家入一真
@hbkr

家入一真メールマガジン「家入学級」より

人生に「目的」なんてない–自分の「物語」を見つめるということ

家入一真メールマガジン「家入学級」Vol.006(2014年1月6日発行)より

メルマガのQ&Aに寄せられる悩みに家入一真がときに真面目に、ときにゆる〜く答える人気のコーナー。過去のバックナンバーからプレタポルテ編集部が選んでご紹介します。

a0016_000189_m

(読者からの質問)
 
Q.人生の目的みたいなものって家入さん、ありますか? このために生きてる! みたいな……
 

生きている間に人生の目的なんてわかりようがない

僕、死ぬのが痛そうだし怖いから生きてるんですよね。目的みたいなものは持っていません。生きている意味なんていうのも探しませんね。そもそも、生きてる意味なんて死んだあとにしかわからないと思っています。たとえばゴッホは生前絵を描きたくて描いていたわけで、ゴッホが生きた意味というのは死んだあとに評価されてから見いだされた。そんな風に、死んだあとに誰かが意味をつけたりするから、生きている間に自分の人生の意味なんて、わかりようがないんです。

そう考えると、とりあえず自分がやれること、やるべきことをやるしかないと思うんですよね。目的や夢があるって素敵なことかもしれないけど、僕は重視していません。

だって、僕が「孫さんみたいな社長になる」という夢を持ったとして、そこに至るまでに、現実的にどういうステップを踏んでいくべきかって考えると……遠すぎる。僕がいきなり『ワンピース』のルフィみたいな海賊王になるって言ったって、なれるわけがない。夢や目的のために何をしなきゃいけないのか、ちゃんと考えていくと、もう夢なんか持たずにとりあえず自分がやるべきことをやっていく方がいい。それが点になって線になって、自然とつながっていくから。

 

自分の「物語」の延長線上に何かが見えてくる

僕の言っている「自分がやるべきこと」というのは、「自分の物語を作る」ということです。自分は今までこういう人生を送ってきて、こういう嫌な目にあって、こういうコンプレックスを抱えていて、こういう悩みがあって……って、今まで生きてきた人生を振り返る。そこから自分がやるべきことというのを割り出すんです。そうすると物語がつながって、うまく動いていくから。

単純に「面白そう」とか「やりたいから」という動機でもいいのかもしれないけど、それだといまいち必然性にうすい。同じことをほかの人がやったっていいもん。そうじゃなくて、たとえばいじめられてた子が、いじめ撲滅のウェブサービスやメディアを立ち上げるというと、それだけで物語が生まれるわけですよ。

「なんでこれを立ち上げたんですか?」と聞かれたときに、「僕、実は昔いじめにあってて……」と答えられる。物語がつながっているんです。だけど、いじめにあったことのない子がいじめのメディアを立ち上げて、「なんでこれやろうと思ったんですか?」って聞かれても、「なんとなく」としか答えられない。そこで物語がブツっと終わっちゃう。

自分の物語をどう描いていくかが重要なんです。誰の人生にも、小説にできるくらいの物語が絶対にあるはずなんですよ。そこを意識してみてください。こういう過去があって、こういう自分がいて……ということの先を見れば、おのずと物語を描いていくことができる。つまり、自分がやるべきことが見えてくるはずなんです。これは目的とは違います。

だいたい、夢とか目的とか言ったところで、自分が明日生きているかさえもわからないよね。坂本龍馬の有名な手紙の言葉で「運の悪い人は風呂場ですべって死ぬ人もいるけど俺は生きている」みたいな内容のものがあるけど、風呂場ですべって死んじゃう人もいるわけですよ。そう考えると、あんまり目的とか生きる意味なんて考えずに、次の自分をどう見つけていくかってことじゃないですかね。だから、物語の次の一文を書いていきましょう。

<この記事は家入一真メールマガジン「家入学級」Vol.006(2014年1月6日発行)からの抜粋です>

 

最新号のご購読はこちらから!

家入一真メールマガジン「家入学級

30Vol.48(2015年10月20日発行)

目次

1時間目:今日の授業「無駄な因果関係を考えてしまう人」
2時間目:「深夜のお悩み相談」一問一答
3時間目:「#かくめい」循環型コミュニティ作り
4時間目:メディア情報・活動予定/学級日誌/次号予告

ieiri

家入一真
1978年生まれ。起業家/投資家/クリエイター。悪ふざけをしながら、リアル・ネットを問わず、カフェやWEBサービスや会社など、遊び場を作りまくっている。JASDAQ最年少上場社長。40社程の若手ITベンチャーにも投資している。解放集団Liverty代表、JASDAQ上場企業paperboy&co.創業者、カフェ運営企業partycompany Inc.代表取締役、ベンチャー投資企業partyfactory Inc.代表取締役、クラウドファンディングCAMPFIRE運営企業ハイパーインターネッツ代表取締役。個人名義でも多数のウェブサービスの立ち上げを行うクリエイターでもある。

その他の記事

新海誠監督がこれまでの弱点を克服した傑作『君の名は。』(岩崎夏海)
フレディー・マーキュリー生誕の地で南の島々の音楽と身体性の関係を考える(高城剛)
福島第一原発観光地化計画とはなにか――東浩紀に聞く「フクシマ」のいまとこれから(津田大介)
真の働き方改革、いや、生き方改革は、空間性と移動にこそ鍵がある(高城剛)
週に一度ぐらいはスマートフォンを持たず街に出かけてみよう(名越康文)
Kindle Unlimitedのラインナップ変更は「日本への対応」不足が原因だ(西田宗千佳)
テープ起こしの悩みを解決できるか? カシオのアプリ「キーワード頭出し ボイスレコーダー」を試す(西田宗千佳)
ルンバを必要としない我が家でダイソンを導入した話(小寺信良)
39歳の私が「人生の復路」に備えて考えた3つのこと(編集のトリーさん)
歴史と現実の狭間で揺れる「モザイク都市」エルサレムで考えたこと(高城剛)
「実現可能な対案」としての『東京2020 オルタナティブ・オリンピック・プロジェクト』(宇野常寛)
「分からなさ」が与えてくれる力(北川貴英)
週刊金融日記 第285号<暗号通貨トレーディング失敗記録もぜんぶメルマガ読者にお見せします、株式市場は日米の政策期待に期待他>(藤沢数希)
本当の知性を育む「問いへの感度を高める読書」(岩崎夏海)
失ってしまった日本ならではの自然観(高城剛)
家入一真のメールマガジン
「家入学級」

[料金(税込)] 660円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回配信(第1,第3火曜日配信予定)

ページのトップへ