現実をきちんと「見る」ことが難しい今こそお薦めしたい本

『ご依頼の件』星新一著

読書の原点

子供の頃に星新一のショートショートにお世話になったという人は、ずいぶん多いのではないかと思います。典型的なじっとしていられない子供だった自分にとっても、星新一ははじめて本というものに没頭させてくれた読書の原点でした。

彼の読者だった者なら誰しも、記憶に焼き付いて離れない“特別なお話”というのが一つはあると思いますが、自分の場合、特に本書に収録されている『夜の会話』がそれでした。内容は、一見するとある平凡な男のUFOそして宇宙人との遭遇を描いた軽いSFものという風なのですが、その実「現実はどうやって作る(作られる)のか?」「そもそも人がなにかを見るということとはどういうことなのか?」といった、唯識論的なテーマを扱ったお話になっているんです。

ここのところ、ますます時勢の変化が激しくなり、「現実」をきちんと「見る」ということが難しくなってきたという気がしています。そうした状況のなか、改めて“見通し”というもののありようを問う意味でも、この場をかり先のお話を紹介したいと思います。

1 2 3 4

その他の記事

メダルの数より大切なことがある ――有森裕子が語る2020年に向けた取り組み(宇野常寛)
日本の未来の鍵は「日韓トンネル」と「日露トンネル」(高城剛)
成功を目指すのではなく、「居場所」を作ろう(小山龍介)
「#どうして解散するんですか?」が人々を苛立たせた本当の理由(岩崎夏海)
楽しくも儚い埼玉県知事選事情(やまもといちろう)
衰退する日本のパラダイムシフトを先導するのは誰か(やまもといちろう)
2017年、バブルの時代に(やまもといちろう)
世界遺産登録を望まない、現代の隠れキリシタンたち(高城剛)
交通指揮者という視点(小寺信良)
「文章を売る」ということ(茂木健一郎)
効率良くやせるためのダイエットについてのちょっとした考察(高城剛)
地域マネージメントのセンスに左右される観光地の将来(高城剛)
人工知能の時代、働く人が考えるべきこと(やまもといちろう)
総務省家計調査がやってきた!(小寺信良)
ここまで使ってこなくてごめんなさい! 意外なほど実用的だった「TransferJet」(西田宗千佳)

ページのトップへ