現実をきちんと「見る」ことが難しい今こそお薦めしたい本

『ご依頼の件』星新一著

読書の原点

子供の頃に星新一のショートショートにお世話になったという人は、ずいぶん多いのではないかと思います。典型的なじっとしていられない子供だった自分にとっても、星新一ははじめて本というものに没頭させてくれた読書の原点でした。

彼の読者だった者なら誰しも、記憶に焼き付いて離れない“特別なお話”というのが一つはあると思いますが、自分の場合、特に本書に収録されている『夜の会話』がそれでした。内容は、一見するとある平凡な男のUFOそして宇宙人との遭遇を描いた軽いSFものという風なのですが、その実「現実はどうやって作る(作られる)のか?」「そもそも人がなにかを見るということとはどういうことなのか?」といった、唯識論的なテーマを扱ったお話になっているんです。

ここのところ、ますます時勢の変化が激しくなり、「現実」をきちんと「見る」ということが難しくなってきたという気がしています。そうした状況のなか、改めて“見通し”というもののありようを問う意味でも、この場をかり先のお話を紹介したいと思います。

1 2 3 4

その他の記事

コデラ的出国前の儀式(小寺信良)
21世紀のスマートトラベラーは天候のヘッジまで考えなければいけない(高城剛)
「有休を使い切ったうえで生理休暇って、アリなんでしょうか?」(城繁幸)
受験勉強が役に立ったという話(岩崎夏海)
細かいワザあり、iPhone7 Plus用レンズ(小寺信良)
自分の「生き方」を職業から独立させるということ(紀里谷和明)
自分の心を4色に分ける——苦手な人とうまくつきあう方法(名越康文)
メルマガの未来~オープンとクローズの狭間で(津田大介)
フースラーメソード指導者、武田梵声の大阪講演2017開催決定!(武田梵声)
子供会にLINEを導入してみた(小寺信良)
僕たちは「問題」によって生かされる<前編>(小山龍介)
「バレなければいい」という行為について(やまもといちろう)
地方統一選から見える「安倍政権支持者」と「アベノミクス」受益者の錯綜(やまもといちろう)
「実は言われているほど新事実はなく、変わっているのは評価だけだ」問題(やまもといちろう)
(4)視野を広げる(山中教子)

ページのトップへ