現実をきちんと「見る」ことが難しい今こそお薦めしたい本

『ご依頼の件』星新一著

読書の原点

子供の頃に星新一のショートショートにお世話になったという人は、ずいぶん多いのではないかと思います。典型的なじっとしていられない子供だった自分にとっても、星新一ははじめて本というものに没頭させてくれた読書の原点でした。

彼の読者だった者なら誰しも、記憶に焼き付いて離れない“特別なお話”というのが一つはあると思いますが、自分の場合、特に本書に収録されている『夜の会話』がそれでした。内容は、一見するとある平凡な男のUFOそして宇宙人との遭遇を描いた軽いSFものという風なのですが、その実「現実はどうやって作る(作られる)のか?」「そもそも人がなにかを見るということとはどういうことなのか?」といった、唯識論的なテーマを扱ったお話になっているんです。

ここのところ、ますます時勢の変化が激しくなり、「現実」をきちんと「見る」ということが難しくなってきたという気がしています。そうした状況のなか、改めて“見通し”というもののありようを問う意味でも、この場をかり先のお話を紹介したいと思います。

1 2 3 4

その他の記事

企業のトップストーリーについて思うこと(やまもといちろう)
国が“氷河期世代”をなんとかしようと言い出した時に読む話(城繁幸)
政府の原発ゼロ政策はなぜ骨抜きになったのか(津田大介)
「ブロマガ」はプラットフォームになり得るのか(小寺信良)
子育てへの妙な圧力は呪術じゃなかろうか(若林理砂)
株式会社ピースオブケイクのオフィスにお邪魔しました!(岩崎夏海)
iPad Pro発表はデジタルディバイス終焉の兆しか(高城剛)
「戦後にケリをつける」ための『東京2020 オルタナティブ・オリンピック・プロジェクト』(宇野常寛)
ICT系ベンチャー「マフィア」と相克(やまもといちろう)
付き合ってるのに身体にも触れてこない彼氏(25歳)はいったい何を考えているのでしょう(石田衣良)
僕がザハ案の国立競技場の建設に賛成していた、たった一つの理由(岩崎夏海)
Nintendo Switchの「USB PD」をチェックする(西田宗千佳)
夏休み工作、今年の「音友ムック」はQWT型!(小寺信良)
「なぜ本を読まなければいけないのか」と思ったときに読む話(名越康文)
夏の京都で考える日本の「失われた150年」(高城剛)

ページのトップへ