現実をきちんと「見る」ことが難しい今こそお薦めしたい本

『ご依頼の件』星新一著

読書の原点

子供の頃に星新一のショートショートにお世話になったという人は、ずいぶん多いのではないかと思います。典型的なじっとしていられない子供だった自分にとっても、星新一ははじめて本というものに没頭させてくれた読書の原点でした。

彼の読者だった者なら誰しも、記憶に焼き付いて離れない“特別なお話”というのが一つはあると思いますが、自分の場合、特に本書に収録されている『夜の会話』がそれでした。内容は、一見するとある平凡な男のUFOそして宇宙人との遭遇を描いた軽いSFものという風なのですが、その実「現実はどうやって作る(作られる)のか?」「そもそも人がなにかを見るということとはどういうことなのか?」といった、唯識論的なテーマを扱ったお話になっているんです。

ここのところ、ますます時勢の変化が激しくなり、「現実」をきちんと「見る」ということが難しくなってきたという気がしています。そうした状況のなか、改めて“見通し”というもののありようを問う意味でも、この場をかり先のお話を紹介したいと思います。

1 2 3 4

その他の記事

実は「スマート」だった携帯電話は、なぜ滅びたのか ーー10年前、初代iPhoneに不感症だった日本市場のその後(本田雅一)
津田大介メールマガジン『メディアの現場』紹介動画(津田大介)
正しい苦しみ方(岩崎夏海)
子どもが飛行機で泣いた時に考えるべきこと(茂木健一郎)
「常識の毒」を薬に変える(名越康文)
ヘヤカツオフィス探訪#01「株式会社ピースオブケイク」後編(岩崎夏海)
Oculus Go時代に「Second Life」を思い出す(西田宗千佳)
「Googleマップ」劣化の背景を考える(西田宗千佳)
スウェーデンがキャッシュレス社会を実現した大前提としてのプライバシーレス社会(高城剛)
能力がない人ほど「忙しく」なる時代(岩崎夏海)
「スルーする」ことなど誰にもできない――過剰適応なあなたが覚えておくべきこと(名越康文)
99パーセントの人が知らない感情移入の本当の力(名越康文)
縮む地方と「奴隷労働」の実態(やまもといちろう)
京成線を愛でながら聴きたいジャズアルバム(福島剛)
集団的自衛権を考えるための11冊(夜間飛行編集部)

ページのトップへ