現実をきちんと「見る」ことが難しい今こそお薦めしたい本

『ご依頼の件』星新一著

読書の原点

子供の頃に星新一のショートショートにお世話になったという人は、ずいぶん多いのではないかと思います。典型的なじっとしていられない子供だった自分にとっても、星新一ははじめて本というものに没頭させてくれた読書の原点でした。

彼の読者だった者なら誰しも、記憶に焼き付いて離れない“特別なお話”というのが一つはあると思いますが、自分の場合、特に本書に収録されている『夜の会話』がそれでした。内容は、一見するとある平凡な男のUFOそして宇宙人との遭遇を描いた軽いSFものという風なのですが、その実「現実はどうやって作る(作られる)のか?」「そもそも人がなにかを見るということとはどういうことなのか?」といった、唯識論的なテーマを扱ったお話になっているんです。

ここのところ、ますます時勢の変化が激しくなり、「現実」をきちんと「見る」ということが難しくなってきたという気がしています。そうした状況のなか、改めて“見通し”というもののありようを問う意味でも、この場をかり先のお話を紹介したいと思います。

1 2 3 4

その他の記事

プログラミング言語「Python」が面白い(家入一真)
言語を問うことの意味(甲野善紀)
石田衣良さん、前向きになれる本を教えてください(石田衣良)
僕が今大学生(就活生)だったら何を勉強するか(茂木健一郎)
眼鏡っ子のための心を整えるエクササイズ(名越康文)
心のストッパーを外す方法(岩崎夏海)
怒りを動機にした分析は必ず失敗する(名越康文)
古舘伊知郎降板『報道ステーション』の意味(やまもといちろう)
死をどのように受け止めるか(甲野善紀)
ビデオカメラの起動音、いる?(小寺信良)
日印デジタル・パートナーシップの裏にある各国の思惑を考える(高城剛)
格安スマホは叩かれるべきか? サービス内容と適正価格を巡る攻防(やまもといちろう)
なくさないとわからないことがある(天野ひろゆき)
「50歳、食いしん坊、大酒飲み」の僕が40キロ以上の減量ができた理由(本田雅一)
「なし崩し」移民増加に日本社会は如何に対応するか(やまもといちろう)

ページのトップへ