紀里谷和明
@kazuaki_kiriya

紀里谷和明のメールマガジン「PASSENGER」より

自分の「生き方」を職業から独立させるということ


 

強い人間を善とするシステム

「強い人間」だけを尊ぶ世界の何がまずいかというと、結局、「強い人間」の座を手に入れた人間も、幸せになれないということなんですよ。

「いつか自分も弱者になってしまうかもしれない」という可能性に対して、恐怖を抱くじゃないですか。ドロップアウトに対する恐怖から、終わりのない戦いに巻き込まれていく。

「自分が損しないように根回ししておかなきゃ」とか「ほかの人間を蹴落とさないといけない」とか、恐怖から生まれる工夫にろくなものはない。

「そういう世界で頑張っていても幸せになれない」ということを、若い世代の人は感覚でわかっているような気がする。

これはただの予測だけど、世界は地域や国家を超越して、「シェア」派と「ひとりじめ」派に人間の集団が二分化していくんじゃないかとも思います。

先進国の中から「シェア」を志向する人がたくさん出てきて、すでに自然と調和した暮らしを実践している国の人々に教わるということもたくさん起こるだろうし、今まさに経済発展している国で「ひとりじめ」志向に傾いているインドや中国の人たちが、つながるということもあるだろうし。

俺はずっと人間を「分けるな」って言ってたけど「もう、ふたつに分けたほうがいいのかもしれないな」とも思います。水と油のように交わらない気がするから。

近年のアメリカには非常にがっかりしている。「なんでこんなことになっちゃったんだろう」と。もっと寛容で、多様性を求める国だったのに、今は非常にシステムにがんじがらめな感じがします。

――アメリカが国として変わってしまったというのは、やっぱり9.11以降なんでしょうか?

そうですね。俺はグリーンカード(永住権)を持っているんですが、もう手放そうかな思っているくらいです。

――「シェア」派と「ひとりじめ」派に分かれたあと、新たな争いが生まれてしまう可能性もあるんでしょうか?

そこはもう、繰り返しですよね。「シェア」を志向する人たちが、結局は駆逐されてしまうのかもしれないし、そこはわからないですよね。

 

【今週のキリヤ語録】
「憧れ」がわけのわからない車輪を動かして、その車輪が暴走することによって人の血が流れている

 

 

紀里谷和明メールマガジン「PASSENGER」

36
映画監督紀里谷和明によって立ち上げられた会員制クリエイティブメディア『PASSENGER』。PASSENGERと連動して配信されるメルマガでは、映像、クリエイティブ業界のビジネストレンドや紀里谷和明の素顔、本質に迫るトークなど、盛り沢山のコンテンツをお届けします。紀里谷和明監修の写真作品やメイキング風景も、メルマガ内記載のパスワードを使ってご覧頂けます。

ご購読はこちらから
PASSENGER:http://passenger.co.jp

1 2 3
紀里谷和明
映画監督・写真家紀里谷和明。生まれ育った熊本から15歳で単身渡米、全米屈指のアートスクールで建築・デザイン・音楽・絵画・写真などを学ぶ。世界中を旅しながら、PVやCMなど表現の場を広げ、2016年には初のハリウッド長編映画を公開予定。 紀里谷和明公式サイト:Kiriya.com/クリエーターSNSサイト:freeworld.tv

その他の記事

そもそも国にGAFAなどプラットフォーム事業者を規制できるのか?(やまもといちろう)
立憲民主党の経済政策立案が毎回「詰む」理由(やまもといちろう)
決められないなら、委ねよう(天野ひろゆき)
働かないのか? 働けないのか? 城繁幸×西田亮介特別対談(前編)(城繁幸)
「不倫がばれてから食生活がひどいです」(石田衣良)
本当に大切な仕事は一人にならなければできない(やまもといちろう)
川の向こう側とこちら側(名越康文)
週刊金融日記 第307号【確定申告の季節ですがこれから事業をはじめる人にアドバイス、出口戦略言及で日本円が大躍進他】(藤沢数希)
嗤ってりゃいいじゃない、って話(やまもといちろう)
今週の動画「切込入身」(甲野善紀)
会社を立ち上げました–家入流「由来を語れる」ネーミングについて(家入一真)
感度の低い人達が求める感動話(本田雅一)
週刊金融日記 第279号 <ビットコインはバブルなのか、トランプvs金正恩チキンレースで米朝開戦の危機他>(藤沢数希)
名越先生、ゲームをやりすぎると心に悪影響はありますか?(名越康文)
大騒ぎの野球賭博と山口組分裂騒動あれこれ(やまもといちろう)
紀里谷和明のメールマガジン
「PASSENGER」

[料金(税込)] 864円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回(金曜日配信予定)

ページのトップへ