現実をきちんと「見る」ことが難しい今こそお薦めしたい本

『ご依頼の件』星新一著

読書の原点

子供の頃に星新一のショートショートにお世話になったという人は、ずいぶん多いのではないかと思います。典型的なじっとしていられない子供だった自分にとっても、星新一ははじめて本というものに没頭させてくれた読書の原点でした。

彼の読者だった者なら誰しも、記憶に焼き付いて離れない“特別なお話”というのが一つはあると思いますが、自分の場合、特に本書に収録されている『夜の会話』がそれでした。内容は、一見するとある平凡な男のUFOそして宇宙人との遭遇を描いた軽いSFものという風なのですが、その実「現実はどうやって作る(作られる)のか?」「そもそも人がなにかを見るということとはどういうことなのか?」といった、唯識論的なテーマを扱ったお話になっているんです。

ここのところ、ますます時勢の変化が激しくなり、「現実」をきちんと「見る」ということが難しくなってきたという気がしています。そうした状況のなか、改めて“見通し”というもののありようを問う意味でも、この場をかり先のお話を紹介したいと思います。

1 2 3 4

その他の記事

中島みゆきしか聴きたくないときに聴きたいジャズアルバム(福島剛)
鉄腕アトムの呪い(西田宗千佳)
IT・家電業界の「次のルール」は何か(西田宗千佳)
今週の動画「陰の影抜」(甲野善紀)
負け組の人間が前向きに生きていくために必要なこと(家入一真)
世界のファストファッション最前線(本田雅一)
「温かい食事」だけが人生を変えることができる #養生サバイバル のススメ(若林理砂)
【対談】名越康文×平岩国泰 ほめればほめるほどやる気を失う子どもたち〜「放課後」だから気づけた、子どもの自己肯定感を伸ばす秘訣(名越康文)
喜怒哀楽を取り戻す意味(岩崎夏海)
浜松の鰻屋で感じた「食べに出かける」食事の楽しみと今後の日本の食文化のヒント(高城剛)
LINE傍受疑惑、韓国「国家情報院」の素顔(スプラウト)
平成の終わり、そして令和の始まりに寄せて(やまもといちろう)
「犯罪者を許さない社会」っておかしいんじゃないの?(家入一真)
自分の心を4色に分ける——苦手な人とうまくつきあう方法(名越康文)
役の中に「人生」がある 俳優・石橋保さん(映画『カスリコ』主演)に訊く(切通理作)

ページのトップへ