「あっち」の世界からエネルギーをもらってくるために

『時間の比較社会学』真木悠介著

過去と現在が区別されない時間意識

例えば、北アメリカのホピ族の文化では「十人の人間」を表すのには複数形を用いるが、「十日間」は複数とは見なされない。というのも、昨日と今日、今日と明日は別の日ではなく、あくまで同じ日の繰り返し(再訪)として捉えられ、従って「十日間の滞在」は「十一日目まで滞在」と表現されるのだという(本書p16-17)。

これはホピの言語においては「過去は現在と区別されない」ということ、そして彼らが「以前あったことは(同じ日の再訪としての)今日のなかにすべて畳み込まれていて、遠い先の抽象的な未来など存在しない」という時間意識の下に生きていることを端的に表している。これは近代合理主義の先っちょで、人生の一回性を痛切に感じつつ、たえず前方へ流れていく時間の中で生きている人にとってはまずありえない発想だろう。

むしろ彼ら原始共同体に生きた人々は、自分たちの存在のルーツとしての「あの神話時代の<かのはじめの時>の繰り返しなされる現在化re-present」(エリアーデ、本書p53)の中に生き、ちょうど近代人と逆で、何度も繰り返され、決して一回限りの経験ではないものにこそ価値を置いていた。

そして実はこれ、占星術や占星術で使うホロスコープ(天宮図)には馴染み深い発想だったりするのだ。ある個人の誕生時のホロスコープ(出生図)は、太陽系の各天体が象徴するその人の潜在的な発展性や人生における主要な出来事の大筋を表すものであり、こうした考え方は過去は次々と無に帰してしまい決して現在化しないという直線的な時間意識の視点から見れば、ホピの人々の時間意識と同様に矛盾だらけに映るだろう。

とは言え、理性の光の下で「未来へ向けて現在を組織化する(手段化する)」ことを放棄し、いたずらに意識が分節化されていない無時間たる<かのはじめの時>―ホロスコープに沈潜し、思考停止(トランス)に入り浸ること(スピりすぎ)で、現実逃避の罠にはまったり過剰に他者に依存したり朦朧として分別を失ってしまう危険性については著者もきびしく釘を刺している。

むしろ「あっち」の世界に向かうことを志向するのではなく、「こっち」の世界にたびたび戻ってくる世界の分節(潜在的なものの顕現)過程に身を委ね、うまくリズムを合わせることで、坂を転げるかのような弾みと一緒に「あっち」の世界からエネルギーをもらってくるためにもがくことこそ、「どのように生きたらほんとうの歓びに満ちた現在を生きることができるか。他者やあらゆるものたちと歓びを共振して生きることができるか」(本書p330)という問いへのヒントになるのではないだろうか。

得てしてうまくもらえたときというのは、前稿でも少し触れたような「エスが擬人化され、自我が疎外された」牢獄に穴が開き、どこかしら溶解しているもの。風通しが悪い時は、ぜひ一読されたし。

1 2

その他の記事

「朝三暮四」の猿はおろかなのか? 「自分の物語」を知ることの大切さ(福岡要)
“スクランブル化”だけで本当の意味で「NHKから国民を守る」ことはできるのか?(本田雅一)
平昌オリンピック後に急速に進展する北朝鮮情勢の読み解き方(やまもといちろう)
前川喜平という文部科学省前事務次官奇譚(やまもといちろう)
「狭霧の彼方に」特別編 その3(甲野善紀)
東京オリンピックを痛快に破壊 ――アナウンサー吉田尚記は なぜ”テロ計画” を考える?(宇野常寛)
なぜこれほど本は売れなくなったのか(岩崎夏海)
縮む地方と「奴隷労働」の実態(やまもといちろう)
食品添加物を怖がる前に考えておきたいこと(若林理砂)
21世紀の稼ぎ頭は世界中を飛び回るシェフ、DJ、作家の三業種(高城剛)
川端裕人×荒木健太郎<雲を見る、雲を読む〜究極の「雲愛」対談>第2回(川端裕人)
揺れる情報商材 違法化、摘発への流れが強まる(やまもといちろう)
いまさらだが「川上量生さんはもう駄目なんじゃないか」という話(やまもといちろう)
ライドシェアの本質をアメリカで見た(西田宗千佳)
サウンドメディテーションという新しい旅路を探る(高城剛)

ページのトップへ