内田樹のメルマガ『大人の条件』より

メディアの死、死とメディア(その1/全3回)

パーソナリティ
内田 樹 Uchida Tatsuru
平川克美 Hirakawa Katsumi

 

死がスタートラインになる

平川:先日の君のブログ、タイトルは「死ぬ言葉」だったっけ。そこで「死」「Death」について書いていたでしょう。あの文章がすごく良くてね。

※内田ブログ「内田樹の研究室」2010年4月6日投稿参照。
http://blog.tatsuru.com/2010/04/06_1304.php

今日は「死」についてのメタフィジック、形而上学をやりたいな、と思っていたんですよ。そろそろ僕らもそんな年まわりだし、僕はこの間、死の淵を歩いている人を隣で介抱していたものですから、思うところがいろいろありましてね。君が書いた文章には思わず膝を打ったんですよ。一番良かったのは、死を忌避する理由として……。

内田:一回死んじゃうと二度と死ねない。

平川:そう。その逆説は、レトリックとしてはもちろんありだと思うんだけど、そのことを実感レベルで言えるかどうか、ということが非常に問題なわけですよ。

内田:年取ったからね、われわれもね。

平川:若いやつがそれを言っても、何を言っているんだ、という話になると思います。言葉を弄んでいるレベルになっちゃうと思う。一回死んだら二度と死ねない。つまり裏を返せば、生きている、ということは何なんだ? ということですよね。「死」というものがなければ、生きているということも、もちろんないわけです。若い時は生きることを中心に考えるから、「死」はいちばん最後にある。これが来たらジ・エンドなんだよね。ところがある一定の年になると……。

内田:スタートラインになるよね。ゴールかスタートかというとね。発想が変わってきて、死んだときの自分を想定して、そこから逆算して今を位置付けるようになる。

平川:その話をするのに美学から入ったでしょ?

内田:美的生活。

平川:これが良かったんですよ。

内田:ああ、そうだったのか。

平川:そういう書き方をする人はなかなかいませんよ。日本には「美学」というかたちでの学問はあまりないわけです。ところが、ほとんどすべてのものが、実は美学なんだよね。茶の湯にしても、禅にしても……。根本にあるのは「死」です。「生」の反対概念というか。でもこれはほとんど一緒なんですね。「死」を考えるということは、「生きる」ということについて考えること、どう立ち向かうかを考えることです。これは「美学」でしょう。逆に言うと、ヨーロッパの場合は、学問の体系に「美学」という一つの範疇があるわけです。美学者というのがいるぐらいだから。

内田:迷亭先生ね(※1)。

※1 夏目漱石の小説『吾輩は猫である』に登場する人物。主人公珍野苦沙弥の友人の美学者。

平川:でも日本はちょっと違うよね。

1 2 3 4

その他の記事

貧富の差がなくなっても人は幸せにはなれない(家入一真)
萌えセックス描写溢れる秋葉原をどうするべきか(やまもといちろう)
働き方と過ごし方。人生の“幸福の総量”とは(本田雅一)
浜松の鰻屋で感じた「食べに出かける」食事の楽しみと今後の日本の食文化のヒント(高城剛)
Appleがヒントを示したパソコンとスマホの今後(本田雅一)
画一化するネットの世界に「ズレ」を生み出すということ(西田宗千佳)
クラウドの時代、拠点はシリコンバレーからシアトルへと移り変わるのか(高城剛)
「アジカン」ゴッチと一緒に考える、3.11後の日本(津田大介)
スマホが売れないという香港の景気から世界の先行きを予見する(高城剛)
2018年は誰もが信じていたことがとても信用できなくなる事態が多発するように思われます(高城剛)
いまさらだが「川上量生さんはもう駄目なんじゃないか」という話(やまもといちろう)
「天才はなぜチビなのか」を考えてみる(名越康文)
ゴジラは「映画」だーー本多猪四郎を語るために欠かせなかった7つの課題(切通理作)
「風邪のときは食べないで胃腸を休めなさい」は本当?(若林理砂)
『声の文化と文字の文化』ウォルター・オング著(森田真生)

ページのトップへ