内田樹のメルマガ『大人の条件』より

メディアの死、死とメディア(その1/全3回)

「一期一会」が身体実感としてあった

内田:今、平川君が言ったみたいに、確かに禅や茶の湯などが日本的な美的生活の原型を作ったと思う。だけれど、それは戦国時代でしょう。死が非常に身近にあった時代の話で。今、対面してしゃべっている人間と次にいつ会えるか分からない。もう会えないかも知れない。「これが今生の見納めかも……」ということが、年齢と関係なしに日常的にあったと思うんだよね。

「一期一会」というのはメタフィジカルな意味ではなくて、身体実感としてあった。「ここでお別れしたら、あなたとはこれきりかもしれないから」という切迫感があったから、とりあえず手元にあるもので、最大限のもてなしをする。今ここに、空間があって、お茶碗があって、水が一杯あったら、これを今生の別れの席に見立てて、唯一無二のかけがえのない時間として共有する。そういうリアルな切迫感があったと思うんだよ。

これは養老(孟司)先生が言っていたことだけれど、江戸時代以降は都市文化になった。けれども、戦国時代、つまり、17世紀のはじめぐらいまでは、まだぎりぎり都市文化にはなっていない。人間自身も脆く、壊れやすい身体を持っているし、住んでいる街もすぐに戦火に焼かれて「大廈高楼も一夜にして灰燼に帰して……」という感じで、万事儚く、常ならず、ということが身体実感としてあった。

年齢と関係なく「死」が切迫してた。だから、今生きている時間をどう意味のあるものにしていくか。それが実存的な課題としてつねに迫っていた時代だったと思う。そういう時代だから、美的なものが集中的に錬成されていった。そういうことじゃないかな。

平川:心中というのがあるでしょう? 『心中天網島』の(※2)。

※2 近松門左衛門作の人形浄瑠璃。享保5年(1720)初演。全三段の世話物で、同年に起きた、紙屋治兵衛と遊女小春の心中事件を脚色したもの。『心中天の網島―現代語訳付き』

内田:近松のね。

平川:そう。すごく流行したらしいんだけど、まったく暗くないんだよね。それで心中することが目的みたいになっている。そんな風に江戸研究の学者さんが話しているのを聞いたことがあるんですが、この心中というのも、「死」が生活の中に頻繁に現れているというか、「死」がすぐ隣にないと、出てこない発想だと思いますよ。

さきほど言った「ジ・エンド」、「ゴール」というのは、基本的には経済成長史観なんだよね。そうではなくて、君が言いたかったのは、「死と生はあざなえる縄のごとく、いつも一緒に存在している」ということだと思うんだよね。それで、あの文章を書いたのはなぜ?

1 2 3 4

その他の記事

Appleがヒントを示したパソコンとスマホの今後(本田雅一)
温泉巡りで気付いた看板ひとつから想像できる十年後の街並み(高城剛)
怪しい南の島が目指す「金融立国」から「観光立国」への道(高城剛)
「モザイク」は誰を守っているのか−−向こう側からは見えている(小田嶋隆&平川克美)
山口組分裂を人事制度的に考察する(城繁幸)
気候変動が影響を及ぼす人間の欲望のサイクル(高城剛)
スマホVRの本命「Gear VR」製品版を試す(西田宗千佳)
国が“氷河期世代”をなんとかしようと言い出した時に読む話(城繁幸)
「高倉健の死」で日本が失ったもの(平川克美×小田嶋隆)
AirPodsから考えるBluetoothの「切り換え」問題(西田宗千佳)
最近笑顔の減った男性は要注意!? 「つられ笑い」は心身の健やかさの指標(名越康文)
Oculus Go時代に「Second Life」を思い出す(西田宗千佳)
宇野常寛特別インタビュー第5回「落合陽一のどこが驚異的なのか!」(宇野常寛)
タロット、ルノルマン……人はなぜ「カード占い」にはまるのか(鏡リュウジ)
NFCでデータ転送、パナソニックの血圧計「EW-BW53」(小寺信良)

ページのトップへ