紀里谷和明
@kazuaki_kiriya

紀里谷和明のメールマガジン「PASSENGER」より

なぜ僕は自分の作品が「嫌」になるのか–新作『LAST KNIGHTS / ラスト・ナイツ』近日公開・紀里谷和明が語る作品論

※紀里谷和明メールマガジン「PASSENGER」2015年3月06日発行vol.40より。

 

ea28df82b122f5ae267e72e2e55e8531_s-compressor

 

じつは自分の作品って月日が経つほどに嫌になるところがあって。なんで嫌なのかって、言ってしまえば、やっぱり「ダメ」なんですよね。これは別に謙遜でもなんでもなくて、見れば見るほど「イケてない」んです(苦笑)。

「(紀里谷さんの作品は)今の監督に影響を与えてると思いますよ」なんて言われたりもするんですけれども、そう言っていただけるのは、非常にうれしいし、ありがたいんです。でも、自分で見ると……。唯一、「誰かの願いがかなうころ」のPVだけ。この一作くらいしか、許せないんですよね。

みなさんが「いい」と言ってくださる「traveling」もそう。ときどきカラオケ屋さんで流れているのを見かけますけど、カメラワークも「甘い」とか思いますし。いろんなことが考え尽くされないまま作られていて「ゆるい」なと思ってしまうんです。完成していないというか――まあ、完成することなんて、ないんですけどね。

「SAKURA ドロップス」も、当時は詰めて詰めて、かなりの精度でつくっていたつもりだったんです。でも、今、見返すと、ゆるい。海外では見せられないな、なんて思ってしまう。つくっているときは、もちろん、いつも全力でやってるんですけれども。

きっとLast Knightsも、数年後にはそんなふうに思ってしまうのかもしれませんね。ひとつ言えるのは、テクニカルな部分って、そんなに重要なことじゃないんですよ。「自分が完成していない」がゆえに、そうなってしまうんじゃないかと思います。今まで、自分というところを、あまり直視しないまま「どうにかなるんじゃないの」という感じでやっていたところがあって。

まず、自分が固まらないといけないなと思いますね――もっと精進したいと思います。

 

★『LAST KNIGHTS / ラスト・ナイツ』

新作映画、『LAST KNIGHTS / ラスト・ナイツ』予告編が公開されました!
ぜひご覧ください。

公式YouTube予告編
https://www.youtube.com/watch?v=ZsnuF1JZPY8

メッセージ
http://ameblo.jp/kiriyaworld/entry-11990634583.html

多くの方々に支えていただきながら、5年がかりで作り上げた作品です。まだ、小さな一歩ですが、確実に踏み出した一歩だと思っております。日本での公開は今年の秋ですが、1日も早く皆さまに観ていただきたいという気持ちでいっぱいです。未熟ではありますが、これからも応援して頂ければ幸いです。

 

【作品概要】
『LAST KNIGHTS / ラスト・ナイツ(原題)』。
2015年4月全米・世界公開が決定、日本は今秋公開予定。

メインキャストには、『クローサー』(04)でアカデミー賞助演男優賞にもノミ
ネートされたクライヴ・オーエンと、これまでに4度のノミネート、『ミリオンダ
ラー・ベイビー』(04)ではアカデミー賞助演男優賞を受賞した名優モーガン・
フリーマンを迎え、全世界から多彩なキャストが集結し、日本からは伊原剛志が
出演。

監督:紀里谷和明
キャスト:ライヴ・オーエン、モーガン・フリーマン、アクセル・へニー、クリ
フ・カーティス、ショーレ・アグダシュルー、伊原剛志ほか
米国配給:Lions Gate
公開:(全米/世界)2015年4月3日/(日本)2015年秋予定
公式Youtube:https://www.youtube.com/watch?v=ZsnuF1JZPY8
公式Facebook:https://www.facebook.com/lastknightsmovie

 

 

紀里谷和明メールマガジン「PASSENGER

2015年3月06日発行vol.040
<20年後に「映画監督」は職業として存在するか?><資本主義が終焉を迎える
とき>ほかより

361.最近のキリヤ
2.20年後に「映画監督」は職業として存在するか?
3.資本主義が終焉を迎えるとき
4.今週のおすすめ本
5.Q&A
6.お蔵出しフォト
7.メディア掲載・作品など

※購読開始から1か月無料! まずはお試しから。

※kindle、epub版同時配信対応!

紀里谷和明メルマガ「PASSENGER」のご購読はこちらから

紀里谷和明
映画監督・写真家紀里谷和明。生まれ育った熊本から15歳で単身渡米、全米屈指のアートスクールで建築・デザイン・音楽・絵画・写真などを学ぶ。世界中を旅しながら、PVやCMなど表現の場を広げ、2016年には初のハリウッド長編映画を公開予定。 紀里谷和明公式サイト:Kiriya.com/クリエーターSNSサイト:freeworld.tv

その他の記事

僕がザハ案の国立競技場の建設に賛成していた、たった一つの理由(岩崎夏海)
フレディー・マーキュリー生誕の地で南の島々の音楽と身体性の関係を考える(高城剛)
ストレスを数値化して自分の健康パフォーマンスを見極める(高城剛)
過疎化する地方でタクシーが果たす使命(宇野常寛)
悲しみの三波春夫(平川克美)
中国人にとって、「村上春樹」は日本人ではない!?(中島恵)
人工知能の時代、働く人が考えるべきこと(やまもといちろう)
“美しい”は強い――本当に上達したい人のための卓球理論(上)(山中教子)
クラウドの「容量無制限」はなぜ破綻するのか(西田宗千佳)
日本が抱える現在の問題の鍵はネアンデルタール人の遺伝子にある?(高城剛)
宇野常寛が考える”社会と個人”を繋ぐ新しい回路とは(宇野常寛)
私的録音録画の新しい議論(小寺信良)
3.11、iPS誤報問題で変わる、科学とのかかわり方(津田大介)
人はなぜ働くのか(岩崎夏海)
「キレる高齢者」から見る“激増する高齢者犯罪”の類型(やまもといちろう)
紀里谷和明のメールマガジン
「PASSENGER」

[料金(税込)] 864円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回(金曜日配信予定)

ページのトップへ