本田雅一
@rokuzouhonda

メルマガ「本田雅一の IT・ネット直球リポート」より

昨今の“AIブーム”について考えたこと

※この記事は本田雅一さんのメールマガジン「本田雅一の IT・ネット直球リポート」 Vol.040(2019年3月8日)からの抜粋です。



「腑に落ちた」と知人が話すコラムを拝見しました。

〜〜〜〜〜〜
スマートフォンのナビゲーションアプリには、現在地から目的地に向かうために最初の一歩を踏み出すとき、どちらに進めば良いかを示してくれないものがあります。その場合、とりあえず歩いてみると、GPS機能が働いて、右とか左とか後ろとか、進む方向が示されるのです。親切なアプリでは、コンパス機能を使って「目的地は11時の方向にあります。直進してください」といったメッセージが出たりするので、一歩を踏み出してからうろうろ迷うことはありません。

人生の選択において、一歩はどうやって決めればいいのでしょう。たとえば、人工知能で過去のデータや私たちの現状を分析して最良の道の候補を表示してくれる「人生進路選択支援アプリ」があったとしましょう。私がそのアプリを使いたいと思うかと問われたら、おそらく「使わない」と答えるでしょう。人生の選択は、過去の実績や現状を分析するだけでは決められないからです。

〜〜〜〜〜〜

この先は、実は宗教的な話へと進んでいくのですが、冒頭のこの部分を読み返しながら、昨今の“AIブーム”について考えています。

AI……いえ、ニューラルネットワーク処理を基礎とした機械学習、深層学習モデルを用いて、より確からしい答えを探す技術というほうがいいと思いますが、そうした技術は何かを認識・識別しているわけではありません。

どんなにAIが進歩したとしても、人生はもちろん、さまざまな判断は人間が下すものです。そのほうが“正しい”とも思いますが、むしろ自己防衛的に依存しないほうがいいのでは? と思うのです。AIには感情はありません。後悔しないためにも、情報の絞り込みにAIを使うことはあっても、最終的な判断は自分でしたいものですね。
 

本田雅一メールマガジン「本田雅一の IT・ネット直球リポート」

2014年よりお届けしていたメルマガ「続・モバイル通信リターンズ」 を、2017年7月にリニューアル。IT、AV、カメラなどの深い知識とユーザー体験、評論家としての画、音へのこだわりをベースに、開発の現場、経営の最前線から、ハリウッド関係者など幅広いネットワークを生かして取材。市場の今と次を読み解く本田雅一による活動レポート。

ご購読はこちら

本田雅一
PCハードウェアのトレンドから企業向けネットワーク製品、アプリケーションソフトウェア、Web関連サービスなど、テクノロジ関連の取材記事・コラムを執筆するほか、デジタルカメラ関連のコラムやインタビュー、経済誌への市場分析記事などを担当している。 AV関係では次世代光ディスク関連の動向や映像圧縮技術、製品評論をインターネット、専門誌で展開。日本で発売されているテレビ、プロジェクタ、AVアンプ、レコーダなどの主要製品は、そのほとんどを試聴している。 仕事がら映像機器やソフトを解析的に見る事が多いが、本人曰く「根っからのオーディオ機器好き」。ディスプレイは映像エンターテイメントは投写型、情報系は直視型と使い分け、SACDやDVD-Audioを愛しつつも、ポピュラー系は携帯型デジタルオーディオで楽しむなど、その場に応じて幅広くAVコンテンツを楽しんでいる。

その他の記事

目のパーソナルトレーナーが脚光を浴びる日(高城剛)
「時間」や「死」が平等でなくなる時代到来の予感(高城剛)
これからのビジネスは新宗教に学んだほうがいい!(家入一真)
21世紀のスマートトラベラーは天候のヘッジまで考えなければいけない(高城剛)
政争と政局と政治(やまもといちろう)
多くの若者がホリエモンを誤解している(岩崎夏海)
週刊金融日記 第295号【ビットコインで儲けたお金をベンチャー企業につっこもう、米国法人税率20%が実現すれば空前の好景気が到来する他】(藤沢数希)
「親しみの空気」のない論争は不毛です(名越康文)
TPPで日本の著作権法はどう変わる?――保護期間延長、非親告罪化、匂いや音の特許まで(津田大介)
教養の価値ーー自分と世の中を「素直に見つめる」ということ(岩崎夏海)
俯瞰するには悪くない?「4K8K機材展」(小寺信良)
ウェブ放送&生放送「脱ニコニコ動画」元年(やまもといちろう)
「デトックス元年」第二ステージに突入です!(高城剛)
ゲームにのめりこむ孫が心配です(家入一真)
『趾(あしゆび)でカラダが変わる』中村考宏インタビュー(下村敦夫)
本田雅一のメールマガジン
「本田雅一の IT・ネット直球リポート」

[料金(税込)] 540円(税込)/ 月
[発行周期] 毎月2回(第2、4木曜日予定)

ページのトップへ