現実をきちんと「見る」ことが難しい今こそお薦めしたい本

『ご依頼の件』星新一著

読書の原点

子供の頃に星新一のショートショートにお世話になったという人は、ずいぶん多いのではないかと思います。典型的なじっとしていられない子供だった自分にとっても、星新一ははじめて本というものに没頭させてくれた読書の原点でした。

彼の読者だった者なら誰しも、記憶に焼き付いて離れない“特別なお話”というのが一つはあると思いますが、自分の場合、特に本書に収録されている『夜の会話』がそれでした。内容は、一見するとある平凡な男のUFOそして宇宙人との遭遇を描いた軽いSFものという風なのですが、その実「現実はどうやって作る(作られる)のか?」「そもそも人がなにかを見るということとはどういうことなのか?」といった、唯識論的なテーマを扱ったお話になっているんです。

ここのところ、ますます時勢の変化が激しくなり、「現実」をきちんと「見る」ということが難しくなってきたという気がしています。そうした状況のなか、改めて“見通し”というもののありようを問う意味でも、この場をかり先のお話を紹介したいと思います。

1 2 3 4

その他の記事

女の体を食い物にする「脅し系ナチュラル」との戦い方(若林理砂)
達成感の得られない仕事とどう向き合うか(甲野善紀)
平成の終わり、そして令和の始まりに寄せて(やまもといちろう)
見捨てられる子供の安全(小寺信良)
今世界でもっとも未来に近い街、雄安(高城剛)
「暮らし」をシェアする時代がくる? 注目のシェアリングエコノミー(家入一真)
アジアではじまっているメガハブ空港の王座争い(高城剛)
年末企画:2019年度の「私的なベストガジェット」(高城剛)
米豪だけでなく日露も導入を見送る中国通信機器大手問題(やまもといちろう)
東京と台北を比較して感じる東アジアカルチャーセンスの変化(高城剛)
人生の分水嶺は「瞬間」に宿る(名越康文)
晴天率と自由な気分は比例するという話(高城剛)
食欲の秋、今年は少しだけ飽食に溺れるつもりです(高城剛)
未来を見据えた働き方 カギは隙間時間にあり(家入一真)
まだ春には遠いニュージーランドでスマホ開発の終焉とドローンのこれからを考える(高城剛)

ページのトップへ