現実をきちんと「見る」ことが難しい今こそお薦めしたい本

『ご依頼の件』星新一著

読書の原点

子供の頃に星新一のショートショートにお世話になったという人は、ずいぶん多いのではないかと思います。典型的なじっとしていられない子供だった自分にとっても、星新一ははじめて本というものに没頭させてくれた読書の原点でした。

彼の読者だった者なら誰しも、記憶に焼き付いて離れない“特別なお話”というのが一つはあると思いますが、自分の場合、特に本書に収録されている『夜の会話』がそれでした。内容は、一見するとある平凡な男のUFOそして宇宙人との遭遇を描いた軽いSFものという風なのですが、その実「現実はどうやって作る(作られる)のか?」「そもそも人がなにかを見るということとはどういうことなのか?」といった、唯識論的なテーマを扱ったお話になっているんです。

ここのところ、ますます時勢の変化が激しくなり、「現実」をきちんと「見る」ということが難しくなってきたという気がしています。そうした状況のなか、改めて“見通し”というもののありようを問う意味でも、この場をかり先のお話を紹介したいと思います。

1 2 3 4

その他の記事

「見るだけ」の製品から「作ること」ができる製品の時代へ(高城剛)
「モザイク」は誰を守っているのか−−向こう側からは見えている(小田嶋隆&平川克美)
Amazon Echoのスピーカー性能を試す(小寺信良)
『趾(あしゆび)でカラダが変わる』中村考宏インタビュー(下村敦夫)
「犯罪者を許さない社会」っておかしいんじゃないの?(家入一真)
自己セラピーダイエットのすすめ:酒好き、食いしん坊のスーパーメタボなアラフィフでも健康と若さを取り戻せた理由(本田雅一)
なぜゲーム機だけが日本発のプラットフォーム作りに成功したのか(西田宗千佳)
「新聞を読んでいる人は、政治的、社会的に先鋭化された人」という状況について(やまもといちろう)
都民ファースト大勝利予測と自民党の自滅について深く考える(やまもといちろう)
信仰者の譲れない部分(甲野善紀)
『「赤毛のアン」で英語づけ』(4) 大切な人への手紙は〝語感〟にこだわろう(茂木健一郎)
嗤ってりゃいいじゃない、って話(やまもといちろう)
「なし崩し」移民増加に日本社会は如何に対応するか(やまもといちろう)
今だからこそ! 「ドローンソン」の可能性(小寺信良)
京成線を愛でながら聴きたいジャズアルバム(福島剛)

ページのトップへ