紀里谷和明
@kazuaki_kiriya

紀里谷和明メールマガジン「PASSENGER」より

初めての映画の予算は5億円だった

Wikipediaには載っていない、映画監督・紀里谷和明の本当のhistory。ここでは本人自らそのルーツを語ってもらい、今という時間にどう繋がってきたのか? これは紀里谷の生い立ちを通し、過去・現在、そして未来を灯す、ひとつのストーリーである。(History:Kは、紀里谷和明メールマガジン「PASSENGER」で連載中です)

<Previously on History:K>

宇多田ヒカルのPV制作を通して、徐々に自身の世界観を確立させ始めた紀里谷。そのなかで浮かんできたのは、漠然と思い描き続けていた映画監督への思いだった。その当時、ハリウッドではマトリックスやスパイダーマンが大ヒット。「日本では予算がないから絶対無理」という言葉に悔しさがこみ上げた。「だったら俺が日本映画を変える」。そんな強い気持ちで、実写版「CASSHERN」の映画制作に挑んだのだった。
「CASSHERN」の制作でまず取りかかったのは脚本作りですね。脚本家の菅正太郎さんを紹介してもらって書き始めたわけですが、なんせ脚本を書くなんて生まれて初めてのことです。映画学校に行ったわけでもないし、脚本を読んだこともない。右も左もわからないまま、2人で意見を出し合いながら書いて。ある程度できあがったところで、佐藤大さんが加わって。2人とも、アニメ「攻殻機動隊」のチームなんですよね。それでなんとか脚本が完成して、スタッフに読ませてみたんです。そうしたら、もう『traveling』のときとは比にならないぐらいの反対が始めるわけです(笑)。「こんなのあり得ない。絶対に無理です!」って。そうこうしてる間に、松竹がやるという話も決まって、予算も5億円。それでもスタッフは「無理です!」という反応でした。

その当時は「新世紀エヴァンゲリオン」が盛り上がっていた時代で。それを見ていると、テレビ版とかで文字だけや1カットで止まったままのシーンであるわけですよ。だから、同じことができるんじゃないかと思っていた。俺がスタッフに言ったのは、「中途半端でも、最終的に合成や加工して完璧にする。俺が絶対に責任を持つから、とにかくやらせて欲しい」と。スタッフも疑いながら徐々に動き出してくれたんです。

絵コンテ作りからスタートしたんですが、「全カットの絵コンテを書く」と俺が言い始めたもんだから、それだけで数か月かかるわけですよ。普通、実写の映画で全カットの絵コンテなんてあり得ないですけど、それをやらないと話にならないと思っていたんです。それと同時にプレビズといって、撮影に入る前にCGなどにも取り掛かり始めました。予算5億円といっても、キャストの出演料や衣装、セット代も含まれてるわけですから、とにかくお金がない。もう仕方ないからCG部とみんなで秋葉原に行ってパーツを買って、コンピュータを組み立てるところから始まって。スタッフもギャラが高い人は雇えませんから、チーフはちゃんと人をたてて、それ以外は専門学校を出たての子とか学生レベルの子とかを多用した。もうありとあらゆる人材を集めてもらいました(笑)。それでコンピュータを30台組み立てて、今でいうアフターエフェクトを突っ込んで。今だと全然使えるんですけど、その当時は「アフターエフェクトなんて映画じゃ使えるわけない」という次元でした。普通はインフェルノっていう1台1億円ぐらいする機械を使うところを、うちらは十数万の機械でやると。でも、そうじゃないとできなかったんです。そんな状況だったので、さすがにプロデューサーが話をつけてくれて、最終的に予算を6億円にしてくれましたけどね。

次はCGのクオリティーをどうするのか。今は4Kとか出てますけど、当時は2Kでもハイクオリティーだったわけです。CGはレンダリングというのをかけないといけなくて、解像度があがるほど作業量は多くなり時間がかかって、それだけお金も掛かる。撮影前に解像度が違うモノをいくつか編集スタジオのイマジカに持っていってテストしたとき、俺が「960でいい」って言ったんです。

(……この続きは紀里谷和明メールマガジン「PASSENGER」vol.064をご購読ください)

 

紀里谷和明メールマガジン「PASSENGER

36
2015年8月22日発行 vol.064

1.最近のキリヤ
2.History:K
3.お蔵出しフォト
4.メディア掲載・作品など

※購読開始から1か月無料! まずはお試しから。
※kindle、epub版同時配信対応!

映画監督紀里谷和明によって立ち上げられた会員制クリエイティブメディア『PASSENGER』。PASSENGERと連動して配信されるメルマガでは、映像、クリエイティブ業界のビジネストレンドや紀里谷和明の素顔、本質に迫るトークなど、盛り沢山のコンテンツをお届けします。

紀里谷和明メルマガ「PASSENGER」のご購読はこちらから

紀里谷和明
映画監督・写真家紀里谷和明。生まれ育った熊本から15歳で単身渡米、全米屈指のアートスクールで建築・デザイン・音楽・絵画・写真などを学ぶ。世界中を旅しながら、PVやCMなど表現の場を広げ、2016年には初のハリウッド長編映画を公開予定。 紀里谷和明公式サイト:Kiriya.com/クリエーターSNSサイト:freeworld.tv

その他の記事

古舘伊知郎降板『報道ステーション』の意味(やまもといちろう)
猥雑なエネルギーに満ちあふれていた1964年という時代〜『運命のダイスを転がせ!』創刊によせて(ロバート・ハリス)
「温かい食事」だけが人生を変えることができる #養生サバイバル のススメ(若林理砂)
中国バブルと山口組分裂の類似性(本田雅一)
ウェブフォントを広めたい・ふたたび(西田宗千佳)
カバンには数冊の「読めない本」を入れておこう(名越康文)
Qualcommブースで聴いたちょこっといい話(小寺信良)
Amazonプライムビデオの強みとは(小寺信良)
人はなぜ「モテたい」のか? いかにして集注欲求を昇華させるかが幸福のカギ(名越康文)
『「赤毛のアン」で英語づけ』(1) つらい現実を超える〝想像〟の力(茂木健一郎)
スマホから充電、という新発想〜巨大バッテリー搭載のK10000(高城剛)
VRとは「マジック」と見つけたり(西田宗千佳)
負け組の人間が前向きに生きていくために必要なこと(家入一真)
「英語フィーリング」を鍛えよう! 教養の体幹を鍛える英語トレーニング(茂木健一郎)
『我が逃走』は日本版ハードシングス?(家入一真)
紀里谷和明のメールマガジン
「PASSENGER」

[料金(税込)] 864円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回(金曜日配信予定)

ページのトップへ