やまもといちろうメルマガ「人間迷路」より

捨てることのむつかしさ?



 先日、フジテレビ系ネット放送ホウドウキョクで、火曜日を担当させていただいている「真夜中のニャーゴ」にライターの朽木誠一郎さんをお呼びして、あれこれお話をしておったわけです。何ていうんでしょう、30歳のころを思い返すと当時は2ちゃんねる関連の後始末で黒歴史感いっぱいだったんですが、面白ければ何でもよいと当時は思っていたので反省することしきりです。
 
 んで、ウェブから進化していろんな媒体で記事を書かせていただくようになったのですが、当時はテキストサイト全盛期で、ブログが出るか出ないかという状態だったなか、テキストサイト大手と言われている人たちはたくさんいました。200名以上、頑張って取り組んで発信されていたでしょうか。
 
 そこからブログの世界になり、またSNSとしてのmixiがブームになっていく過程で、テキストサイトに半ばしがみついていた人は、テキストサイトのブーム減退とともに名前を観なくなっていきます。だいたいブックマークやブラウザの巡回ソフトで閲覧するのに最適であったテキストサイトは、RSSリーダーやSNSのような閉じた世界に適応することができず、ぶら下がっていた書き手とともに沈没していくことになるのです。
 
 当時、私も御多分に漏れずメインでは「死体置き場」というサイトで経済事情を自分なりに調べて考えて書くというスタイルでやり、その後ブログブームが来ると「切込隊長ブログ 俺様キングダム」を立ち上げてテキストサイトはリンクのみの状態にしました。ブログのほうが読みやすいし、人が集まるのだから、慣れて更新しやすいテキストサイトにこだわっても明日はないな、と思っていたのです。
 
 テキストサイトには、情報感度も高そうで、書き手としての能力もある人はたくさんいました。ただ、書きやすいやり方、自分なりのこだわりを貫いた結果、人通りの減ったテキストサイトにリソースを集中してしまい、記事が読まれなくなり、反響も減って、ひとつ、またひとつとサイト閉鎖やネット引退に追い込まれていったのです。
 
 ご自身の意志で引退を決意し、更新を止めた方もいっぱいおられるので、一概に競争に負けたというわけではないのでしょう。ただ、いま振り返っても「あの人の書いているもの、面白かったのにな。どこかウェブ媒体に原稿寄せれば喜ばれるだろうにな」という人もたくさん記憶に残っています。就職や結婚、出産、介護、ご自身の健康問題などなど、ネットから離れてそれっきりになる人にはそれぞれのご事情はあるのでしょうが、好きでモノをネットで書いて、書き続けている人が、2000年前後からたかだか16年ほどでこれだけいなくなってしまうというのは、やはり寂寥感を抱かざるを得ません。
 
 あれから私も歳を取り、家族も構え、仕事もとても安定していることもあって、昔ほどとげのある書き方はしなくなりました。いまでも充分刺激的だと言われるのですが、以前は読み返して「ああ、私も丸くなったな」と自分で思うぐらい酷いことをたくさん書いてきました。でも、あれがウケていた時代の書き方を捨て、それを読み物として面白がってくれた読者と一緒に歳を取っていくことを避けるためにいろんなものを封印する、というのは、おそらくは次のチャレンジをするために必要なことだと思うのです。
 
 金が儲かるかどうかはともかく、界隈の住人として「生き残る」ことを考えると、どうしても変化をするために昔のものを捨てる、慣れて成果の出ることを諦める、培ったノウハウを使わずやめる、という判断は、どうしてもしていかないといけないことだと思っています。
 
 「限られたリソースと才能のために、選択と集中を」というのは簡単なんですが、そこに存在意義を持ち、心を入れて居場所を作ってしまうと、どうしても逃れられない磁場が発生して、その磁場の衰退とともに消えて行ってしまうリスクは考えておいたほうが良いのかもしれません。

 

やまもといちろうメールマガジン「人間迷路」

Vol.162 夏も後半ということで過ぎ去りし日々を振り返りつつ、修羅の世界たるコンテンツ業界の怖い話など
2016年8月25日発行号 目次
187A8796sm

【0. 序文】捨てることのむつかしさ?
【1. インシデント1】お盆の季節に思うことなど
【2. インシデント2】脇の甘い業界関係者がむしられる修羅の世界、コンテンツ業界
【3. 迷子問答】迷路で迷っている者同士のQ&A

やまもといちろうメールマガジン「人間迷路」のご購読はこちらから

やまもといちろう
個人投資家、作家。1973年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒。サイバーインテリジェンス研究所統計技術主幹など歴任。IT技術関連のコンサルティングや知的財産権管理、コンテンツの企画・制作に携わる一方、高齢社会研究や時事問題の状況調査も。日経ビジネス、文春オンライン、みんなの介護、こどものミライなど多くの媒体に執筆し「ネットビジネスの終わり(Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など著書多数。

その他の記事

付き合う前に「別れ」をイメージしてしまうあなたへ(石田衣良)
起業家は思想家でありアーティストである(家入一真)
スマホから充電、という新発想〜巨大バッテリー搭載のK10000(高城剛)
マイルドヤンキーが「多数派」になる世界(小寺信良)
「テキストをwebで売る」のこれからの話をしよう(小寺信良)
狂気と愛に包まれた映画『華魂 幻影』佐藤寿保監督インタビュー(切通理作)
津田大介×石田衣良 対談<後編>:「コミュニケーション」が「コンテンツ」にまさってしまう時代に(津田大介)
LINE傍受疑惑、韓国「国家情報院」の素顔(スプラウト)
最下位転落の楽天イーグルスを三年ぐらいかけてどうにかしたいという話に(やまもといちろう)
上野千鶴子問題と、いまを生きる我らの時代に(やまもといちろう)
キャリア女性のみなさん、その結婚、本当に大丈夫?(藤沢数希)
音声で原稿を書くとき「頭」で起きていること(西田宗千佳)
会員制サロン・セキュリティ研究所が考える、日本の3つの弱点「外交」「安全保障」「危機管理」(小川和久)
『犯る男』朝倉ことみさん、山内大輔監督インタビュー 「ピンク映画ってエロだけじゃない、こんなすごいんだ」(切通理作)
小商いと贈与(平川克美)
やまもといちろうのメールマガジン
「人間迷路」

[料金(税込)] 756円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回前後+号外

ページのトップへ