岩崎夏海
@huckleberry2008

岩崎夏海の競争考(その19)

夕陽的とは何か?(後編)

※「競争考」はメルマガ「ハックルベリーに会いに行く」で連載中です!

岩崎夏海の競争考(その19)夕陽的とは何か?(後編)

 

「正しく怒る」ためには、「正しい正しさ」を知ることが必要だ。では、「正しい正しさ」を知るためにはどうすればいいか? それは、「夕陽」を参考にすることだ。「夕陽がなぜ美しいか」ということを構造的に理解し、それを物差しにすることで、「正しい正しさ」を知ることができる。そこで今回も、前回に引き続き「夕陽がなぜ美しいか」ということを考えていきたい。

 

美しさの秘訣は、「変化が早い」こと

夕陽がなぜ美しいか? それは「変化が早い」からだ。昼と夜の境界だから、あっという間に景色が移り変わっていく。それが、美しさの秘訣となっているのだ。

人は、変化が早いものが好きである。DNAのレベルでそうプログラミングされている。例えば、人は「流れの速い川」が好きである。ほとんど無条件で引き込まれる。台風のときなど、危ないにもかかわらず、濁流となった川に多くの人が見入っている。あるいは、ニュース映像で流れると、誰でも息を止めて見てしまう。

ちなみに「面白い」というのは、「面白い」と感じられるようなものではまだレベルが低い。本当に面白いものは、無条件で引き込まれる。つい見てしまう。だから、「面白い」と思う暇がない。

例えば、街で誰かが喧嘩していると、つい引き込まれてしまう。これなどは、「面白さ」のレベルがとても高いということができよう。その逆に「このコンテンツ面白いなあ」というふうに、面白いと自覚できるようではまだまだなのだ。本なども、本当に面白いものは、それこそ寝る間も惜しんでつい読みふけってしまう。

 

面白さを生み出す魔法

「変化の早いもの」も、これと同じだ。人間は、ついそれに魅入られる。ちなみに、最近YouTubeで「タイムラプス」という、動画をハイスピードで再生する映像が流行っているが、これなどもまさに「変化が早い」のが面白がられている理由だ。変化が早いと、なんでも面白く見られるのである。チャップリンなど昔のコメディ映画も、再生スピードが早くなっていた。すると、通常のスピードよりも面白く見えるのだ。変化を早くするというのは、面白さを生み出す魔法だ。どんなものでも、変化を早くさせるだけでも面白くなるのである。

そこから逆算すると、変化するもの、変化の激しいものは、正しく、美しい――と判断がすることができる。例えば「子供」――それも赤ん坊。赤ん坊は、とても変化が激しい。幼ければ幼いほど、変化のスピードは早くなる。だから、赤ん坊は「正しい」のだ。そしてまた、「美しい」のである。

おそらく、赤ん坊が正しくなかったり美しくなかったりしたら、人類は絶滅しているだろう。なぜかというと、子育てにはさまざまな困難が伴うからだ。人類はそれを、彼らが「正しい」もしくは「美しい」から乗り切っているのである。彼らが誤っていたり醜かったりしたら、とてもではないがそんな苦労をして子供を育てなくなる。彼らが正しかったり美しかったりするから、困難な面については目をつぶっているのだ。

多くの人が、赤ん坊というのは「家族」だから、あるいは自分の「血を分けた存在」だから、無条件で育てると思っている。もちろん、そういう側面もあるだろう。だが、子育てというのは、とても面白い。しかも、自覚できないほど面白いのである。つい自然とのめり込んでしまうのだ。夢中になってしまうのである。だから、子育てというのは「面白さ」のレベルがとても高いということがいえる。その面白さに、人は夢中になるのだ。

1 2
岩崎夏海
1968年生。東京都日野市出身。 東京芸術大学建築科卒業後、作詞家の秋元康氏に師事。放送作家として『とんねるずのみなさんのおかげです』『ダウンタウンのごっつええ感じ』など、主にバラエティ番組の制作に参加。その後AKB48のプロデュースなどにも携わる。 2009年12月、初めての出版作品となる『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』(累計273万部)を著す。近著に自身が代表を務める「部屋を考える会」著「部屋を活かせば人生が変わる」(累計3万部)などがある。

その他の記事

「ブラック企業」という秀逸なネーミングに隠された不都合な真実(城繁幸)
「他人に支配されない人生」のために必要なこと(名越康文)
効率良くやせるためのダイエットについてのちょっとした考察(高城剛)
「自己表現」は「表現」ではない(岩崎夏海)
ネット時代に習近平が呼びかける「群衆闘争」(ふるまいよしこ)
「直らない癖」をあっという間に直す方法(若林理砂)
世界はバカになっているか(石田衣良)
「#metoo」が本来の問題からいつの間にかすべてのハラスメント問題に広がっていくまで(やまもといちろう)
高いエステはなぜ痛いのか――刺激と退屈の心理学(名越康文)
Kindle Unlimitedのラインナップ変更は「日本への対応」不足が原因だ(西田宗千佳)
人間にとって、いったい何が真実なのか(甲野善紀)
美しいものはかくも心を伝うものなのか(平尾剛)
「犯罪者を許さない社会」っておかしいんじゃないの?(家入一真)
「逃げる」というのは「努力しない」ということじゃないよ(家入一真)
ネットは「才能のない人」でも輝けるツールではありません!(宇野常寛)
岩崎夏海のメールマガジン
「ハックルベリーに会いに行く」

[料金(税込)] 864円(税込)/ 月
[発行周期] 基本的に平日毎日

ページのトップへ