内田樹のメルマガ『大人の条件』より

メディアの死、死とメディア(その1/全3回)

パーソナリティ
内田 樹 Uchida Tatsuru
平川克美 Hirakawa Katsumi

 

死がスタートラインになる

平川:先日の君のブログ、タイトルは「死ぬ言葉」だったっけ。そこで「死」「Death」について書いていたでしょう。あの文章がすごく良くてね。

※内田ブログ「内田樹の研究室」2010年4月6日投稿参照。
http://blog.tatsuru.com/2010/04/06_1304.php

今日は「死」についてのメタフィジック、形而上学をやりたいな、と思っていたんですよ。そろそろ僕らもそんな年まわりだし、僕はこの間、死の淵を歩いている人を隣で介抱していたものですから、思うところがいろいろありましてね。君が書いた文章には思わず膝を打ったんですよ。一番良かったのは、死を忌避する理由として……。

内田:一回死んじゃうと二度と死ねない。

平川:そう。その逆説は、レトリックとしてはもちろんありだと思うんだけど、そのことを実感レベルで言えるかどうか、ということが非常に問題なわけですよ。

内田:年取ったからね、われわれもね。

平川:若いやつがそれを言っても、何を言っているんだ、という話になると思います。言葉を弄んでいるレベルになっちゃうと思う。一回死んだら二度と死ねない。つまり裏を返せば、生きている、ということは何なんだ? ということですよね。「死」というものがなければ、生きているということも、もちろんないわけです。若い時は生きることを中心に考えるから、「死」はいちばん最後にある。これが来たらジ・エンドなんだよね。ところがある一定の年になると……。

内田:スタートラインになるよね。ゴールかスタートかというとね。発想が変わってきて、死んだときの自分を想定して、そこから逆算して今を位置付けるようになる。

平川:その話をするのに美学から入ったでしょ?

内田:美的生活。

平川:これが良かったんですよ。

内田:ああ、そうだったのか。

平川:そういう書き方をする人はなかなかいませんよ。日本には「美学」というかたちでの学問はあまりないわけです。ところが、ほとんどすべてのものが、実は美学なんだよね。茶の湯にしても、禅にしても……。根本にあるのは「死」です。「生」の反対概念というか。でもこれはほとんど一緒なんですね。「死」を考えるということは、「生きる」ということについて考えること、どう立ち向かうかを考えることです。これは「美学」でしょう。逆に言うと、ヨーロッパの場合は、学問の体系に「美学」という一つの範疇があるわけです。美学者というのがいるぐらいだから。

内田:迷亭先生ね(※1)。

※1 夏目漱石の小説『吾輩は猫である』に登場する人物。主人公珍野苦沙弥の友人の美学者。

平川:でも日本はちょっと違うよね。

1 2 3 4

その他の記事

教育経済学が死んだ日(やまもといちろう)
住んでいるだけでワクワクする街の見つけ方(石田衣良)
成功する人は「承認欲求との付き合い方」がうまい(名越康文)
仮想通貨に関する概ねの方針が出揃いそう… だけど、これでいいんだろうか問題(やまもといちろう)
『悲劇の誕生』ニーチェ著(茂木健一郎)
古い枠組みから脱するための復活の鍵は「ストリート」(高城剛)
「高倉健の死」で日本が失ったもの(平川克美×小田嶋隆)
ズルトラ難民が辿り着く先、HUAWEI P8max(小寺信良)
アイデアを生む予定表の「余白」(岩崎夏海)
「プログラマー的思考回路」が人生を変える(家入一真)
「実現可能な対案」としての『東京2020 オルタナティブ・オリンピック・プロジェクト』(宇野常寛)
ゆたぼん氏の「不登校宣言」と過熱する中学お受験との間にある、ぬるぬるしたもの(やまもといちろう)
クラウドの時代、拠点はシリコンバレーからシアトルへと移り変わるのか(高城剛)
ファーウェイ問題から想像する強者にとっての心地よさ(本田雅一)
「交際最長記録は10カ月。どうしても恋人と長続きしません」(石田衣良)

ページのトップへ