「あっち」の世界からエネルギーをもらってくるために

『時間の比較社会学』真木悠介著

「気付いたら終わっていた」という体験

大学生の頃、登山サークルに所属していた関係で、毎年夏になると日本北アルプスの山々を6日ほどかけて縦走登山するのが恒例となっていた。

少しでも標高の高い山を登頂することが登山の醍醐味だろうと考えてしまうようなタイプの学生だったので、当初は北アルプスと言われれば槍ヶ岳のような分かりやすい高峰のピークへ登って、そこから見晴らしのいい景色を眺めることを中心に据えていたのだけれど、回を重ねるにつれ、自然とそういう考えはどこかに消えていった。というか、中心が別の次元へずれてしまったと言った方が正確かも知れない。もちろん低山には低山の魅力があるとか、他にもっと具体的な”知識”が増えていったせいもあったのだけれど、今考えると、そういうこととは根本的に異なるところでの”体験”が要因となっていたのだと思う。

それは、尾根沿いのルートの途中で、何気なく遠くの山嶺へ目を移した折などに、ふっと時間が止まったような感じがして「あっ」となった瞬間のある種の忘我感。あの無時間の濃密さの”体験”であり、あるいは、遠くに見えていたり、眼前に聳えたり、下ると見えなくなっていく山の存在が、現実にはそうであるにも関わらず、ずっと自分と並行して「すぐそばまで訪れてきている」のを風のそよぎと同じレベルのかすかさで感じ、そこからふとワレに返っている”体験”だった。とは言っても、別に神秘体験とかではなくて、子供の頃の夏休みのように、気付いたら終わっていたという、誰しもがかつて経験していたであろう”体験”に近い。

そうしたある種の”体験”の記憶に輪郭を与え、それらとの向き合い方を提示してくれたのが、大学3年生の時に出会った『時間の比較社会学』だった。そこでは、日常生活圏(山では”下界”と言っていた)における世界のありようの自明性の向こう側へ広がっている「あっち」の世界を最もよく逆照射してくれるキーとして<時間意識>が語られていた。

1 2

その他の記事

「戦後にケリをつける」ための『東京2020 オルタナティブ・オリンピック・プロジェクト』(宇野常寛)
どうすれば「親友」ができるのか–赤の他人に興味を持つということ(名越康文)
「群れない」生き方と「街の本屋」の行方(名越康文)
中国からの観光客をひきつける那覇の「ユルさ」(高城剛)
「アジカン」ゴッチと一緒に考える、3.11後の日本(津田大介)
1980年代とフルシチョフ(岩崎夏海)
「Kindle Unlimited」日本上陸でなにが起きるのか(西田宗千佳)
「韓国の複合危機」日本として、どう隣国を再定義するか(やまもといちろう)
間違いだらけのボイストレーニング–日本人の「声」を変えるフースラーメソードの可能性(武田梵声)
いまさらだが「川上量生さんはもう駄目なんじゃないか」という話(やまもといちろう)
なぜNTTドコモは「dポイント」への移行を急ぐのか(西田宗千佳)
プログラミング言語「Python」が面白い(家入一真)
食えない中2はただの中2だ!(家入一真)
目的がはっきりしないまま挑戦する人の脆さと凄さ(やまもといちろう)
原色豊かな南米で歴史はすべてカラーなのだということをあらためて思い知る(高城剛)

ページのトップへ