小寺・西田の「金曜ランチビュッフェ」より

「HiDPIで仕事」の悦楽

小寺信良&西田宗千佳メールマガジン「金曜ランチビュッフェ」2015年12月11日 Vol.061 <来年のこともにらみつつ号>より



ついに一太郎もHiDPIの時代

先日、ジャストシステムが、来年2月発売の「一太郎2016」の発表会を行った。同社は毎年この時期に発表会を行い、2月半ばに新しい一太郎とATOKを発売する。もはやIT業界年末の風物詩となった感がある(少なくとも、古株のPC系ライターには)。

そしてこの時、同時に新一太郎のβ版が配布される。今年も同様だ。昔はDVDで評価用β版を配るメーカーも多かったのだが、もはやジャストシステムくらいになってしまった。筆者としても、今年光学ドライブを持ち出したのは、これで3度目くらいのような気がする。

そんなことを思いながら、これまたテスト中のSurface Pro4に「一太郎2016」をインストールしてみて、筆者はちょっと驚いた。いや、予想はしていたが、想像以上にグッと来た。

「やっはり、HiDPIはいいなあ……」と。

・一太郎2016。別の環境との比較のために、あえて画面を分割し、右側ではTwitterクライアントを動かしている。

Surface Pro4の画面解像度は2736×1824ドット、画面サイズは12.3インチだ。すなわちDPI換算すると267DPIとなる。(ディスプレイにおいてはピクセル・パー・インチ、PPIで表記する場合が多いが、あえて本原稿ではDPIで統一している)

タブレットやスマートフォンがそうであるように、もはや解像度では紙への印刷物の世界に近い。こうした環境を「HiDPI」と呼ぶ。Windows 8以降、マイクロソフトはHiDPI環境をを意識した開発を行ってきたし、Windows 10ではそれがさらに進んでいるが、こと実際の使い勝手という意味では、HiDPIで快適に使えるソフトはまだまだ少ない。ブラウザーを含め、今年になっていくつかのソフトが対応しており、ようやくマシになってきたな……というのが筆者の印象だった。そして、一太郎は「HiDPI対応でない」アプリの代表だった。

それが今回、ようやく、ではあるが、HiDPI対応した。一太郎はWordに比べても日本語の扱いでは優位な点がまだある。そして近年は、パッケージに良いフォントをバンドルする例が増えている。

一太郎2016では、モトヤ系の書体が採用された。パッケージの種類によっても数は異なるが、さきほどの画面で使っている「モトヤUP新聞明朝」と「モトヤUP新聞ゴシック」はすべてに付属する。これで文章を書いてみると、Surface Pro4のディスプレイの優秀さと相まって、こう、なんとも言えない快適さを感じるのだ。

マイクロソフト製のアプリはすでにHiDPI化を終えており、Wordでももちろん美しい表示になる。「モトヤUP新聞明朝」と組み合わせると、これはこれで作業が捗りそうだ。

・マイクロソフトワード2016で、「モトヤUP新聞明朝」を使って表示。こちらもHiDPI化の効果は絶大だ。

 

フォントレンダリングではアップルに一日の長

筆者は普段、Windowsでなくマックを使って仕事をしている。理由は、2012年末より「Retinaディスプレイ搭載」という形で、いち早くHiDPI化しているからだ。現在一番使う時間の多いMacBookも、「薄くて軽いのにRetinaディスプレイ搭載でHiDPI」であることがなによりの魅力である、と思っている。こちらでは、OS X El Capitanより組み込まれている「クレー」というフォントを使って原稿を書くことが多い。

・MacBookで筆者は普段原稿を書く時の、一般的な画面。HiDPIでのフォント表示が、作業ストレスを軽減してくれる。

こうして書く時にフォントを変える理由は、単純に読みやすくなるからだ。修飾としての意味ではなく、他人に渡す時はこのフォントのまま見てもらうことはまずない。そもそも相手が持っているとも限らない。一見無駄に思えるかもしれないが、「自分が作業する画面の美しさ」にこだわることは、作業する上でとても大切なものだと、筆者は考えている。だから、どんなに面白そうでも、自分が実際に作業をする機器では、最低でも200DPIを超える環境が譲れない。

