内田樹のメルマガ『大人の条件』より

メディアの死、死とメディア(その1/全3回)

「一期一会」が身体実感としてあった

内田:今、平川君が言ったみたいに、確かに禅や茶の湯などが日本的な美的生活の原型を作ったと思う。だけれど、それは戦国時代でしょう。死が非常に身近にあった時代の話で。今、対面してしゃべっている人間と次にいつ会えるか分からない。もう会えないかも知れない。「これが今生の見納めかも……」ということが、年齢と関係なしに日常的にあったと思うんだよね。

「一期一会」というのはメタフィジカルな意味ではなくて、身体実感としてあった。「ここでお別れしたら、あなたとはこれきりかもしれないから」という切迫感があったから、とりあえず手元にあるもので、最大限のもてなしをする。今ここに、空間があって、お茶碗があって、水が一杯あったら、これを今生の別れの席に見立てて、唯一無二のかけがえのない時間として共有する。そういうリアルな切迫感があったと思うんだよ。

これは養老(孟司)先生が言っていたことだけれど、江戸時代以降は都市文化になった。けれども、戦国時代、つまり、17世紀のはじめぐらいまでは、まだぎりぎり都市文化にはなっていない。人間自身も脆く、壊れやすい身体を持っているし、住んでいる街もすぐに戦火に焼かれて「大廈高楼も一夜にして灰燼に帰して……」という感じで、万事儚く、常ならず、ということが身体実感としてあった。

年齢と関係なく「死」が切迫してた。だから、今生きている時間をどう意味のあるものにしていくか。それが実存的な課題としてつねに迫っていた時代だったと思う。そういう時代だから、美的なものが集中的に錬成されていった。そういうことじゃないかな。

平川:心中というのがあるでしょう? 『心中天網島』の(※2)。

※2 近松門左衛門作の人形浄瑠璃。享保5年(1720)初演。全三段の世話物で、同年に起きた、紙屋治兵衛と遊女小春の心中事件を脚色したもの。『心中天の網島―現代語訳付き』

内田:近松のね。

平川:そう。すごく流行したらしいんだけど、まったく暗くないんだよね。それで心中することが目的みたいになっている。そんな風に江戸研究の学者さんが話しているのを聞いたことがあるんですが、この心中というのも、「死」が生活の中に頻繁に現れているというか、「死」がすぐ隣にないと、出てこない発想だと思いますよ。

さきほど言った「ジ・エンド」、「ゴール」というのは、基本的には経済成長史観なんだよね。そうではなくて、君が言いたかったのは、「死と生はあざなえる縄のごとく、いつも一緒に存在している」ということだと思うんだよね。それで、あの文章を書いたのはなぜ?

1 2 3 4

その他の記事

日本は経済活動の自由がある北朝鮮(高城剛)
ソフトキーボード、ほんとうに「物理キーと同じ配列でいい」の?(西田宗千佳)
部屋を活かせば人生が変わる! 部屋が片付けられない人の5つの罠(岩崎夏海)
「一人でできないこと」を補う仕組み–コワーキングスペースが持つ可能性(家入一真)
自分らしくない自分を、引き受けよう(家入一真)
企業のトップストーリーについて思うこと(やまもといちろう)
時の流れを泳ぐために、私たちは意識を手に入れた(名越康文)
少子化を解消するカギは「家族の形」にある(岩崎夏海)
カバンには数冊の「読めない本」を入れておこう(名越康文)
なぜ若者に奴隷根性が植えつけられたか?(前編)(岩崎夏海)
成功を目指すのではなく、「居場所」を作ろう(小山龍介)
腸内細菌のケアを心がけたい梅雨の季節(高城剛)
食品添加物を怖がる前に考えておきたいこと(若林理砂)
開発者会議で感じた「AWS」という企業の本質(西田宗千佳)
ファーウェイ問題から想像する強者にとっての心地よさ(本田雅一)

ページのトップへ