小寺信良の記事一覧

記事一覧: 69件

フリック入力が苦手でもモバイル執筆が可能に! ローマ字入力アプリ「アルテ on Mozc」

個人的には、10キー入力もフリック入力も、できなくはないが、あまり馴染めなかった。それというのも、もともとローマ字入力主体の頭になっているので、文字を入力するのに「あかさたな〜」で考えてないんである。したがってスマートフォンを使うときは50音の10キー入力スタイル、パソコンを使うときはローマ字のキーボード入力スタイルと、頭を切り替える必要があった。(2016.02.27)  続きを読む

あれ? これって完成されたウエアラブル/IoTじゃね? Parrot Zik 3

ウエアラブル端末が来る来ると言われてもう2年ぐらい経ったような気がするが、実は「常時身につける」というのは結構ハードルが高い。以前JINSの方にインタビューした時も、身につけるもの、特に顔に実装して違和感を持たれないものって、メガネぐらいしかないんですよね、というお話を伺って、なるほどねと思ったものである。(2016.01.30)  続きを読む

iPad Proでいろんなものをどうにかする

西田さんが持っていたiPad Proを譲ってもらった。今はモバイル用PCとしてMacBook Airを持ち歩いているが、Proを手に入れたからには、なるべくこっちにやれることを移していきたい。今後の仕事にどう使えるか、検討してみた。(2016.01.16)  続きを読む

今年買って印象に残ったものBest10

以前も同じような企画をやったような気もするが、みんな大好きAmazonで今年1年の間に購入したものから、印象に残ったものを10個ピックアップしてみる。あくまでも印象に残っただけで、必ずしも良かったわけではないところがポイントである。(2015.12.19)  続きを読む

4K本放送はCMスキップ、録画禁止に?

ちょっとキナ臭い話が聞こえてきた。次世代放送の技術仕様を検討しているワーキンググループで、今後の4K/8KではCMスキップの禁止や、録画そのものを禁止する、いわゆるネバーコピーの仕様が検討されているという。(2015.12.05)  続きを読む

「テレビを作る側」はどこを向いているか

千葉幕張メッセにて国際放送機器展「InterBEE 2015」が開催されている。今この執筆時点では2日目が終わったところだが、今年のInterBEEから見えてきたトレンドをご紹介したいと思う。プロ業界のトレンドではあるが、1〜2年後には市販の映像コンテンツとして、みなさんのお手元に届くことになるため、これから何が来るのかが大体わかるはずだ。(2015.11.21)  続きを読む

5年後の未来? Canon Expoで見たもの

11月4日から3日間、有楽町の東京国際フォーラムにて、Canon Expoが開催された。これは5年に一度開かれるキヤノンのプライベートショーで、招待された関係者しか閲覧することができない。展示としては、現在キヤノンが研究開発中で、今後製品化を目標としている技術やモノが中心となっており、5年後の「もしもこうだったら」を占うイベントとして、興味深いものだ。ここではイメージングに関係して興味深かったものをいくつかご紹介したい。(2015.11.07)  続きを読む

コンデンサーブームが来る? Shureの新イヤホン「KSE1500」

マイクロホンやイヤホン、ヘッドホンでおなじみ米国の音響機器メーカーShureが、渋谷で新製品発表会を行った。 今回のShure発表の目玉は、世界初コンデンサー型イヤホンシステム「KSE1500」の発表がメインであった。(2015.10.24)  続きを読む

ズルトラ難民が辿り着く先、HUAWEI P8max

先日もレビューのためにiPhone 6s Plusをお借りして試したが、5.5インチというサイズは大きめではあるものの、十分かと言われるとそれほどでもない。何に対して十分かというと、老眼に対してである悪かったなジジイで。(2015.10.10)  続きを読む

Amazonプライムビデオの強みとは

9月24日、Amazonが日本で記者発表会を開き、AmazonプライムビデオのローンチとAmazon Fire TVをはじめとする視聴ハードウェアの予約を開始した。価格など細かいことはいろんなメディアが報じているだろうからここでは省略して、Amazonプライムビデオに隠されたテクノロジーと、彼らが狙うものを探ってみたい。(2015.09.26)  続きを読む

ページのトップへ