現実をきちんと「見る」ことが難しい今こそお薦めしたい本

『ご依頼の件』星新一著

読書の原点

子供の頃に星新一のショートショートにお世話になったという人は、ずいぶん多いのではないかと思います。典型的なじっとしていられない子供だった自分にとっても、星新一ははじめて本というものに没頭させてくれた読書の原点でした。

彼の読者だった者なら誰しも、記憶に焼き付いて離れない“特別なお話”というのが一つはあると思いますが、自分の場合、特に本書に収録されている『夜の会話』がそれでした。内容は、一見するとある平凡な男のUFOそして宇宙人との遭遇を描いた軽いSFものという風なのですが、その実「現実はどうやって作る(作られる)のか?」「そもそも人がなにかを見るということとはどういうことなのか?」といった、唯識論的なテーマを扱ったお話になっているんです。

ここのところ、ますます時勢の変化が激しくなり、「現実」をきちんと「見る」ということが難しくなってきたという気がしています。そうした状況のなか、改めて“見通し”というもののありようを問う意味でも、この場をかり先のお話を紹介したいと思います。

1 2 3 4

その他の記事

粉ミルク規制問題から見えた「中国vs香港」の図式(ふるまいよしこ)
「iPad Proの存在価値」はPCから測れるのか(西田宗千佳)
猪子寿之の〈人類を前に進めたい〉 第6回:椅子に固定されない「身体の知性」とは何か(宇野常寛)
「日本の動物園にできること」のための助走【第一回】(川端裕人)
発信の原点とかいう取材で(やまもといちろう)
女子高生に改正児童ポルノ法の話をした理由(小寺信良)
週刊金融日記 第281号 <Pythonで統計解析をはじめよう、北朝鮮ミサイル発射でビットコイン50万円突破>(藤沢数希)
旅を快適に続けられるための食事とトレーニングマシン(高城剛)
長崎の街の行方に垣間見える明治維新以降の日本社会の力学(高城剛)
食品添加物を怖がる前に考えておきたいこと(若林理砂)
安倍政権の4割近い支持率から見えること(平川克美)
部屋は「あなた」である――掃除をするか、旅に出るか(名越康文)
株式会社ピースオブケイクのオフィスにお邪魔しました!(岩崎夏海)
トランスフォーマー:ロストエイジを生き延びた、日本ものづくりを継ぐ者 ――デザイナー・大西裕弥インタビュー(宇野常寛)
AlphaGoから考える「人とAIの関係」(西田宗千佳)

ページのトップへ