1、第3土曜日配信)、第2、4土曜日にも増刊号を配信。また夜間飛行購読者限定の特別号外として「読んでみました中国本」を配信中。

ページのトップへ