やまもといちろうメルマガ「人間迷路」より

東芝「粉飾」はなぜきちんと「粉飾」と報じられないか

26849fc03064266901389717e39846ab_s

東芝の粉飾事件については、盛大に報道されておりまして、東芝の歴代3社長が辞任に追い込まれるなど騒ぎが広がっております。

個人的には、東芝は原子力関連事業を抱えているため、いきなりどかんと壊滅されると困る方面がいろいろ出るのかなあと邪推するところではありますが、エピソードとしての「チャレンジ」といい、歴代社長の軋轢といい、島耕作なんて所詮は作り事だったってレベルのドロドロが垣間見えて心が穏やかになります。

一方で、この大企業東芝の不祥事について、日経新聞が不可解な見解を掲げており、また、一部媒体では引き続き「不適切会計」という文言でストレートに「粉飾」というワードを避けているように見受けられ、これまた興味深いところです。

不適切会計 ルールに反した会計処理

日経新聞曰く「損失隠しや利益の水増しが組織的に行われ悪質性が高くなると「不正会計」、刑事告発されて事件になれば「粉飾」と呼ぶのが一般的だ」。

いやいや、その当の日経新聞でさえ、刑事告訴ではなく課徴金勧告された段階ですでに「粉飾」というワードを使っているじゃないですか。

ホテル運営会社に課徴金勧告 粉飾決算で監視委

一方、リソー教育のときは「不適切会計」にしております。このあたりのワードの使い方には、おそらく日経なりの線引きはちゃんとあるんだと思います。が、そもそも「粉飾」という言葉自体があまりきちんとした定義の無い言葉ですので、このあたりは留意しないといけないと思うんですよね。

リソー教育、売上高83億円を水増し 07年度から

さて、磯山友幸さんが今回の東芝の件について「オリンパスより悪質」と仰っています。

オリンパスより悪質
東芝巨額粉飾「総額1562億」は
まったく信用できない

粉飾決算「東芝」が上場廃止にならない「奇妙な理屈」 - 磯山友幸

進行中の事案ですので、金融庁他担当方面から具体的な話が聞ける機会は少ないのも事実なのですが、思い切り「資本市場全体の問題」と断罪されています。仰る通りではないかと感じますが、さらに踏み込んで「東証では、上場前に公表していた業績見通しが、上場後の決算でいきなり大幅下方修正されるケースが相次いだ。ていのよい見通しの粉飾である」とまで書いておられます。

こうなってくると、中国のシャドウバンキングも日本市場の体たらくを見るとまったく笑えない状態なのも事実なんですよね。さて、どうしたものでしょう。

 

やまもといちろうメールマガジン「人間迷路

Vol.133<休眠口座とNPO助成はもう少しどうにか透明性確保できないかという話と、昨今止まりっぱなしのauキャリアメールがらみの感想>

2015年7月22日発行号
目次
187A8796sm

【0. 序文】東芝「粉飾」はなぜきちんと「粉飾」と報じられないか
【1. インシデント1】「休眠口座」活用のNPO界隈、年間450億円相当のお金をどう扱うか
【2. インシデント2】KDDIの長期にわたる不具合が象徴するキャリアメールの行く末
【3. 迷子問答】迷路で迷っている者同士のQ&A

 

やまもといちろうメールマガジン「人間迷路」のご購読はこちらから

yamamoto

 

やまもといちろう
個人投資家、作家。1973年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒。サイバーインテリジェンス研究所統計技術主幹など歴任。IT技術関連のコンサルティングや知的財産権管理、コンテンツの企画・制作に携わる一方、高齢社会研究や時事問題の状況調査も。日経ビジネス、文春オンライン、みんなの介護、こどものミライなど多くの媒体に執筆し「ネットビジネスの終わり(Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など著書多数。

その他の記事

ブラック企業に欠けているのは「倫理」ではなく「合理性」!? ーーホットヨガスタジオ「LAVA」急成長を支えた人材育成戦略(鷲見貴彦)
ピクサーにみる「いま、物語を紡ぐ」ための第3の道(岩崎夏海)
「先生」と呼ぶか、「さん」と呼ぶか(甲野善紀)
フレディー・マーキュリー生誕の地で南の島々の音楽と身体性の関係を考える(高城剛)
「罪に問えない」インサイダー取引が横行する仮想通貨界隈で問われる投資家保護の在り方(やまもといちろう)
クラウドの時代、拠点はシリコンバレーからシアトルへと移り変わるのか(高城剛)
「一人でできないこと」を補う仕組み–コワーキングスペースが持つ可能性(家入一真)
Kindle Unlimitedのラインナップ変更は「日本への対応」不足が原因だ(西田宗千佳)
「平気で悪いことをやる人」がえらくなったあとで喰らうしっぺ返し(やまもといちろう)
フィンテックとしての仮想通貨とイノベーションをどう培い社会を良くしていくべきか(やまもといちろう)
音声で原稿を書くとき「頭」で起きていること(西田宗千佳)
明日にかける橋 1989年の想い出(切通理作)
「歳を取ると政治家が馬鹿に見える」はおそらく事実(やまもといちろう)
上杉隆さんのこと、日本のメディアのこと(茂木健一郎)
台湾から感じるグローバルな時代の小国の力(高城剛)
やまもといちろうのメールマガジン
「人間迷路」

[料金(税込)] 756円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回前後+号外

ページのトップへ