本田雅一
@rokuzouhonda

メルマガ「本田雅一の IT・ネット直球リポート」より

クラウドにデータを委ねるということ

※この記事は本田雅一さんのメールマガジン「本田雅一の IT・ネット直球リポート」 Vol.041「"クラウド"に集まるコンテンツ。変わる利用者の価値観」(2019年3月22日)からの抜粋です。



米国発祥のSNSサービスの草分け「MySpace」が、サーバーのデータ移行に失敗し、2003年のサービス開始から2015年までにアップロードされた楽曲データが“すべて”失われたと発表したそうです。

MySpaceは音楽をコンパクトに圧縮する技術MP3が普及したことで起きた、音楽データ交換(その中には違法な楽曲の交換もありますが)の活発化とともに広がったSNSです。当初は10代の音楽マニアが中心に、好きな音楽や自分たちの演奏、思いついたリフなどをアップロードしていましたが、徐々に参加する年齢層が広がり、当時、一気にユーザーを拡大していきました。

2008年5月には2億320万人が登録するSNSとなり、Facebookが登場するまでは最大のSNSでもありました。その特徴は“音楽を作る”人たちと“音楽が大好き”な人たちで構成される、クリエイティブな空気感です。

“音楽を創り出す”という、狭い範囲のカルチャーではありますが、その存在感はFacebookなど特定のジャンルに特化していないジェネラルなSNSが主流になったあとでも大きかったと思います(もっとも日本ではほとんど流行らなかったのですが)。

失われたのは写真、ビデオ、オーディオなど、アップロードされたすべてのファイル。MySpaceには著名なプロのアーティストも登録し、創作活動の中で作品やアイディアを披露していましたが、それらすべてが失われたとのこと。

ゴリラズやオアシス、亡くなったエイミー・ワインハウスなども使っていたMySpaceには、制作途中の音源なども多くありましたが、本人がそれらを整理してアップロード(はしていないでしょう)していないかぎり、ほとんどが失われることになるはずです。その数は1400万組のグループがアップロードした5000万以上もの曲だというのですから、なかなか凄い数字ですね。

SNSはいわばクラウドの中に構築された仮想世界です。しかし、それはあくまでもデータとコンピュータープログラムによって構成されていて、信頼性があるように思えて、またバーチャル世界を生み出しているように見えながら、ちょっとしたミスですべてが失われる可能性がある。もちろん、システムはさまざまな方法で保護されていますが、あらゆるシステムは完璧ではなく、ひとの操作手順次第で問題が顕在化することを示しているのだと思います。


(この続きは、本田雅一メールマガジン 「本田雅一の IT・ネット直球リポート」で)
 

本田雅一メールマガジン「本田雅一の IT・ネット直球リポート」

2014年よりお届けしていたメルマガ「続・モバイル通信リターンズ」 を、2017年7月にリニューアル。IT、AV、カメラなどの深い知識とユーザー体験、評論家としての画、音へのこだわりをベースに、開発の現場、経営の最前線から、ハリウッド関係者など幅広いネットワークを生かして取材。市場の今と次を読み解く本田雅一による活動レポート。

ご購読はこちら

本田雅一
PCハードウェアのトレンドから企業向けネットワーク製品、アプリケーションソフトウェア、Web関連サービスなど、テクノロジ関連の取材記事・コラムを執筆するほか、デジタルカメラ関連のコラムやインタビュー、経済誌への市場分析記事などを担当している。 AV関係では次世代光ディスク関連の動向や映像圧縮技術、製品評論をインターネット、専門誌で展開。日本で発売されているテレビ、プロジェクタ、AVアンプ、レコーダなどの主要製品は、そのほとんどを試聴している。 仕事がら映像機器やソフトを解析的に見る事が多いが、本人曰く「根っからのオーディオ機器好き」。ディスプレイは映像エンターテイメントは投写型、情報系は直視型と使い分け、SACDやDVD-Audioを愛しつつも、ポピュラー系は携帯型デジタルオーディオで楽しむなど、その場に応じて幅広くAVコンテンツを楽しんでいる。

その他の記事

ネットリテラシー教育最前線(小寺信良)
教科別の好き嫌いをなくすには?(陰山英男)
捨てることのむつかしさ?(やまもといちろう)
「生涯未婚」の風潮は変わるか? 20代の行動変化を読む(やまもといちろう)
VRとは「マジック」と見つけたり(西田宗千佳)
1980年代とフルシチョフ(岩崎夏海)
20代のうちは「借金してでも自分に先行投資する」ほうがいい?(家入一真)
ジェームズ・ダイソンのイノベーション魂(本田雅一)
日本のものづくりはなぜダサいのか–美意識なき「美しい日本」(高城剛)
有料のオンラインサロンを2年やってみて分かったこと(やまもといちろう)
今年の冬は丹田トレーニングを取り入れました(高城剛)
古市憲寿さんの「牛丼福祉論」は意外に深いテーマではないか(やまもといちろう)
ルンバを必要としない我が家でダイソンを導入した話(小寺信良)
空想特撮ピンク映画『ピンク・ゾーン2 淫乱と円盤』 南梨央奈×佐倉絆×瀬戸すみれ×国沢実(監督)座談会(切通理作)
「学びとコンピュータ」問題の根本はなにか(西田宗千佳)
本田雅一のメールマガジン
「本田雅一の IT・ネット直球リポート」

[料金(税込)] 540円(税込)/ 月
[発行周期] 毎月2回(第2、4木曜日予定)

ページのトップへ