【不定期連載】編集のトリーさんの事件簿(1)

奥さんに内緒で買った子供向けじゃないおもちゃの話

 

先日、奥さんに黙っておもちゃを買いまして。

 

なんていうか、説明しづらいしろものでね。
おもちゃはおもちゃなんですけど、子供向けじゃないやつで。

でも大人向けだからといって「大人のおもちゃ」というとおかしな感じになりますからね。

 

「ごめん、大人のおもちゃ買いたんだけどいい?」って聞いたらいよいよ頭おかしい人だと思われますからね。

 

キャストパズル」っていうんですけどね。

要は知恵の輪なんだけど、これがしかし、甘く見ていると痛い目に遭う代物でして。

 

大人のおもちゃ、もとい、大人の知恵の輪っていうかね。
なかなか大変なものなんですよ。

 

ご存じないですかね?

アルミか何かの削りだしっぽい質感で、けっこう精巧にできていて、重量感があって……

 

今は閉店しちゃいましたけど、「王様のアイデア」っていう店で昔、僕はよく見かけましてね。見かけるたびにほしくてね。

 

当時は私も一人者だったので、家には衝動買いしたくだらないものであふれてたんですけど。

見るたびに、やばいなー、やばいなーって。
買っちゃうとやばいなーって思いながら眺めていたわけですよ。

王様のアイデアがいつの間にか閉店しちゃってから見かけなくてね。いやー大丈夫かなー、もう大丈夫かなーって思ってたんですけど。

 

自分の子供のおもちゃを物色するようになってから、再び、いろんなところで目につくようになりまして。東急ハンズとかにいくともうね。

やばいなー、あるんじゃないかなー。
あるとやだなー(うれしいけど)。
やばいなー買っちゃうなーて。

でね、今週の月曜日に3つ届いたんですよ。

 

1 2 3

その他の記事

揺れる「全人代」が見せるコロナと香港、そして対外投資の是非(やまもといちろう)
「不自由さ」があなたの未来を開く(鏡リュウジ)
少子化問題をめぐる日本社会の「ねじれ」(岩崎夏海)
生き残るための選択肢を増やそう(前編)(家入一真)
自分との対話として「書く」ということ(高城剛)
人はなぜ「モテたい」のか? いかにして集注欲求を昇華させるかが幸福のカギ(名越康文)
「定額制コンテンツサービス」での収益還元はどうなっているのか(西田宗千佳)
JAXAで聞いた「衛星からのエッジコンピューティング」話(西田宗千佳)
中央集権的システムがもたらす「あたらしい廃墟」(高城剛)
テレビのCASがまたおかしな事に。これで消費者の理解は得られるか?(小寺信良)
テクノロジーの成熟がもたらす「あたらしいバランス」(高城剛)
Macを外でどーすんだ問題を解決する「cheero Power Deluxe」(小寺信良)
見捨てられる子供の安全(小寺信良)
アメリカ・家電売り場から見える家電の今(西田宗千佳)
古い日本を感じる夏のホーリーウィークを満喫する(高城剛)

ページのトップへ