岩崎夏海
@huckleberry2008

岩崎夏海の競争考(その29)

正しい苦しみ方

「メタ視点」がもたらすもの

では、ちゃんと苦しみつつ、そこから逃げないためにはどうすればいいのか? そこで登場するのが「メタ視点」である。苦しみは、フラットな視点でちゃんと味わう一方、メタ視点で、それを冷静に受け止める。

例えば、走っていると苦しい。それに率直に向き合うと、どうしたって逃げ出したくなる。しかしそこでメタ視点――苦しんでいる自分を冷静に見つめるもう一人の自分を持つ。そして、こう考えるのだ。「この苦しんでいることが、勝利につながる。だとしたら、もう少し苦しもう」そうして、苦しさよりも勝利することのモチベーションが高まり、苦しさから逃げないようになるのである。

それが、正しい苦しみ方である。将棋の羽生善治さんは、勝負所で指が震える。駒をしっかり持てないほどだ。なぜかといえば、怖いからである。差し間違うことの恐怖から、指が震えてしまうのだ。ではなぜ恐怖心を感じながらちゃんと指せるかというと、それを冷静に見ているメタ視点を持っているからだ。羽生さんは、震えている自分の指を見て「ああ、自分は恐がっているな」と逆に気づかされるという。それほど、俯瞰的、客観的なメタ視点を持ちつつ、駒を差すのは、その冷静な視点で行う。だから、感性を損なわないまま、冷静な手を指せるのである。

ちなみに、メタ視点には一つのオマケがある。例えば、羽生さんは自分の指の震えを見て「今が勝負所なんだな」と逆に気づく。そうして「なぜ勝負所なのだろう?」と分析することで、それまで見えなかったものが見えたりするのである。つまり、手の震えや恐怖心といった「苦しむこと」が、危機を知らせるセンサーになっているのだ。そのため、それをいち早く察知でき、回避することができるのである。

このように、勝利するためにはメタ視点を作り、しかもそれを鍛え上げ、活用していく必要がある。自分の苦しみを冷静に見つめる客観的、俯瞰的なもう一人の自分を、自分の中に育んでいくことがポイントとなるのだ。

そこで次回は、メタ視点の鍛え方について書いてみたい。

 

 

※「競争考」はメルマガ「ハックルベリーに会いに行く」で連載中です!

 

岩崎夏海メールマガジン「ハックルベリーに会いに行く」

35『毎朝6時、スマホに2000字の「未来予測」が届きます。』 このメルマガは、『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』(通称『もしドラ』)作者の岩崎夏海が、長年コンテンツ業界で仕事をする中で培った「価値の読み解き方」を駆使し、混沌とした現代をどうとらえればいいのか?――また未来はどうなるのか?――を書き綴っていく社会評論コラムです。

【 料金(税込) 】 864円 / 月
【 発行周期 】 基本的に平日毎日

ご購読・詳細はこちら

http://yakan-hiko.com/huckleberry.html

 

岩崎夏海

1968年生。東京都日野市出身。 東京芸術大学建築科卒業後、作詞家の秋元康氏に師事。放送作家として『とんねるずのみなさんのおかげです』『ダウンタウンのごっつええ感じ』など、主にバラエティ番組の制作に参加。その後AKB48のプロデュースなどにも携わる。 2009年12月、初めての出版作品となる『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』(累計273万部)を著す。近著に自身が代表を務める「部屋を考える会」著「部屋を活かせば人生が変わる」(累計3万部)などがある。

1 2
岩崎夏海
1968年生。東京都日野市出身。 東京芸術大学建築科卒業後、作詞家の秋元康氏に師事。放送作家として『とんねるずのみなさんのおかげです』『ダウンタウンのごっつええ感じ』など、主にバラエティ番組の制作に参加。その後AKB48のプロデュースなどにも携わる。 2009年12月、初めての出版作品となる『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』(累計273万部)を著す。近著に自身が代表を務める「部屋を考える会」著「部屋を活かせば人生が変わる」(累計3万部)などがある。

その他の記事

「デトックス元年」第二ステージに突入です!(高城剛)
苦手を克服する(岩崎夏海)
自分との対話として「書く」ということ(高城剛)
テクノロジーの成熟がもたらす「あたらしいバランス」(高城剛)
川端裕人×オランウータン研究者・久世濃子さん<ヒトに近くて遠い生き物、「オランウータン」を追いかけて >第1回(川端裕人)
「分からなさ」が与えてくれる力(北川貴英)
バーゲンプライスが正価に戻りその真価が問われる沖縄(高城剛)
「逃げる」というのは「努力しない」ということじゃないよ(家入一真)
年末年始、若い人の年上への関わり方の変化で興味深いこと(やまもといちろう)
なぜ東大って女子に人気ないの? と思った時に読む話(城繁幸)
ここまで政策不在の総選挙も珍しいのではないか(やまもといちろう)
世界を息苦しくしているのは「私たち自身」である(茂木健一郎)
明日にかける橋 1989年の想い出(切通理作)
今週の動画「払えない手」(甲野善紀)
岸田文雄政権の解散風問題と見極め(やまもといちろう)
岩崎夏海のメールマガジン
「ハックルベリーに会いに行く」

[料金(税込)] 880円(税込)/ 月
[発行周期] 基本的に平日毎日

ページのトップへ