現実をきちんと「見る」ことが難しい今こそお薦めしたい本

『ご依頼の件』星新一著

 

中心点が見えた気がした

考えてみれば、小学生当時周囲から習っていた“宇宙”像において、その中心は自分たちの立っている地球ではなく、太陽でした。これはコペルニクスが天動説にかわり地動説=太陽中心説を唱え、ケプラーがそれを証明して以来ずっとですね。ただし、その太陽でさえ、広大な宇宙空間においては、地球らとともにはその片隅でさまよう迷子でしかありません。つまり、実感として、自分の生きる世界には、中心点がどこにも見当たらなかったんです。

ところが、遠い宇宙の向うから飛来するものとばかり思っていた宇宙人が、じつは自分を通して深く人類の意識の底に横たわる思念によって生み出され、そこからやってきたのだ。あるいは、限りなく遠く外に感じていたものが、じつは限りなく内側にあるものと一致するのだという発想に触れたとき、どこにもなかったはずの中心点(特異点)が透けて見えた気がしたんですね。

1 2 3 4

その他の記事

いじめ問題と「個人に最適化された学び」と学年主義(やまもといちろう)
持たざるもの、という人生(小寺信良)
「銀の弾丸」も「必勝の奇策」も世の中にはない(やまもといちろう)
新聞業界の斜陽と世迷言について(やまもといちろう)
【第1話】日本型雇用の未来は君の肩に……(城繁幸)
『秋の理由』福間健二監督インタビュー(切通理作)
インド最大の都市で感じる気候変動の脅威(高城剛)
有料のオンラインサロンを2年やってみて分かったこと(やまもといちろう)
中央線に「サブカルクソ女人生」の夢ひらく!? 映画『歌ってみた 恋してみた』 上埜すみれ×深琴対談(切通理作)
「消費者安調査全委員会」発足、暮らしの事故の原因究明は進むのか?(津田大介)
怒って相手から嫌われることのメリット(岩崎夏海)
週刊金融日記 第273号<歳を重ねるとは 〜恋愛プレイヤーたちの人生のクロスロード、小池百合子率いる「都民ファーストの会」が圧勝他>(藤沢数希)
「お前の履歴は誰のものか」問題と越境データ(やまもといちろう)
過去最高益を更新したトヨタ自動車の今後に思うこと(本田雅一)
“美しい”は強い――本当に上達したい人のための卓球理論(下)(山中教子)

ページのトップへ