石田衣良ブックトーク『小説家と過ごす日曜日』より

「不倫がばれてから食生活がひどいです」

26b43132dafd1044942ca6ae0e4c2afb_s
この質問を見て、思わずふきだしちゃったよ。もちろん悩んでいる本人は真剣なんだろうけど。ひとの悩みは千差万別だよね、ほんとうに。。

──────────

▼Q▼
先日、妻に不倫がばれました。それ以来、食事内容がひどくて困っています。昨日の晩ご飯は、妻と子どもは海鮮丼で、私はご飯だけ。外食するときも、私の注文は妻が勝手にキャンセルして、コンビニの菓子パンを与えられます。こんな生活がもう一週間続いています。不倫がばれる前は毎日お弁当を作ってくれたのに、それもありません。栄養面でも心配になってきました。こんな生活が永遠に続くなら離婚も考えています。不倫したことは反省していますが、妻のやり方は間違っていませんか? 不倫された方にも問題があると思うし、「誰が養ってやっているのか」と腹立たしくなります。
【A】
このメールを読んでいるときに、うちの女性スタッフが言いました。「ご飯を出してくれるだけ、まだ愛情が残っているんじゃありませんか?」って。女の人って怖いですね。みなさん不倫は気をつけましょうね(笑)。

ひとつ言えるのは、やっぱり時間が解決してくれるということです。なので、ここでぶち切れて、「絶対に言ってはいけない悪魔のワード」を口にしてはいけません。「誰がお前を養ってやっているんだ?」という言葉です。女性はこの言葉を言われたらもう一生忘れません。不倫した上でそれを口にしたら、向こうから離婚を切り出してきますよ。そんなことは口が裂けても言わずに、会社帰りにスーパーでシャケ缶でも買っておかずにしませんか? 海鮮丼を食べる家族の横で、文句も言わずニコニコしながらシャケ缶をおかずにしているお父さんを見たら、子どものほうが気を使ってくれますから。そうすればだんだんと今の厳しい状態も改善されてくると思います。

ここは辛抱のしどきなので、ぶち切れて事態を最悪の状態に持ち込まないほうがいいというのがぼくの考えかな。逆にもう一歩踏み込んだらどうですか? 海鮮丼を食べている家族の横で、あなたは白ご飯におしょうゆをかけて食べていますよね。その後で、「今日は時間があるから、ぼくが皿洗いするよ」と言う。これをやると女の人はかなりグラッとくると思います。ここは最後まで、降伏のしるしとしておなかを見せ続けるのがいいんじゃないですかね。このまま辛抱してがんばってください。

 

石田衣良ブックトーク『小説家と過ごす日曜日』

Vol.005(2015年9月11日)目次

00 PICK UP「不倫がばれてから食生活がひどいです」
01 ショートショート「金曜夜、彼女のジョブ」
02 イラとマコトのダブルA面エッセイ〈5〉
03 “しくじり美女”たちのためになる夜話
04 IRA'S ワイドショーたっぷりコメンテーター
05 恋と仕事と社会のQ&A
06 IRA'S ブックレビュー
07 編集後記

kinei大好きな本の世界を広げる新しいフィールドはないか?
この数年間ずっと考え、探し続けてきました。
今、ここにようやく新しい「なにか」が見つかりました。
本と創作の話、時代や社会の問題、恋や性の謎、プライベートの親密な相談……
ぼくがおもしろいと感じるすべてを投げこめるネットの個人誌です。
小説ありエッセイありトークありおまけに動画も配信する
石田衣良ブックトーク『小説家と過ごす日曜日』が、いよいよ始まります。
週末のリラックスタイムをひとりの小説家と過ごしてみませんか?
メールお待ちしています。
banner
http://yakan-hiko.com/ishidaira.html

石田衣良
1960年、東京都生まれ。 ‘84年成蹊大学卒業後、広告制作会社勤務を経て、フリーのコピーライターとして活躍。 ‘97年「池袋ウエストゲートパーク」で、第36回オール読物推理小説新人賞を受賞し作家デビュー。 ‘03年「4TEENフォーティーン」で第129回直木賞受賞。 ‘06年「眠れぬ真珠」で第13回島清恋愛文学賞受賞。 ‘13年「北斗 ある殺人者の回心」で第8回中央公論文芸賞受賞。 「アキハバラ@DEEP」「美丘」など著書多数。 最新刊「オネスティ」(集英社) 公式サイト http://ishidaira.com/

その他の記事

武器やペンよりもずっと危険な「私の心」(名越康文)
追悼・鶴ひろみさん/再生の水の秘密を知る少女=ブルマとともに(武田梵声)
「歴史的」南北会談が東アジアの安全保障に与える影響の有無(やまもといちろう)
【第2話】波乱の記者会見(城繁幸)
個人情報保護法と越境データ問題 ―鈴木正朝先生に聞く(津田大介)
就活生へあまりアテにならないアドバイスをしてみる(小寺信良)
『「赤毛のアン」で英語づけ』(1) つらい現実を超える〝想像〟の力(茂木健一郎)
成功を導くのは、誰からも評価されない「助走期間」だ–天才を育む「ひとりぼっちの時間」(ソロタイム)(名越康文)
『秋の理由』福間健二監督インタビュー(切通理作)
「ブラック企業」という秀逸なネーミングに隠された不都合な真実(城繁幸)
政争と政局と政治(やまもといちろう)
どんなSF映画より現実的な30年後の世界を予測する(高城剛)
「残らない文化」の大切さ(西田宗千佳)
「代替」ではなく「補完」することで「統合」する医療の時代(高城剛)
どうなる? 小中学校へのスマホ持ち込み(小寺信良)
石田衣良のメールマガジン
「石田衣良ブックトーク『小説家と過ごす日曜日』」

[料金(税込)] 880円(税込)/ 月
[発行周期] 月 2 回以上配信(メルマガは第 2・第 4 金曜日配信予定。映像は適宜配信)

ページのトップへ