甲野善紀
@shouseikan

対話・狭霧の彼方に--甲野善紀×田口慎也往復書簡集(9)

言語を問うことの意味

どこまでも「切らない」世界を追求すること

 

これは昨年の夏、初めて夜間飛行のこの場所に原稿を書かせていただいた際にも申し上げたことなのですが、森田さんの数学における「連続と離散」のお話を伺った時に、自分の中でそのことが繋がりました。

具体的に申し上げますと、科学と宗教を「同時に引き受けた」人物である宮沢賢治の「問い」は、ある意味では「連続と離散」の問題だったのではないか、そして「科学と宗教」、「生と死」、そして「言語」の問題の背後に通奏低音のように流れている問題こそが「連続と離散」なのではないか、と思ったのです。

以前も引用させていただきましたが、吉本隆明氏は宮沢賢治について、以下のように書かれています。

「宮沢賢治は、自分は銀河系の一員であり、銀河にある太陽系の中の地球にある陸中、イーハトーブである、というようなことを言っています。となりの人や家族、社会といった人間同士の横の関係よりも、真っ先に天の星と関係していると考えていたように思います。そして、宮沢さんの考えを突き詰めていくと、人は銀河の寿命と同じだけ生きていける、という考え方に行き着くと思います。宮沢さんははっきりとそうは言っていませんが、そういうことになると僕は思うんです。

宗教家であり、科学者でもあった宮沢さんは、死とはどういうことかとか、死ぬのが怖いのはどうしてなのかといったことを、考えに考え抜いたんだと思います。そして、宗教とはその区切り目をつけないこと。つまり、銀河がある限り自分もある。永遠に生きる。死との区別をしないで、みんな生の延長だという考え方に宮沢さんは至ったと、僕は思っているんです。

そして、それはもはや幸福とか不幸とかの定義を超えたところにあるのだと思います。」(『老いの幸福論』)

連続(信仰)と離散(科学)を「両立」させること。大雑把な分け方であることを承知したうえで書かせていただきますが、「科学」とは「世界を分節化し、細かく切り分けて理解する営み」であるとすれば、「宗教」とは「どこまでも『切らない』世界を追求するもの」であるということです。

「私」と「あなた」を「切らない」。「人間」と「動物」を「切らない」。「生者」と「死者」を「切らない」。「生」と「死」自体を「切らない」。突き詰めていけば、みんな「同じ」であるという考えこそ、宮沢賢治の「信仰」だったのではないでしょうか。

また、これも以前触れた内容なので要約して書かせていただきますが、養老孟司氏は「死体」をあくまで「自分と同じ人間」であり、「自分と連続したもの」であると自分自身の身体が納得した時点で、「解剖という行は終わった」と思われたそうです。そして河合隼雄氏は、「魂」とは「分けられないものを明確に分けた途端に消えるもの」であり、「男と女」でも、「障害がある・ない」でも全て同じで、そういう区別を全部消して見ることが、「魂の観点からものを見ること」であると仰っていました。

本来、世界は「切れていない」。それを「切れている」と認識するのは人間です。その「いったん切れてしまった世界」を「切れていないもの」として認識しなおすことと、宗教的なものを含めた様々な「行」は深く関わるのではないかと、私は考えています。そして、まさにその「切る」という行為を行うもの(のひとつ)が「言語」です。

1 2 3
甲野善紀
こうの・よしのり 1949年東京生まれ。武術研究家。武術を通じて「人間にとっての自然」を探求しようと、78年に松聲館道場を起こし、技と術理を研究。99年頃からは武術に限らず、さまざまなスポーツへの応用に成果を得る。介護や楽器演奏、教育などの分野からの関心も高い。著書『剣の精神誌』『古武術からの発想』、共著『身体から革命を起こす』など多数。

その他の記事

安倍三選と野党支持低迷時代の思考法(やまもといちろう)
グリーンラッシュ:合法な大麻ビジネスがもたらす大いなる可能性(高城剛)
「どうでもいいじゃん」と言えない社会は息苦しい(紀里谷和明)
「コンテンツで町おこし」のハードル(小寺信良)
会社を立ち上げました–家入流「由来を語れる」ネーミングについて(家入一真)
新しい健康食トレンド「レクチンフリー」を日本ならではの形で試みる(高城剛)
「新聞を読んでいる人は、政治的、社会的に先鋭化された人」という状況について(やまもといちろう)
怪しい南の島が目指す「金融立国」から「観光立国」への道(高城剛)
働かないのか? 働けないのか? 城繁幸×西田亮介特別対談(前編)(城繁幸)
晴天率と自由な気分は比例するという話(高城剛)
総ブラック社会はやっぱり回避しないといけないよね~~『人間迷路』のウラのウラ(やまもといちろう)
イギリスと中国、お互いに国営メディアBANで見る価値観の衝突とプロパガンダ戦(やまもといちろう)
トヨタが掲げるEV車と「それは本当に環境にやさしいのか」問題(やまもといちろう)
高橋伴明、映画と性を語る ~『赤い玉、』公開記念ロングインタビュー(切通理作)
「学びとコンピュータ」問題の根本はなにか(西田宗千佳)
甲野善紀のメールマガジン
「風の先、風の跡~ある武術研究者の日々の気づき」

[料金(税込)] 550円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回発行(第1,第3月曜日配信予定)

ページのトップへ