現実をきちんと「見る」ことが難しい今こそお薦めしたい本

『ご依頼の件』星新一著

読書の原点

子供の頃に星新一のショートショートにお世話になったという人は、ずいぶん多いのではないかと思います。典型的なじっとしていられない子供だった自分にとっても、星新一ははじめて本というものに没頭させてくれた読書の原点でした。

彼の読者だった者なら誰しも、記憶に焼き付いて離れない“特別なお話”というのが一つはあると思いますが、自分の場合、特に本書に収録されている『夜の会話』がそれでした。内容は、一見するとある平凡な男のUFOそして宇宙人との遭遇を描いた軽いSFものという風なのですが、その実「現実はどうやって作る(作られる)のか?」「そもそも人がなにかを見るということとはどういうことなのか?」といった、唯識論的なテーマを扱ったお話になっているんです。

ここのところ、ますます時勢の変化が激しくなり、「現実」をきちんと「見る」ということが難しくなってきたという気がしています。そうした状況のなか、改めて“見通し”というもののありようを問う意味でも、この場をかり先のお話を紹介したいと思います。

1 2 3 4

その他の記事

「なぜ若者に奴隷根性が植えつけられたか?(中編)(岩崎夏海)
雨模様が続く札幌で地下街の付加価値について考える(高城剛)
東京丸の内再発見(高城剛)
NFCでデータ転送、パナソニックの血圧計「EW-BW53」(小寺信良)
アーミテージ報告書の件で「kwsk」とのメールを多数戴いたので(やまもといちろう)
広大な地下空間で考える東京再活性化の秘訣(高城剛)
超人を目指す修行の日々(高城剛)
アングラ住人たちが運営する「裏の名簿業者」の実態(スプラウト)
新宿が「世界一の屋内都市」になれない理由(高城剛)
新「MacBook」を使ってみたらーー「ペタペタ」キーボード礼賛論(西田宗千佳)
ようやく到着 ポータブル原稿書きマシン「Gemini」(小寺信良)
就活解禁になっても何やっていいのかわからない時に読む話(城繁幸)
女の体を食い物にする「脅し系ナチュラル」との戦い方(若林理砂)
Hagexさんの訃報に関して(やまもといちろう)
原色豊かな南米で歴史はすべてカラーなのだということをあらためて思い知る(高城剛)

ページのトップへ