そういう観点では、最近発売されたばかりのiPad Proも、「HiDPIで文章を作る」のが快適な環境だと思っている。マックやWindowsのようにフォントに凝ることはできないが、元々のフォントレンダリングが美しいこと、画面分割のUIが「機能は少ないが使いやすい」良いバランスになっていること、そして、やっぱり画面が大きくて美しい(12.9インチで264DPI)ことが魅力だ。

・iPad Proでの作業画面。かなりマックに似ているが、画面分割の「Spritview」機能の優秀さから、実はこちらの方が使いやすい面も少なくない。

アップル系の美点は、なによりフォントレンダリング品質が良いことにある。マックも良いが、iOSはさらに良い。Windowsも改善は進んでいるものの、UI用に使われている「游ゴシック UI」とそのレンダリング品質がどうも今ひとつだ。前出のWindowsの画面を見ていただきたい。UWPアプリであるTwitterクライアントは強制的に游ゴシック UIが使われるため、美観的に一歩も二歩も劣る。

日本マイクロソフトも、不評であること、問題があることは認識しているものの、Windows XP時代から使われる「UIゴシック系」との互換性問題もあり、いきなり抜本的解決を実現するのが難しいようだ。

HiDPIハードウエアが当たり前になり、これだけのクオリティが実現できる時代なのだから、アプリメーカーも、HiDPIへの対応を積極的に進めてほしい。PCが売れない時代、と言われるが、「過去のPCよりもずっと美しい表示」が、苦もなく使える世界になるのなら、買い替えを考える人も増えるはず。PCが道具であるなら、まずこの問題に真剣に取り組むべきだ、と筆者は確信しているし、今回、改めて「もうHiDPI以外には戻れない」と思っているところだ。

 

小寺・西田の「金曜ランチビュッフェ

2015年12月11日 Vol.061 <来年のこともにらみつつ号> 目次

01 論壇【小寺】
 子供にスマホを持たせる前に
02 余談【西田】
 「HiDPIで仕事」の悦楽
03 対談【小寺】
 ブライダルビデオ業界の掟 (1)
04 過去記事【小寺】
 テレビだけではない、シャープ失速の理由
05 ニュースクリップ
06 今週のおたより
07 今週のおしごと

12コラムニスト小寺信良と、ジャーナリスト西田宗千佳がお送りする、業界俯瞰型メールマガジン。 家電、ガジェット、通信、放送、映像、オーディオ、IT教育など、2人が興味関心のおもむくまま縦横無尽に駆け巡り、「普通そんなこと知らないよね」という情報をお届けします。毎週金曜日12時丁度にお届け。1週ごとにメインパーソナリティを交代。
ご購読・詳細はこちらから!

 
筆者:西田宗千佳

フリージャーナリスト。1971年福井県出身。得意ジャンルは、パソコン・デジタルAV・家電、そしてネットワーク関連など「電気かデータが流れるもの全般」。取材・解説記事を中心に、主要新聞・ウェブ媒体などに寄稿する他、年数冊のペースで書籍も執筆。テレビ番組の監修なども手がける。

その他の記事

クリエイターとは何度でも「勘違い」できる才能を持った人間のことである(岩崎夏海)
変化のベクトル、未来のコンパス~MIT石井裕教授インタビュー 前編(小山龍介)
宇野常寛特別インタビュー第5回「落合陽一のどこが驚異的なのか!」(宇野常寛)
怪しい南の島が目指す「金融立国」から「観光立国」への道(高城剛)
Qualcommブースで聴いたちょこっといい話(小寺信良)
カタルーニャ独立問題について(高城剛)
人事制度で解く「明智光秀謀反の謎」(城繁幸)
(2)「目標」から「目的」へ(山中教子)
フリック入力が苦手でもモバイル執筆が可能に! ローマ字入力アプリ「アルテ on Mozc」(小寺信良)
前川喜平という文部科学省前事務次官奇譚(やまもといちろう)
小保方問題、ネトウヨとの絡み方などなどについて茂木健一郎さんに直接ツッコミを入れてみた(やまもといちろう)
成宮寛貴友人A氏のブログの話(やまもといちろう)
なぜ、僕らは「当然起こるバッドエンド」を予測できないのか?(岩崎夏海)
ITによって失ったもの(小寺信良)
ワタミ的企業との付き合い方(城繁幸)

ページのトップへ