小寺・西田の「金曜ランチビュッフェ」より

「試着はAR」の時代は来るか

※メールマガジン「小寺・西田の金曜ランチビュッフェ」2019年2月15日 Vol.209 <増幅するキモチ号>より

1月末、SNS上で「WANNA KICKS」というiPhoneアプリがバズった。開発元はWannabyという企業。ショッピング市場を見据えたARアプリである。

内容は簡単。スニーカーの「試着」アプリである。ARKitに対応したiOSデバイスで動作する。使い方は簡単だ。アプリを開くとカメラが動き出す。それで自分の足を写すと、選んだスニーカーを「足に履いた」映像が表示される仕組みである。もちろん、スニーカーはすべて実在のものだ。実際に試着した時のように、足を動かせば側面や底面も見える。要は、足の形を画像認識し、そこに3Dモデルのスニーカーを重ねることで、こういう映像を実現しているのだ。
 
・WANNA KICKSを使っている時の画面。足にそのスニーカーを履いている様子がARで再現される。

アプリダウンロードリンク(無料)
https://itunes.apple.com/jp/app/wanna-kicks/id1444049305?mt=8‬

 
現状はデモのようなもので、ここから直接スニーカーを買えるわけではない。アプリ内のリンクも、スニーカーのメーカーへのリンクになっている。だが、これがショッピングサイトやオークションサイトと直結したらどうなるだろう? もしくは、この機能を各スニーカーメーカーが自社のアプリに組み込んでいったら?

実際、同社はスニーカーだけにこだわっているわけではない。すでに、アクセサリーやジュエリーで同じことをするアプリを開発中である、と公表している。
 
・Wannaby社ウェブより。ジュエリーを試着するアプリもすでに開発中

 
同社は昨年夏、マニキュアのチェックをする「WANNA NAIL」というアプリを公表済みで、ORLYというネイルブランドと提携し、アプリからネイルを試して買う、というアプローチを実現している。
 
・WANNA NAIL。おじさんの指でも一瞬でネイルが塗られる。

 
ここで冷静になるべき点がひとつある。実際には、このアプリはARでうまく重ねてはいるものの、「実際のサイズに合わせている」わけではない、ということだ。実際の靴は、足のサイズに完璧に合うことは少ない。出来合いのサイズから選ぶからだ。だがこのARアプリでは、足のサイズにあわせて映像を出しているので、実際には、ここまでピッタリとサイズが合うわけではないだろう。ネイルの場合には自分で塗るからそれでもいいが、スニーカーの場合、「仮想の靴が自分の足のサイズに合わせて表示されている」ので、実際に試着した場合とはちょっと違い、履き心地の点は保証できない。

だが、それでもいいのだ。

衣服にとってサイズは重要だ。一方で、サイズよりも「実際につけてみるとどうなのか」がまず重要なものもある。靴やアクセサリーは、画像認識による位置合わせも比較的簡単だし、「今の自分に合わせて、感じを確かめる」だけでも大きな価値がある。スマホで全身を撮るのは意外と大変だが、足や手を撮るだけならすぐに、誰でもできる。

すなわち、「人の体の末端につけるものの試着」は、現在のスマホARがもっとも向いたものなのだ。帽子などもいけそうに思うが、帽子の場合、髪が重ねた映像からはみ出る可能性が高く、試着としてはイマイチ、というオチになるだろう。あとはメガネくらいだろうか。こちらは、メガネ店向けにそうしたソリューション提案はすでにあるので、似たことをアプリでやるのも難しくないはずだ。

画像認識もARも、まだ理想には程遠い。そのために、ビジネスとしてうまく生かすには工夫も必要だ。Wannabyは、ARの理想と現実をうまく使い、立ち回っている印象を受ける。
 

小寺・西田の「金曜ランチビュッフェ

2019年2月15日 Vol.209 <増幅するキモチ号> 目次

01 論壇【小寺】
 「がっかり発言」に見る、暴走する正義
02 余談【西田】
 「試着はAR」の時代は来るか
03 対談【西田】
 石川温さんに聞く「4G→5G時代の虚実」(1)
04 過去記事【小寺】
 さよならiPod
05 ニュースクリップ
06 今週のおたより
07 今週のおしごと

 
12コラムニスト小寺信良と、ジャーナリスト西田宗千佳がお送りする、業界俯瞰型メールマガジン。 家電、ガジェット、通信、放送、映像、オーディオ、IT教育など、2人が興味関心のおもむくまま縦横無尽に駆け巡り、「普通そんなこと知らないよね」という情報をお届けします。毎週金曜日12時丁度にお届け。1週ごとにメインパーソナリティを交代。   ご購読・詳細はこちらから!

その他の記事

資本主義の「貪欲さ」から逃げるように拡散するエッジ・ブルックリンの本当の魅力(高城剛)
コロナが起こす先進国と発展途上国の逆転(高城剛)
ファーウェイ問題から想像する強者にとっての心地よさ(本田雅一)
片思いの恋愛感情、相手に伝えるべき?(家入一真)
結局「仮想通貨取引も金商法と同じ規制で」というごく普通の議論に戻るまでの一部始終(やまもといちろう)
ネットリテラシー教育最前線(小寺信良)
「スルーする」ことなど誰にもできない――過剰適応なあなたが覚えておくべきこと(名越康文)
地域マネージメントのセンスに左右される観光地の将来(高城剛)
「#どうして解散するんですか?」が人々を苛立たせた本当の理由(岩崎夏海)
わずか6ページの『アンパンマン』(津田大介)
変化のベクトル、未来のコンパス~MIT石井裕教授インタビュー 後編(小山龍介)
クラウドファンディングの「負け戦」と「醍醐味」(西田宗千佳)
Nintendo Switchの「USB PD」をチェックする(西田宗千佳)
『魔剤』と言われるカフェイン入り飲料、中高生に爆発的普及で問われる健康への影響(やまもといちろう)
ついにアメリカがペンス副大統領の大演説で対中対立の道筋がついてしまう(やまもといちろう)

ページのトップへ