現実をきちんと「見る」ことが難しい今こそお薦めしたい本

『ご依頼の件』星新一著

読書の原点

子供の頃に星新一のショートショートにお世話になったという人は、ずいぶん多いのではないかと思います。典型的なじっとしていられない子供だった自分にとっても、星新一ははじめて本というものに没頭させてくれた読書の原点でした。

彼の読者だった者なら誰しも、記憶に焼き付いて離れない“特別なお話”というのが一つはあると思いますが、自分の場合、特に本書に収録されている『夜の会話』がそれでした。内容は、一見するとある平凡な男のUFOそして宇宙人との遭遇を描いた軽いSFものという風なのですが、その実「現実はどうやって作る(作られる)のか?」「そもそも人がなにかを見るということとはどういうことなのか?」といった、唯識論的なテーマを扱ったお話になっているんです。

ここのところ、ますます時勢の変化が激しくなり、「現実」をきちんと「見る」ということが難しくなってきたという気がしています。そうした状況のなか、改めて“見通し”というもののありようを問う意味でも、この場をかり先のお話を紹介したいと思います。

1 2 3 4

その他の記事

「疲れているとついイラッとしたり、怒りっぽくなってしまうのですが……」(石田衣良)
「親子上場」アスクルを巡るヤフーとの闘い(やまもといちろう)
「アジカン」ゴッチと一緒に考える、3.11後の日本(津田大介)
『つないだ手をはなして』主演川上奈々美さんインタビュー(切通理作)
被差別属性としての「キモくて金のないおっさん」とは何か(やまもといちろう)
厚労省統計問題の発生理由が“プログラムのバグ”とされていることに感じる疑問(本田雅一)
成功する人は「承認欲求との付き合い方」がうまい(名越康文)
縮む地方と「奴隷労働」の実態(やまもといちろう)
「ブロマガ」はプラットフォームになり得るのか(小寺信良)
一から作り直した「非バッファロー的なもの」–『新おもいでばこ』の秘密(小寺信良)
レシート買い取りサービスONEと提携したDMMオートの思惑(本田雅一)
沖縄、そして日本の未来を担う「やんばる」(高城剛)
目下好調の世界経済にバブル崩壊のシナリオと対処法はあるのか(やまもといちろう)
「消防団員がうどん食べてたらクレームが来て謝罪」から見る事なかれ倫理観問題(やまもといちろう)
手習いとしてのオンライン・エデュケーションのすすめ(高城剛)

ページのトップへ