小寺・西田の「金曜ランチビュッフェ」より

「試着はAR」の時代は来るか

※メールマガジン「小寺・西田の金曜ランチビュッフェ」2019年2月15日 Vol.209 <増幅するキモチ号>より

1月末、SNS上で「WANNA KICKS」というiPhoneアプリがバズった。開発元はWannabyという企業。ショッピング市場を見据えたARアプリである。

内容は簡単。スニーカーの「試着」アプリである。ARKitに対応したiOSデバイスで動作する。使い方は簡単だ。アプリを開くとカメラが動き出す。それで自分の足を写すと、選んだスニーカーを「足に履いた」映像が表示される仕組みである。もちろん、スニーカーはすべて実在のものだ。実際に試着した時のように、足を動かせば側面や底面も見える。要は、足の形を画像認識し、そこに3Dモデルのスニーカーを重ねることで、こういう映像を実現しているのだ。
 
・WANNA KICKSを使っている時の画面。足にそのスニーカーを履いている様子がARで再現される。

アプリダウンロードリンク(無料)
https://itunes.apple.com/jp/app/wanna-kicks/id1444049305?mt=8‬

 
現状はデモのようなもので、ここから直接スニーカーを買えるわけではない。アプリ内のリンクも、スニーカーのメーカーへのリンクになっている。だが、これがショッピングサイトやオークションサイトと直結したらどうなるだろう? もしくは、この機能を各スニーカーメーカーが自社のアプリに組み込んでいったら?

実際、同社はスニーカーだけにこだわっているわけではない。すでに、アクセサリーやジュエリーで同じことをするアプリを開発中である、と公表している。
 
・Wannaby社ウェブより。ジュエリーを試着するアプリもすでに開発中

 
同社は昨年夏、マニキュアのチェックをする「WANNA NAIL」というアプリを公表済みで、ORLYというネイルブランドと提携し、アプリからネイルを試して買う、というアプローチを実現している。
 
・WANNA NAIL。おじさんの指でも一瞬でネイルが塗られる。

 
ここで冷静になるべき点がひとつある。実際には、このアプリはARでうまく重ねてはいるものの、「実際のサイズに合わせている」わけではない、ということだ。実際の靴は、足のサイズに完璧に合うことは少ない。出来合いのサイズから選ぶからだ。だがこのARアプリでは、足のサイズにあわせて映像を出しているので、実際には、ここまでピッタリとサイズが合うわけではないだろう。ネイルの場合には自分で塗るからそれでもいいが、スニーカーの場合、「仮想の靴が自分の足のサイズに合わせて表示されている」ので、実際に試着した場合とはちょっと違い、履き心地の点は保証できない。

だが、それでもいいのだ。

衣服にとってサイズは重要だ。一方で、サイズよりも「実際につけてみるとどうなのか」がまず重要なものもある。靴やアクセサリーは、画像認識による位置合わせも比較的簡単だし、「今の自分に合わせて、感じを確かめる」だけでも大きな価値がある。スマホで全身を撮るのは意外と大変だが、足や手を撮るだけならすぐに、誰でもできる。

すなわち、「人の体の末端につけるものの試着」は、現在のスマホARがもっとも向いたものなのだ。帽子などもいけそうに思うが、帽子の場合、髪が重ねた映像からはみ出る可能性が高く、試着としてはイマイチ、というオチになるだろう。あとはメガネくらいだろうか。こちらは、メガネ店向けにそうしたソリューション提案はすでにあるので、似たことをアプリでやるのも難しくないはずだ。

画像認識もARも、まだ理想には程遠い。そのために、ビジネスとしてうまく生かすには工夫も必要だ。Wannabyは、ARの理想と現実をうまく使い、立ち回っている印象を受ける。
 

小寺・西田の「金曜ランチビュッフェ

2019年2月15日 Vol.209 <増幅するキモチ号> 目次

01 論壇【小寺】
 「がっかり発言」に見る、暴走する正義
02 余談【西田】
 「試着はAR」の時代は来るか
03 対談【西田】
 石川温さんに聞く「4G→5G時代の虚実」(1)
04 過去記事【小寺】
 さよならiPod
05 ニュースクリップ
06 今週のおたより
07 今週のおしごと

 
12コラムニスト小寺信良と、ジャーナリスト西田宗千佳がお送りする、業界俯瞰型メールマガジン。 家電、ガジェット、通信、放送、映像、オーディオ、IT教育など、2人が興味関心のおもむくまま縦横無尽に駆け巡り、「普通そんなこと知らないよね」という情報をお届けします。毎週金曜日12時丁度にお届け。1週ごとにメインパーソナリティを交代。   ご購読・詳細はこちらから!

その他の記事

なぜ僕は自分の作品が「嫌」になるのか–新作『LAST KNIGHTS / ラスト・ナイツ』近日公開・紀里谷和明が語る作品論(紀里谷和明)
ピダハンとの衝撃の出会い(甲野善紀)
付き合ってるのに身体にも触れてこない彼氏(25歳)はいったい何を考えているのでしょう(石田衣良)
今そこにある「SNSの呪い」の危機(岩崎夏海)
人は自分のためにではなく、大好きな人のためにこそ自分の力を引き出せる(本田雅一)
働き方と過ごし方。人生の“幸福の総量”とは(本田雅一)
高城剛さん、ビットコインなどの仮想通貨についてどう思いますか?(高城剛)
急成長を遂げる「暗闇バイクエクササイズ」仕掛け人は入社3年目!?–「社員満足度経営」こそが最強のソリューションである!!(鷲見貴彦)
生き残るための選択肢を増やそう(後編)(家入一真)
「酒を飲めない人は採用しない」という差別が騒がれない不思議な話(やまもといちろう)
自分の心を4色に分ける——苦手な人とうまくつきあう方法(名越康文)
今だからこそ! 「ドローンソン」の可能性(小寺信良)
秋葉原の路上での偶然の出会いこそが僕にとっての東京の魅力(高城剛)
変化が予測できない時代(本田雅一)
岸田文雄さんが増税判断に踏み切る、閣議決定「防衛三文書」の核心(やまもといちろう)

ページのトップへ