高城剛メルマガ「高城未来研究所「Future Report」」より

注目のスーパーフード、食用大麻で腸内環境の改善を目指す

高城未来研究所【Future Report】Vol.299(2017年3月10日発行)より
Konopne seminko loupane

今週も東京にいます。

東京に限らず、こんなに長くひとつの街に滞在したのは実に久しぶりでして(たぶん3年ぶり)、少し肌寒いながらも、好天が続き、ゆっくり春を感じる東京をたっぷり堪能しています。

例年のスケジュールを改めて振り返りますと、北半球が春から秋まで太陽光が潤沢な季節にあちこちに出向き、冬が近づくと日本に戻ってくるのは、まるで渡り鳥やプロ野球選手の年間スケジュールにも似ていると感じます。

この冬の間にエネルギーを蓄え、恒例となった体を整えるためのトレーニングに勤しむわけですが、さらに毎年吉例としているのは、なにかひとつの食べ物をずっと食べ続けて、体調の変化を見る人体実験同様の食事方法です。
昨年は、全国のローストビーフを食べまくっていましたが、今年のトレーニング後半は、徹底的に「ヘンプフード」を食べています。

近年、スーパーフードのひとつとして大きく注目を集める「ヘンプフード」は、有機栽培された食用大麻からなる一連の食品群で、オイルからナッツ、プロテイン・パウダーまで、ココナッツ同様に数多くの商品が展開されています。
いまや、新宿伊勢丹にも大きなコーナーができるほど注目を集めており、オメガ3、6、9のバランスは、人が必要とする必須バランスに最適で、アレルギー成分を全く含まないのに、たっぷりミネラルやビタミンが含まれている「スーパーフードの中のスーパーフード」として、購入者が増え続けています。

さて、僕がこの「ヘンプフード」を徹底して食べている目的は、腸内環境を整えることにあります。
直近に受けた「腸内環境精密検査」の結果を見ると、いわゆる腸内フローラの状況があまりよくなかったことから数種の善玉菌を取り入れていたのですが、この機にもっと抜本的に改善しようと考えました。
なにしろ、腸内環境こそが、花粉症をはじめとするアレルギーや様々な不調の原因であると、近年様々な医療データから明確になってきたからです。

実は、戦前の日本でもっとも腸に効くと言われ、処方されていた秘薬が大麻でした。
当時の大麻は、いまでは違法成分となっているTHCを含む野生の大麻でしたが、近年、合法成分だけを抽出し、食用に転化する技術が著しく進んだこともあって、高い栄養バランスを残したまま、様々な「ヘンプフード」が販売されるようになりました。

そこで、日々のトレーニング前後には、日本人にあわないと言われるホエイ・プロテインの代わりにヘンプ・プロテインを飲み、よく食べていた玄米グラノーラの代わりにヘンプグラノーラを食べるなど、食生活を大きく変えるようにしました。
いまでは、口の中に入れる4割が発芽発酵玄米、同じく4割がヘンプフーズ全般、そして残りの2割が、その他というバランスです。

この冬の人体実験の結果は、まだまだわかりません。
数ヶ月後に、再び「腸内環境精密検査」を受け、その結果がどのようになっているのか、自分でも密かな楽しみにしています。

 

高城未来研究所「Future Report」

Vol.299 2017年3月10日発行発行

■目次
1. 近況
2. 世界の俯瞰図
3. デュアルライフ、ハイパーノマドのススメ
4. 未来放談
5. 身体と意識
6. Q&Aコーナー
7. 著書のお知らせ

23高城未来研究所は、近未来を読み解く総合研究所です。実際に海外を飛び回って現場を見てまわる僕を中心に、世界情勢や経済だけではなく、移住や海外就職のプロフェッショナルなど、多岐にわたる多くの研究員が、企業と個人を顧客に未来を個別にコンサルティングをしていきます。毎週お届けする「FutureReport」は、この研究所の定期レポートで、今後世界はどのように変わっていくのか、そして、何に気をつけ、何をしなくてはいけないのか、をマスでは発言できない私見と俯瞰的視座をあわせてお届けします。

詳細・ご購読はこちらから
http://yakan-hiko.com/takashiro.html

高城剛
1964年葛飾柴又生まれ。日大芸術学部在学中に「東京国際ビデオビエンナーレ」グランプリ受賞後、メディアを超えて横断的に活動。 著書に『ヤバいぜっ! デジタル日本』(集英社)、『「ひきこもり国家」日本』(宝島社)、『オーガニック革命』(集英社)、『私の名前は高城剛。住所不定、職業不明。』(マガジンハウス)などがある。 自身も数多くのメディアに登場し、NTT、パナソニック、プレイステーション、ヴァージン・アトランティックなどの広告に出演。 総務省情報通信審議会専門委員など公職歴任。 2008年より、拠点を欧州へ移し活動。 現在、コミュニケーション戦略と次世代テクノロジーを専門に、創造産業全般にわたって活躍。ファッションTVシニア・クリエイティブ・ディレクターも務めている。 最新刊は『時代を生きる力』(マガジンハウス)を発売。

その他の記事

夜間飛行が卓球DVDを出すまでの一部始終(第2回)(夜間飛行編集部)
今年は「動画ゼロレーティング」に動きアリ(西田宗千佳)
ゲームを通じて知る「本当の自分」(山中教子)
被差別属性としての「キモくて金のないおっさん」とは何か(やまもといちろう)
「キレる高齢者」から見る“激増する高齢者犯罪”の類型(やまもといちろう)
「暗い心」から脱するための、あまりにもシンプルな指針(名越康文)
『もののあはれ』の実装は可能か(宇野常寛)
狂気と愛に包まれた映画『華魂 幻影』佐藤寿保監督インタビュー(切通理作)
11月に降り積もる東京の雪を見ながら(高城剛)
「風邪のときは食べないで胃腸を休めなさい」は本当?(若林理砂)
サイバーセキュリティと官民協力の実態(やまもといちろう)
近年の大ヒット映画に見る「作り方」の発明(岩崎夏海)
なかなか技あり、行列を緩和する「イベントアプリ」(西田宗千佳)
長崎の街の行方に垣間見える明治維新以降の日本社会の力学(高城剛)
がん治療・予防に「魔法の杖」はない?–「転ばぬ先の杖」としての地味な養生の大切さ(若林理砂)
高城剛のメールマガジン
「高城未来研究所「Future Report」」

[料金(税込)] 864円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回配信(第1~4金曜日配信予定。12月,1月は3回になる可能性あり)

ページのトップへ