高城剛メルマガ「高城未来研究所「Future Report」」より

先端医療がもたらす「あたらしい人類」の可能性に思いを馳せる

高城未来研究所【Future Report】Vol.303(2017年4月7日発行)より


今週も、那覇にいます。

この1週間は「執筆ウィーク」と自ら名打って、まるで夏休みの宿題をまとめて仕上げるように、なかなか書かなかった数冊を一気に仕上げています。
その中の一冊が、もう一年以上取材を続けている最新医療をテーマにした書籍です。

ここ数年、僕は「人類は、あたらしい進化の過程にいるのではないか」と考え続けています。

およそ十万年前、我々ホモ・サピエンスは、ネアンデルタール人を駆逐し、この星の食物連鎖の頂点に立つことができました。
その理由は、我々ホモ・サピエンスが、他種より、少しばかり脳が発達していたと言われています。
これを、僕はHuman1.0と定義しています。

その後、およそ7万年ほど前に、気候変動によって食料危機と争いが起こったアフリカを脱し、我々の先祖は紅海を超えて地球全体に広がっていったのですが、これには相当の覚悟と、海を越える等、いままでとはまったく違った知恵も必要だったはずです。
火事場の馬鹿力などと言いますが、人間は本当の危機に直面すると、驚くべき力(人間とは思えない力)を発揮することは、よく知られています。
おそらく、そのような特別な力が出なければ、海を越えて外世界へと出ることは不可能だったと思われます。
その能力が、火事場の馬鹿力だったのか、突然変異だったのか、わかりません。
この時の人々を、僕はHuman2.0と呼び、その後定住することになっても、この時から人間の脳はあまり進化しているようには見えません。
なぜなら、「それまでの世界」を脱しなければならないほどの(地球が滅亡するほどの)危機に、我々は直面していないからです。

昨年の大ベストセラーとなった「サピエンス全史」を書いたイスラエルの歴史家ユヴァル・ノア・ハラリは、人間の進化と「人類滅亡」の現実的シナリオについて、自著で具体的に話しています。
最終章「超ホモ・サピエンスの時代へ」では、生命の設計図であるDNAをある程度は自由に扱える能力を手に入れたので、人間がこの星の一動物であることを脱却し、今後、自然や偶然に身を任せる存在とは異なるステージに入ると言います。
ハラリは、過渡期に生きる我々に問題提起をし、いままでとはまったく違う「サイボーグ的な人類」の登場を教えています。
僕は、やがて訪れるこの時期をHuman3.0と呼んでおり、逆説的に「それまでの世界」を脱しなければならないほどの危機がやってくると推察しているのです。

その前段階の時代に、これをお読みの誰もが生きています。
ガラケーとスマホは、確かに機能や目的は似ていても抜本的に異なるように、いま「あたらしい人類」に向かうための先端医療は、まったくあたらしい時代に突入しています。

その最たるものが、検査です。
心身共々、なんとなく不調だけど病気だと診断されない状況に多くの人が陥り、時には、その自覚すらありません。
いままで未解の問題が、テクノロジーによって次々と明らかになっている現在、医療機器の民主化で、主治医は、そして未来や驚くべき長さになろう寿命を決めるのは、自分自身になったのです。

旧暦の3月3日まで寒いと言われる沖縄は、もうすっかり季節が変わりました。
日々25度ある日中、太古の記憶を探るようにTシャツと短パンで街を徘徊しながら、執筆を進めています。

タイトルは「不老超寿」(仮題)。
夏休み前には上梓予定です。

 

高城未来研究所「Future Report」

Vol.303 2017年4月7日発行

■目次
1. 近況
2. 世界の俯瞰図
3. デュアルライフ、ハイパーノマドのススメ
4. 未来放談
5. 身体と意識
6. Q&Aコーナー
7. 著書のお知らせ

23高城未来研究所は、近未来を読み解く総合研究所です。実際に海外を飛び回って現場を見てまわる僕を中心に、世界情勢や経済だけではなく、移住や海外就職のプロフェッショナルなど、多岐にわたる多くの研究員が、企業と個人を顧客に未来を個別にコンサルティングをしていきます。毎週お届けする「FutureReport」は、この研究所の定期レポートで、今後世界はどのように変わっていくのか、そして、何に気をつけ、何をしなくてはいけないのか、をマスでは発言できない私見と俯瞰的視座をあわせてお届けします。

高城剛
1964年葛飾柴又生まれ。日大芸術学部在学中に「東京国際ビデオビエンナーレ」グランプリ受賞後、メディアを超えて横断的に活動。 著書に『ヤバいぜっ! デジタル日本』(集英社)、『「ひきこもり国家」日本』(宝島社)、『オーガニック革命』(集英社)、『私の名前は高城剛。住所不定、職業不明。』(マガジンハウス)などがある。 自身も数多くのメディアに登場し、NTT、パナソニック、プレイステーション、ヴァージン・アトランティックなどの広告に出演。 総務省情報通信審議会専門委員など公職歴任。 2008年より、拠点を欧州へ移し活動。 現在、コミュニケーション戦略と次世代テクノロジーを専門に、創造産業全般にわたって活躍。ファッションTVシニア・クリエイティブ・ディレクターも務めている。 最新刊は『時代を生きる力』(マガジンハウス)を発売。

その他の記事

99パーセントの人が知らない感情移入の本当の力(名越康文)
「爆買いエフェクト」と沖縄が抱えるジレンマ(高城剛)
古い日本を感じる夏のホーリーウィークを満喫する(高城剛)
今週の動画「切込入身」(甲野善紀)
世界百周しても人生観はなにも変わりませんが、知見は広がります(高城剛)
暗い気分で下す決断は百パーセント間違っている(名越康文)
日本が世界に誇るべき観光資源、温泉について(高城剛)
【第3話】見よ、あれがユニオンズの星だ!(城繁幸)
仮想通貨はトーチライトか?(やまもといちろう)
いじめられたくなければ空気を読め(岩崎夏海)
改めて考える「ヘッドホンの音漏れ」問題(西田宗千佳)
人はなぜ働くのか(岩崎夏海)
週刊金融日記 第270号 <小出恵介美人局事件とベイズ統計学 ~なぜナンパは最も安全な出会いなのか 他>(藤沢数希)
どうせ死ぬのになぜ生きるのか?(名越康文)
高齢の親と同居し面倒をみていますが、自分の将来が不安です(石田衣良)
高城剛のメールマガジン
「高城未来研究所「Future Report」」

[料金(税込)] 864円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回配信(第1~4金曜日配信予定。12月,1月は3回になる可能性あり)

ページのトップへ