岩崎夏海
@huckleberry2008

岩崎夏海の競争考(その24)

ゆとり世代がブラック企業を育んだ

ゆとり世代が起こした問題

というのも、そういうふうに立ち歩いていた子供たちも、やがて「人間には必ずしも完全な自由が許されているわけではない」ということを知るからだ。例えば、お菓子が食べたいからといって、スーパーに売っているそれを勝手に食べることは許されない。それは「我慢」しなければならない。法律は、ゆとり世代の子供たちにも強制力を持つからだ。

そのことが、「嫌なことは我慢するべきではない」という考え方と矛盾として、ゆとり世代の心の奥に魚の小骨のように引っかかっていた。それでも、それはほんの小さな我慢に過ぎなかったので、何とか目をつぶって生きてきた。そうして社会に出たのだが、今度はそれとは比べものにならないくらい大きな我慢が襲いかかってきた。それは、社会からの同調圧力だった。それにさらされた彼らは、がんじがらめの状態に陥った。そうなると、もう目をつぶってはいられなくなった。我慢しきれず、会社を辞めていったのだ。

ところが、そうして多くのゆとり世代が会社を辞めたことが、それより上の世代にある影響を及ぼした。というのも、そういう不況の世の中においては、就職と同時に「採用」もまた難しいものとなっていた。人材を集めるのは、どこの会社でも苦労するようになっていた。そのため、ほとんどの企業が人材会社に斡旋を依頼していたのだが、そこには多額の費用がかかっていたのである。

企業が人を一人を雇うのには、だいたい100万円くらいかかるといわれている。それと共に、面接をしたり教育をしたりと、時間と労力もかかる。そんなふうに、お金と時間と労力をかけてようやく雇った新入社員が、わずか半年や一年でいとも簡単に辞めていってしまうものだから、雇った方としてはたまったものではなかったのだ。そうして次第に、ゆとり世代に対する憎悪が積み重ねられていくこととなった。

そんな状況で生まれたのが「ブラック企業」だった。ブラック企業とは、簡単にいうと「企業が社員を洗脳して、とにかく徹底的に働かせる会社」のことだ。これは、企業側にとって「一石二鳥」だった。なぜかというと、ゆとり世代が辞めなくなったのに加え、時間外労働を強いることができたので、労働力も安くなった。

一方、これはゆとり世代にとっても易がないことではなかった。なぜかといえば、洗脳されれば「我慢」という感情が湧きあがってこないので、気持ち良く働くことができたからだ。特に、ゆとり世代は「他人から感謝されること」を重視していた。そのため企業は、それだけはお金がかからない範囲でできうる限り与えるようにした。おかげで、彼らにとっても喜びがないわけではなかったのである。

しかしながら、洗脳は麻薬のようなものなので、その場しのぎにはなったが長続きはしなかった。やがて、心身を回復不可能なほどに疲弊させる人が続出したのである。そのためブラック企業も、最近では立ち行かなくなってきた。おかげでゆとり世代も、いよいよ行き場を失うようになったのである。洗脳が解けたおかげで、いよいよ彼らが最も苦手とする「競争」に向き合わなければならなくなったのだ。

次回は、ゆとり世代に差し迫った、あるタイムリミットについて見ていく。

 

※「競争考」はメルマガ「ハックルベリーに会いに行く」で連載中です!

 

岩崎夏海メールマガジン「ハックルベリーに会いに行く」

35『毎朝6時、スマホに2000字の「未来予測」が届きます。』 このメルマガは、『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』(通称『もしドラ』)作者の岩崎夏海が、長年コンテンツ業界で仕事をする中で培った「価値の読み解き方」を駆使し、混沌とした現代をどうとらえればいいのか?――また未来はどうなるのか?――を書き綴っていく社会評論コラムです。

【 料金(税込) 】 864円 / 月
【 発行周期 】 基本的に平日毎日

ご購読・詳細はこちら

http://yakan-hiko.com/huckleberry.html

 

岩崎夏海

1968年生。東京都日野市出身。 東京芸術大学建築科卒業後、作詞家の秋元康氏に師事。放送作家として『とんねるずのみなさんのおかげです』『ダウンタウンのごっつええ感じ』など、主にバラエティ番組の制作に参加。その後AKB48のプロデュースなどにも携わる。 2009年12月、初めての出版作品となる『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』(累計273万部)を著す。近著に自身が代表を務める「部屋を考える会」著「部屋を活かせば人生が変わる」(累計3万部)などがある。

1 2
岩崎夏海
1968年生。東京都日野市出身。 東京芸術大学建築科卒業後、作詞家の秋元康氏に師事。放送作家として『とんねるずのみなさんのおかげです』『ダウンタウンのごっつええ感じ』など、主にバラエティ番組の制作に参加。その後AKB48のプロデュースなどにも携わる。 2009年12月、初めての出版作品となる『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』(累計273万部)を著す。近著に自身が代表を務める「部屋を考える会」著「部屋を活かせば人生が変わる」(累計3万部)などがある。

その他の記事

中国バブルと山口組分裂の類似性(本田雅一)
『声の文化と文字の文化』ウォルター・オング著(森田真生)
テレビと政治の関係はいつから変質したのか(津田大介)
狂気と愛に包まれた映画『華魂 幻影』佐藤寿保監督インタビュー(切通理作)
「モザイク」は誰を守っているのか−−向こう側からは見えている(小田嶋隆&平川克美)
言語と貨幣が持つ問題(甲野善紀)
世界はバカになっているか(石田衣良)
縮む地方と「奴隷労働」の実態(やまもといちろう)
幻の鳥・ドードーの来日説を裏づける『オランダ商館長の日記』(川端裕人)
過去17年間のAmazon依存度を振り返る(小寺信良)
「爆買いエフェクト」と沖縄が抱えるジレンマ(高城剛)
「不倫がばれてから食生活がひどいです」(石田衣良)
週刊金融日記 第283号 <ショート戦略を理解する、ダイモンCEOの発言でビットコイン暴落他>(藤沢数希)
安倍政権の4割近い支持率から見えること(平川克美)
テープ起こしの悩みを解決できるか? カシオのアプリ「キーワード頭出し ボイスレコーダー」を試す(西田宗千佳)
岩崎夏海のメールマガジン
「ハックルベリーに会いに行く」

[料金(税込)] 864円(税込)/ 月
[発行周期] 基本的に平日毎日

ページのトップへ