小山龍介
@ryu2net

小山龍介のメルマガ『ライフハック・ストリート』より

僕たちは「問題」によって生かされる<前編>

「ハックシリーズ」で知られる著者ふたりによる、ありそうでなかったスペシャル対談。話はゆるく始まるものの、「キャリアについて」「生きることと芸術」「成長とは何なのか」といった深~いところまでたどり着きます。ほかでは読めない貴重な内容をお届けします。

対談:小山龍介×原尻淳一

 

小山:普段、僕らは雑談レベルでは、結構いろんな話をしているんだけれども、本にはならないよね(笑)。本のネタじゃない。ひとつは時事性があるから本にするまでのタイミングにならないのと、もうひとつは「あくまで仮説レベル」なんだよね。

原尻:ほとんど、仮説だね。

小山:「証明しろ」と言われても困るよね。そういうこともあって、今までこういうやりとりは文字にはならなかったんですけれども、今回メルマガという媒体もあるので、これを記事にしてお届けしたいと思います!

原尻:はい。(笑)

 

「清水少年」のエピソード

小山: 先日、場の研究所の清水博先生と、「大地の芸術祭」[*1]が行われている越後妻有に行ってきました。そして向こうで、清水先生が小学生たちに書籍『コペルニクスの鏡』の話をしたんだよね。僕もそこに同行した。話す相手の小学生は、被災地から林間学校として越後妻有に来ている子たちでした。

[*1]大地の芸術祭
http://www.echigo-tsumari.jp/

その小学生たちに、清水先生が「生きていくということはどういうことなのか」という話をした。「生きていく」ことと、「生きている」ことは、実は全然違うことなんだよね。未来に向かってどのように「生きていくか」ということは、すごく重要。そうした「生命の哲学」を、小学生に対して話したわけです。

原尻:おお!

小山:その内容が、本当にすばらしい内容だったんだよね。

まず、清水先生が小学生の頃のことを思い出して語るところから、話は始まった。

その頃はまだ戦時中で、根性がないやつ、勇気がないやつはダメだという風潮があった。子どもたちは川に連れて行かれて、泳げないのに高い崖の上から次々にボン、ボン、ボンと飛び込まされていって、溺れつつも、だんだん泳げるようになっていく。そんな乱暴なことをやっていた時代。

ほとんどの子どもは、飛び込んで溺れながら泳ぎ方を覚えていくのに対して、清水少年は、「自分はそういうアプローチとは違う方法でいこう」と観察をはじめるんです。岩陰から覗いて「泳げる人」と「泳げずに溺れている人」の違いを真剣に観察した。そうしたらある法則が見つかったと言うんだよね。

それは「泳げずに溺れている人は、溺れたくないから顔を上げようとしている。一方、泳げる人は顔をつけている」ということ。「ああ、自分から顔をつけるようにすれば、溺れずにスッと泳いでいけるんだ」ということに気づいた。顔をつけるのは、怖いことだけれども。

そこで、自分も、最初はまず水に顔をつけてみた。そうしたら、確かにそんなにバチャバチャする必要もないということが分かった。慣れてきたら今度は手を動かしてみた。そうしたら他の子どもたちが「先生! 清水君が、泳いでます!」って(笑)。

原尻:あはははは!

小山:そうやって、みんなに驚かれたという話があって(笑)。

1 2 3 4
小山龍介
1975年生まれ。コンセプトクリエーター。株式会社ブルームコンセプト代表取締役。京都大学文学部哲学科美術史卒業後、大手広告代理店勤務を経てサンダーバード国際経営大学院でMBAを取得。商品開発や新規事業立ち上げのコンサルティングを手がけながら、「ライフハック」に基づく講演、セミナーなどを行う。『IDEA HACKS!』『TIME HACKS!』など著書多数。訳書に『ビジネスモデル・ジェネレーション』。2010年から立教大学リーダーシップ研究所客員研究員。

その他の記事

ライドシェア問題に寄せて(やまもといちろう)
中島みゆきしか聴きたくないときに聴きたいジャズアルバム(福島剛)
元は取れるのか!? 定額衣装レンタル「bemool」を試してみた(小寺信良)
「アジカン」ゴッチと一緒に考える、3.11後の日本(津田大介)
「いままで」の常識が通じない「宇宙気候変動」について(高城剛)
「テレビを作る側」はどこを向いているか(小寺信良)
伊達政宗が「食べられる庭」として築いた「杜の都」(高城剛)
人事制度で解く 「織田信長の天下布武」(城繁幸)
ポストコロナという次の大きな曲がり角(高城剛)
ガースーVS百合子、非常事態宣言を巡る争い(やまもといちろう)
怒りを動機にした分析は必ず失敗する(名越康文)
女の体を食い物にする「脅し系ナチュラル」との戦い方(若林理砂)
日本のものづくりはなぜダサいのか–美意識なき「美しい日本」(高城剛)
ソーシャルビジネスが世界を変える――ムハマド・ユヌスが提唱する「利他的な」経済の仕組み(津田大介)
資本主義の「貪欲さ」から逃げるように拡散するエッジ・ブルックリンの本当の魅力(高城剛)
小山龍介のメールマガジン
「ライフハック・ストリート」

[料金(税込)] 770円(税込)/ 月
[発行周期] 月3回配信(第1,第2,第3月曜日配信予定)

ページのトップへ