高城剛メルマガ「高城未来研究所「Future Report」」より

世界中の未来都市を訪れて気付いた良い街づくりの必要条件

高城未来研究所【Future Report】Vol.381(2018年10月5日発行)より

今週は、名古屋にいます。

この数ヶ月、世界中の未来都市を回ってきまして、いよいよ日本を代表する未来都市、名古屋の「ささしまライブ24」新開発地域が、一体どのように進んでいるのか、楽しみにやってきました。
名古屋駅から南に1キロほどのところに位置する「ささしまライブ」は、21世紀前半、日本が威信をかけて世界に発信するリニアモーターカーの中核となる駅一帯大開発地域に含まれます。
旧国鉄笹島貨物駅跡地の約12.4ヘクタールと中川運河船だまり周辺を含むこの地区で本格的な開発が行われており、ちょうど一年前に複合施設「グローバルゲート」が開業したこともあるイベント時期ということもありまして、期待に胸を膨らませて伺いましたが、あまりに「古いアイデア」に驚きました。
確かに、表層的なデザインは「いま風」ですが、話題の高層ホテルの導線ひとつとっても、100点満点評価で、50点まで届きません。
このまま「未来」に突入するのであれば、すでに「古めかしい作り」からして、繁栄する街づくりには程遠いのが正直なところです。

この要因を察するに、古めかしい組織と古めかしい組織の折り合いがつかず、
表層的には綺麗に見えても、それらの「バラバラな古めかしい仕組み」が、ボロボロに露呈しています。

規模こそ違いますが、同じ名古屋駅周辺の再開発であれば、3年前がひとつのピークだった四間道が広がり、那古野一丁目界隈が、もうじきピークを迎えるだろうと思えるほど成長しています。
ここは、いまも昔も暮らしている人々が、自分たちで街を作った想いや趣がしっかり残り、よっぽど未来を感じる場所だと思います。
つまり、街づくりで一番大事な「人」の「気」が、漂っていることなのです。

今週、2020年に開催予定の東京オリンピックの総予算が、3兆円になる見込みであることが露呈しました。
そこで、改めて考えると、良い街づくりには、ふたつしかないと世界中の未来都市をまわって僕なりに実感します。

大金をかけて、世界のどこにもない未来都市を作り上げるか、お金をかけずに、歴史ある場所を再更新するのか。

残念ながら、名古屋の「ささしまライブ」も「東京オリンピック」も、その限りではありません。
 

高城未来研究所「Future Report」

Vol.381 2018年10月5日発行

■目次
1. 近況
2. 世界の俯瞰図
3. デュアルライフ、ハイパーノマドのススメ
4. 「病」との対話
5. 身体と意識
6. Q&Aコーナー
7. 著書のお知らせ

23高城未来研究所は、近未来を読み解く総合研究所です。実際に海外を飛び回って現場を見てまわる僕を中心に、世界情勢や経済だけではなく、移住や海外就職のプロフェッショナルなど、多岐にわたる多くの研究員が、企業と個人を顧客に未来を個別にコンサルティングをしていきます。毎週お届けする「FutureReport」は、この研究所の定期レポートで、今後世界はどのように変わっていくのか、そして、何に気をつけ、何をしなくてはいけないのか、をマスでは発言できない私見と俯瞰的視座をあわせてお届けします。

高城剛
1964年葛飾柴又生まれ。日大芸術学部在学中に「東京国際ビデオビエンナーレ」グランプリ受賞後、メディアを超えて横断的に活動。 著書に『ヤバいぜっ! デジタル日本』(集英社)、『「ひきこもり国家」日本』(宝島社)、『オーガニック革命』(集英社)、『私の名前は高城剛。住所不定、職業不明。』(マガジンハウス)などがある。 自身も数多くのメディアに登場し、NTT、パナソニック、プレイステーション、ヴァージン・アトランティックなどの広告に出演。 総務省情報通信審議会専門委員など公職歴任。 2008年より、拠点を欧州へ移し活動。 現在、コミュニケーション戦略と次世代テクノロジーを専門に、創造産業全般にわたって活躍。ファッションTVシニア・クリエイティブ・ディレクターも務めている。 最新刊は『時代を生きる力』(マガジンハウス)を発売。

その他の記事

美食の秘訣は新月にあり(高城剛)
「英語フィーリング」を鍛えよう! 教養の体幹を鍛える英語トレーニング(茂木健一郎)
「どうでもいいじゃん」と言えない社会は息苦しい(紀里谷和明)
衰退する日本のパラダイムシフトを先導するのは誰か(やまもといちろう)
成宮寛貴友人A氏のブログの話(やまもといちろう)
『戦略がすべて』書評〜脱コモディティ人材を生み出す「教育」にビジネスの芽がある(岩崎夏海)
明日にかける橋 1989年の想い出(切通理作)
本当の「ひとりぼっち」になれる人だけが、誰とでもつながることができる(名越康文)
かつて都市の隆盛を象徴した駅や空港の「行列」「混雑」は古くさい20世紀の思い出に過ぎない(高城剛)
仕事とは「何を」するかではなく「どう」するかだ(岩崎夏海)
動物園の新たな役割は「コミュニティ作り」かもしれない(川端裕人)
米豪だけでなく日露も導入を見送る中国通信機器大手問題(やまもといちろう)
「奏でる身体」を求めて(白川真理)
「考える」というのは「答えを出すこと」じゃないよ(家入一真)
川端裕人×オランウータン研究者久世濃子さん<ヒトに近くて遠い生き物、「オランウータン」を追いかけて>第2回(川端裕人)
高城剛のメールマガジン
「高城未来研究所「Future Report」」

[料金(税込)] 880円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回配信(第1~4金曜日配信予定。12月,1月は3回になる可能性あり)

ページのトップへ