家入一真
@hbkr

家入一真メールマガジン「家入学級」より

「逃げる」というのは「努力しない」ということじゃないよ

※家入一真メールマガジン「家入学級」Vol.023(2014年10月07日)より

 

【Q】家入さんはよく「逃げてもいい」「ありのままでいい」などといったことおっしゃっていますが、それは努力しなくていい、ということになりますか? 人は、逃げてばかりいたら堕落していくと思うのですが……。(YES伊藤/男性)

 

【A】僕が言うことをみんながやったら、みんながんばらなくなるじゃん、経済成長しなくなるじゃん、みたいな批判をしてくる人はたまにいるけど、そういうことじゃないですよね。僕がよく言っている「ありのままでいる」がどういうことかというと、「ダメな部分も自分であるということを自分で認識する」ということです。

それは努力しないこととは全然違う。やっぱり人生にはアクセルを踏まなきゃいけないタイミングが確かに存在する。もちろん過度な努力はあまり好きじゃないけど、やっぱり努力は必要です。

でも、アクセル踏みっぱなしだとエンスト起こしちゃうし、たまにはだらけたいときもある。誰しもそういうダメな部分はある。大切なのは、そのダメな部分を自分自身で愛せるかどうか。ありのままでいるってことは、そういうことなんです。

ちなみに、人生にはアクセルを踏むべきタイミングがあるけど、それがいつかは誰かに教わるものではなくて、自分の頭で考えましょう。僕自身、今こんな風にメルマガを配信しているのも、きっと若いときにどっかのタイミングでアクセルを踏んだからこそ、結果を出したからこそだと思う。だから、僕の言うことが勘違いされて、若い子が「がんばらなくていい」と思うのは、問題ではある。

リバ邸の子たちのなかでもいるんだよね、易きに流れているなぁって奴。仕事するべきときなのに昼寝してたりね。そういうときは「お前そんなことしてる場合じゃないだろ」という風には言う。「お前今がアクセル踏む瞬間なんだからさ」って。たとえばおにぎり屋のたけのしんなんかは今きっと分岐点にいる。だから僕は「今、がって行け!」って感じで伝えている。※たけのしんさんは、家入学級17号で寄稿いただいています。

ま、とはいえ最終的に決めるのは本人。薄情なことを言うと、そこまで面倒見るつもりもないし、いい方向に行けばいいと思うのでアドバイスはするけど、本人がなまけたいっていうのであれば、なまければいい。あれ、なんの話してたんだっけ?

そうそう、ありのままでいるってのは、その都度その都度楽な方に流れることではないんです。……って、僕が言っても説得力ないかな。でも、僕だって振り返ってみれば嫌々ながらも何かをがんばった時期もあった気がする。その経験と同じことを他人に押し付けるつもりはないし、自分からわざわざ言うことでもないけど、でも、そういうタイミングはあった。

そして、それと同じように、嫌なことから逃げたこともたくさんあった。アクセルを踏める自分も、踏めずに逃げちゃう自分も、全部自分だっていうのはわかっている。いい部分も悪い部分も受け入れるようになってからは、だいぶ楽になったかな。それまでは「逃げちゃう自分はクソみたいな人間だ」って思ってたから。

まぁ、この前も講演をドタキャンしたし、「自分はクソだ」っていうのは、未だに思いますけどね。

 


家入一真メールマガジン「家入学級

Vol.023(2014年10月07日)目次

家 入 学 級 * 時 間 割

1時間目:今日の授業 「まやかしの希望は目指さない、僕の幸福論」

2時間目:【Q&A】ありのままでいることと、努力をしないことの違い

3時間目:お寺の可能性

4時間目:LINE晒し日記

5時間目:対談:キャイ~ン天野ひろゆきさん

30ダメだけど、なぜかみんなに愛されてやまない連続起業家・家入一真が、4ヶ月の準備期間を経てメルマガ界に帰ってきました!(通算3度目) 学校嫌いだった著者が「学校では教えてくれない、この世を生きる術」について、ときにマジメに、ときにはゆるく語ります。日頃、twitterで寄せられる悩みに140字を超えて答えるコーナーや、ゲストを迎えた対談、講演録なども掲載。 自分の夢に向かって頑張っている人も、世の中にちょっと生きづらさを感じている人も。日本一自由な学び場メルマガ、「家入学級」に来たれ!

【料金(税込)】 648円 / 月 <初回購読時、1ヶ月間無料!!> 【 発行周期 】 月2回配信(第1,第3火曜日配信予定)

詳細・お申し込みはこちらから

 

家入一真
1978年生まれ。起業家/投資家/クリエイター。悪ふざけをしながら、リアル・ネットを問わず、カフェやWEBサービスや会社など、遊び場を作りまくっている。JASDAQ最年少上場社長。40社程の若手ITベンチャーにも投資している。解放集団Liverty代表、JASDAQ上場企業paperboy&co.創業者、カフェ運営企業partycompany Inc.代表取締役、ベンチャー投資企業partyfactory Inc.代表取締役、クラウドファンディングCAMPFIRE運営企業ハイパーインターネッツ代表取締役。個人名義でも多数のウェブサービスの立ち上げを行うクリエイターでもある。

その他の記事

衰退する日本のパラダイムシフトを先導するのは誰か(やまもといちろう)
百田尚樹騒動に見る「言論の自由」が迎えた本当の危機(岩崎夏海)
週刊金融日記 第295号【ビットコインで儲けたお金をベンチャー企業につっこもう、米国法人税率20%が実現すれば空前の好景気が到来する他】(藤沢数希)
旅行需要急増でのんびり楽しめる時間が残り少なくなりつつある南の島々(高城剛)
最下位転落の楽天イーグルスを三年ぐらいかけてどうにかしたいという話に(やまもといちろう)
なぜ人は、がんばっている人の邪魔をしたくなるのか(名越康文)
ここまで政策不在の総選挙も珍しいのではないか(やまもといちろう)
高いエステはなぜ痛いのか――刺激と退屈の心理学(名越康文)
ビジネスに「自己犠牲」はいらない! ーー私たちが「社員満足度経営」にたどり着いた理由(鷲見貴彦)
「自己表現」は「表現」ではない(岩崎夏海)
子育てへの妙な圧力は呪術じゃなかろうか(若林理砂)
「USB-C+USB PD」の未来を「巨大モバイルバッテリー」から夢想する(西田宗千佳)
週刊金融日記 第272号<高級住宅地は子育てにまったく向かないという話 他>(藤沢数希)
嗤ってりゃいいじゃない、って話(やまもといちろう)
住んでいるだけでワクワクする街の見つけ方(石田衣良)
家入一真のメールマガジン
「家入学級」

[料金(税込)] 648円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回配信(第1,第3火曜日配信予定)

ページのトップへ