現実をきちんと「見る」ことが難しい今こそお薦めしたい本

『ご依頼の件』星新一著

 

中心点が見えた気がした

考えてみれば、小学生当時周囲から習っていた“宇宙”像において、その中心は自分たちの立っている地球ではなく、太陽でした。これはコペルニクスが天動説にかわり地動説=太陽中心説を唱え、ケプラーがそれを証明して以来ずっとですね。ただし、その太陽でさえ、広大な宇宙空間においては、地球らとともにはその片隅でさまよう迷子でしかありません。つまり、実感として、自分の生きる世界には、中心点がどこにも見当たらなかったんです。

ところが、遠い宇宙の向うから飛来するものとばかり思っていた宇宙人が、じつは自分を通して深く人類の意識の底に横たわる思念によって生み出され、そこからやってきたのだ。あるいは、限りなく遠く外に感じていたものが、じつは限りなく内側にあるものと一致するのだという発想に触れたとき、どこにもなかったはずの中心点(特異点)が透けて見えた気がしたんですね。

1 2 3 4

その他の記事

人はなぜ初日の出に惹かれるのか–数万年の心の旅路(鏡リュウジ)
週刊金融日記 第289号<ビットコイン・ゴールド 金の雨が天から降り注ぐ、自民圧勝で日経平均未踏の15連騰か他>(藤沢数希)
グローバル化にぶれないアフリカのエッジの象徴としてのエチオピア時間(高城剛)
世界的な景気減速見込みで訪れる「半世紀の冬」(やまもといちろう)
秋葉原の路上での偶然の出会いこそが僕にとっての東京の魅力(高城剛)
AirPodsから考えるBluetoothの「切り換え」問題(西田宗千佳)
「テキストをwebで売る」のこれからの話をしよう(小寺信良)
アマチュア宇宙ロケット開発レポートin コペンハーゲン<後編>(川端裕人)
YouTube発信を始めようと考えた理由(本田雅一)
ライター業界異変アリ(小寺信良)
なぜ僕は自分の作品が「嫌」になるのか–新作『LAST KNIGHTS / ラスト・ナイツ』近日公開・紀里谷和明が語る作品論(紀里谷和明)
週刊金融日記 第265号 <日本社会で多夫一妻制が急激に進行していた 他>(藤沢数希)
韓国情勢「再評価」で、問題知識人が炙り出されるリトマス試験紙大会と化す(やまもといちろう)
クラウドにデータを委ねるということ(本田雅一)
Kindle Unlimitedのラインナップ変更は「日本への対応」不足が原因だ(西田宗千佳)

ページのトップへ