やまもといちろうメルマガ「人間迷路」より

格闘ゲームなどについて最近思うこと



 「最近ゲーム業界に山本が帰ってきて何をごそごそやっているの」という風評をされて、かつてご一緒していたゲーム系ビジネスの方よりメールを頂戴することが増えてきました。

Evo Japan is Coming, More Details at Tokyo Game Show

[速報][EVO2016]「EVO Japan」,やります。4Gamer×松竹BC×HUGの協力で,日本版EVOを実現。詳細はTGS 2016にて

 簡単に言ってしまうと、東京ゲームショウ(9月15日から18日)でも発表することではあるのですが、いま全米で由緒ある格闘ゲームイベントである「Evolution」を2018年に日本で開催するべく製作委員会の立ち上げや実行準備などをやっております。

 しかも、他の仕事とちょっと立場が違うのは、いままでのように企画を持ち込んで資金調達や権利分割を仕切って製作委員会を立ち上げたら終わり、というのではなく、どういうわけか今回は中に入って実行のところまでご一緒するという、私にとっては比較的珍しいチャレンジを今回させていただいています。

 立場的にどうだとか、何か邪悪なことがあるのかと言っても特に何もないので邪推されるほどのことではありません。ただ、この界隈は芸能界とは違った意味で面倒くさい世界でもあるので、いろんな揉め事もあるでしょうし、騒ぎが起きることも出るでしょう、そういうときに名刺をもって「こんにちは」とお伺いするのが私の一番の役割であると思っております。

 「有事にならないと役に立たない人」と言われてしまいそうですが、誰かからどのような評価を受けようと、自分は神から与えられた自分の役割を粛々と全うするだけだと考えておりますので、ぜひお見知りおきを。もちろん、御多分に漏れずあんまり前面に出てわーわー喋ったりするようなことは今回もありません。無難に堅実にひっそりと務めたいと存じます。

 東京ゲームショウにきたら、ぜひ4Gamer.netのブースに足をお運びください。
 プロレスやってるんで。

 

やまもといちろうメールマガジン「人間迷路」

Vol.164 久しぶりにゲームの仕事やりますというお知らせと、ビジネスジャーナル捏造記事事件に触れつつウェブ配信ビジネスの課題を考えてみる回
2016年8月31日発行号 目次
187A8796sm

【0. 序文】格闘ゲームなどについて最近思うこと
【1. インシデント1】サイゾー系列「ビジネスジャーナル」で発生したエア取材の捏造記事事件
【2. インシデント2】ウェブ配信と採算性
【3. 迷子問答】迷路で迷っている者同士のQ&A

やまもといちろうメールマガジン「人間迷路」のご購読はこちらから

やまもといちろう
個人投資家、作家。1973年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒。サイバーインテリジェンス研究所統計技術主幹など歴任。IT技術関連のコンサルティングや知的財産権管理、コンテンツの企画・制作に携わる一方、高齢社会研究や時事問題の状況調査も。日経ビジネス、文春オンライン、みんなの介護、こどものミライなど多くの媒体に執筆し「ネットビジネスの終わり(Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など著書多数。

その他の記事

『もののあはれ』の実装は可能か(宇野常寛)
「私、寝袋で寝ようかな」と奥さんが言った(編集のトリーさん)
『犯る男』朝倉ことみさん、山内大輔監督インタビュー 「ピンク映画ってエロだけじゃない、こんなすごいんだ」(切通理作)
少林寺、そのセックス、カネ、スキャンダル(ふるまいよしこ)
「編集者悪者論」への違和感の正体(西田宗千佳)
週刊金融日記 第277号 <ビットコイン分裂の経済学、ハードフォーク前夜の決戦に備えよ他>(藤沢数希)
「蓮舫代表辞任」後の民進党、野党、ひいては反自民について考える(やまもといちろう)
ネットも電気もない東アフリカのマダガスカルで享受する「圏外力」の楽しみ(高城剛)
奥さんに内緒で買った子供向けじゃないおもちゃの話(編集のトリーさん)
オリンピックという機会を上手に活かせたロンドンは何が違ったのか(高城剛)
「コンテンツで町おこし」のハードル(小寺信良)
なぜ若者がパソコンを使う必要があるのか(小寺信良)
Kindle Unlimitedのラインナップ変更は「日本への対応」不足が原因だ(西田宗千佳)
どうすれば「親友」ができるのか–赤の他人に興味を持つということ(名越康文)
コロラドで感じた大都市から文化が生まれる時代の終焉(高城剛)
やまもといちろうのメールマガジン
「人間迷路」

[料金(税込)] 756円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回前後+号外

ページのトップへ