現実をきちんと「見る」ことが難しい今こそお薦めしたい本

『ご依頼の件』星新一著

読書の原点

子供の頃に星新一のショートショートにお世話になったという人は、ずいぶん多いのではないかと思います。典型的なじっとしていられない子供だった自分にとっても、星新一ははじめて本というものに没頭させてくれた読書の原点でした。

彼の読者だった者なら誰しも、記憶に焼き付いて離れない“特別なお話”というのが一つはあると思いますが、自分の場合、特に本書に収録されている『夜の会話』がそれでした。内容は、一見するとある平凡な男のUFOそして宇宙人との遭遇を描いた軽いSFものという風なのですが、その実「現実はどうやって作る(作られる)のか?」「そもそも人がなにかを見るということとはどういうことなのか?」といった、唯識論的なテーマを扱ったお話になっているんです。

ここのところ、ますます時勢の変化が激しくなり、「現実」をきちんと「見る」ということが難しくなってきたという気がしています。そうした状況のなか、改めて“見通し”というもののありようを問う意味でも、この場をかり先のお話を紹介したいと思います。

1 2 3 4

その他の記事

本当に自分が進みたい未来へ通じる道はどこにあるのか(高城剛)
隣は「どうやって文字入力する」人ぞ(西田宗千佳)
台湾から感じるグローバルな時代の小国の力(高城剛)
「嫌われJASRAC」が地裁裁判で無事勝利の報(やまもといちろう)
株式会社ピースオブケイクのオフィスにお邪魔しました!(岩崎夏海)
ゲームにのめりこむ孫が心配です(家入一真)
NYの博物館で出会った「カミカゼ・エクスペリエンス」(川端裕人)
『心がスーッと晴れ渡る「感覚の心理学」』著者インタビュー(名越康文)
大国の世相変化に翻弄される香港の今(高城剛)
なぜ今? 音楽ストリーミングサービスの戦々恐々(小寺信良)
仮想通貨に関する概ねの方針が出揃いそう… だけど、これでいいんだろうか問題(やまもといちろう)
名越先生、ゲームをやりすぎると心に悪影響はありますか?(名越康文)
サイバーセキュリティと官民協力の実態(やまもといちろう)
アイデアを生む予定表の「余白」(岩崎夏海)
日産ゴーン会長逮捕の背景に感じる不可解な謎(本田雅一)

ページのトップへ