家入一真
@hbkr

家入一真メールマガジン「家入学級」より

「暮らし」をシェアする時代がくる? 注目のシェアリングエコノミー

家入一真メールマガジン「家入学級」2015年11月20日 Vol.50より

c9abac79fc859a13df0a83982b4c6d8d_s

 

洋服から家までシェアする時代に

 

最近、高木新平がシェアリングエコノミーにまつわる活動を始めました。
「Share! Share! Share!」
(編注・高木新平さんのプロフィールはこちら

シェアリングエコノミーは、これから確実にくると思います。ただ、企業が入ると一気におかしくなる可能性も秘めている。Airbnbとかも、今は儲かることに気付いた業者が、入ってきているんですよ。そうなると、シェアが本来のより添い合いのシェアじゃなくっていく。

ひとつ言えるのは、シェアリングエコノミーは、不特定多数と特定少数を相手にするのでは設計が変わるということ。同じシェアでも、一台の車を少人数で「自由に使っていいよ」とシェアするのと、Airbnbみたいに不特定多数へ向けてシェアを公開するのとでは、違いますよね。

僕は、洗濯機なんて一家に一台なくてもいいと思っています。近隣の人たちで一台を使えば、ことたりる。その代わりに性能のいいやつを買えば、洗濯物もふんわり仕上がる。いい車を数人で買ってシェアしてもいい。ほかにも、作りすぎた料理とか、洋服とか。そういう、特定少数向けのコミュニティには、すごく興味があります。

 

特定少数のほうがコミュニティが維持しやすい

 

ちょっと広がるけど、地域コミュニティも同じです。アメリカには地域SNSなんかもあります。それが、不特定多数になった瞬間に壊れていく。無制限にコピーされて広がっていくので、炎上とか情報リスクが高くなる。

ツイキャスがなんで流行ったかというと、フォロワー限定だから。そうすると、安心感のなかで放送できるんですよね。それにひきかえ、ニコ生は全国放送なので叩かれてしまう。あと、サロンをやっている人も、居心地がいいって言いますね。

不特定多数が相手じゃないからこそできる表現とか、安心感は絶対的にある。そこに関してまだやれることはいろいろある。例えばマンションだけのコミュニティがあってもいいと思う。

要は、濃度の問題なのかな。より限定したほうが濃密なコミュニティができる。人数が増えるほど、薄まっていく。

だから、シェアリングエコノミーの肝は、コミュニティ形成をどうするかだと思う。

ひとくちにシェアリングエコノミーといっても、対象が特定少数なのか、不特定多数なのか、コミュニティをどう作るかで全然別物になる。

さっき企業が入ってくるとおかしくなると言ったけど、企業が入ってくるからダメというわけではないんです。コミュニティをどう守るかという観点で、企業との付き合い方を考えなきゃいけない。

例えば、バーニングマンはギフト経済で成り立っているけど、企業のロゴやスポンサーをいっさいNGとしているのは、コミュニティを守るためですよね。スポンサーなんていくらでもつけられるはずだけど、あえてそれはしない。

シェアリングエコノミーに関しては、「シェア」という言葉だけではなく、コミュニティをどう作るかというところから、入った方がいいと思います。

<この記事は家入一真メールマガジンVol.050(2015年11月20日発行)からの抜粋です>   最新号のご購読はこちらから!

家入一真メールマガジン「家入学級

30Vol.50(2015年11月20日発行)

目次

1時間目:今日の授業「ギャラリーという落としどころ/シェアリングエコノミーとコミュニティ設計」
2時間目: Q&A フランス国旗のアイコン/キャリアポルノ
3時間目:「深夜のお悩み相談」一問一答
4時間目:メディア情報・活動予定/学級日誌/次号予告

家入一真
1978年生まれ。起業家/投資家/クリエイター。悪ふざけをしながら、リアル・ネットを問わず、カフェやWEBサービスや会社など、遊び場を作りまくっている。JASDAQ最年少上場社長。40社程の若手ITベンチャーにも投資している。解放集団Liverty代表、JASDAQ上場企業paperboy&co.創業者、カフェ運営企業partycompany Inc.代表取締役、ベンチャー投資企業partyfactory Inc.代表取締役、クラウドファンディングCAMPFIRE運営企業ハイパーインターネッツ代表取締役。個人名義でも多数のウェブサービスの立ち上げを行うクリエイターでもある。

その他の記事

「負けを誰かに押し付ける」地方から見た日本社会撤退戦(やまもといちろう)
第88回・米アカデミー賞受賞のゆくえは?(切通理作)
成功を目指すのではなく、「居場所」を作ろう(小山龍介)
脱・「ボケとツッコミ的会話メソッド」の可能性を探る(岩崎夏海)
【高城未来研究所】「海外に誇る日本」としてのデパ地下を探求する(高城剛)
ゲームと物語のスイッチ(宇野常寛)
少林寺、そのセックス、カネ、スキャンダル(ふるまいよしこ)
うざい店員への対応法(天野ひろゆき)
イベントの「行列待ち」に解決方法はあるのか(西田宗千佳)
部屋を活かせば人生が変わる! 部屋が片付けられない人の5つの罠(岩崎夏海)
人事制度で解く「明智光秀謀反の謎」(城繁幸)
安倍政権の4割近い支持率から見えること(平川克美)
夏休み工作、今年の「音友ムック」はQWT型!(小寺信良)
スマホVRの本命「Gear VR」製品版を試す(西田宗千佳)
なぜ作家に「酒好き」が多いのか(ロバート・ハリス)
家入一真のメールマガジン
「家入学級」

[料金(税込)] 648円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回配信(第1,第3火曜日配信予定)

ページのトップへ