高城剛メルマガ「高城未来研究所「Future Report」」より

スマホから充電、という新発想〜巨大バッテリー搭載のK10000

高城未来研究所【Future Report】Vol.252(2016年4月15日発行)より

cacefaab91b964b3b26f0100aacbbb81_s

【おすすめ記事】
東アジアのバブル崩壊と「iPhoneSE」
そう遠くない未来、僕らは“AI”を通してコミュニケーションするようになるだろう
高城剛のメルマガ『高城未来研究所「Future Report」』紹介動画
良い旅は、旅立つ前に決まるのです
21世紀に繁栄するのは「空港運営」が上手な国
「モノ」と「場所」に拡張していくインターネット
 
 

今週は東京にいます。

少し遅くなりましたが、今年も花見に行こうと考えまして、友人たちと定宿のそばの新宿御苑に出向くと、噂どおりに海外からのゲストでいっぱいでした。

その海外ゲストの人たちは、圧倒的に中国人かと思いましたが、実は台湾人ばかり。

新宿の街で爆買いをしているのは、本土から来た中国人がほとんどですが、新宿御苑で花見をしている多くの人々は、台湾人なのです。

たぶん、日本人から見たら台湾人も本土から来た中国人も一緒に見えるのかもしれませんし、その上、日本の大手新聞社の記事を見ても「新宿御苑に中国人花見客殺到」と書いてあって驚きますが、少なくとも、その報道は正しくありません。

東アジアから遠く離れた南米のウルグアイの新聞社が、日本人と韓国人と中国人を同じに見てしまうのと訳が違い、近隣諸国への理解を、もう少し深める必要があると花見をしながら実感した今週です。

さて、ここ最近、そんなアジア諸国を毎週のようにまわっておりまして、実は、僕なりの「密かなるお楽しみ」があります。

それは変わったAndroidの発掘なんです。

期待していたWindows10が、タブレットもモバイルもあまりに企画倒れで、Appleが自社史上もっとも原価率が低い=余った部材で作ったiPhoneSEを高々に販売しているのに辟易し、まるで漂流するように辿り着いた先が、Androidです。

いままでも何台もAndroidを所有してきましたが、僕が考える最大の問題はバッテリーの持ちで、iOSのようにネイティブOSではありませんので、その分バッテリー効率は悪く(時には酷いほどに)、しかし最近、そんな問題を解決するような機種がいくつも発売されました。

その解決方法とは、なんと巨大バッテリーを搭載するという単純なアイデアです。

今週入手した新機種OUKITELという聞いたことがないメーカーの最新モデルK10000は、その名の通り、バッテリーが10000mAh搭載されており、充電しなくても1週間以上動作するのが自慢です。

バッテリー容量で考えると、iPhoneSEの6倍! 以上にあたります。

その上、出力が5Vだけでなく7Vや9Vに昇圧するようで、新しいマックブック「を」スマホ「から」充電できるのです。

ええ、新しいマックブック「から」スマホ「を」充電ではなく、新しいマックブック「を」スマホ「から」充電です。

少し効率悪いですけど。

さすがに僕も、スマートフォンでノートを充電するような日が来ようとは思いもよりませんでしたが、公式サイトには、このK10000を10台つなげて、ラーメンを作る映像がアップされています(https://goo.gl/RYNKgr)。

ここまで来るとかなり意味不明で、中華スマホで中華麺を作る洒落(もしくは本気)は、Androidの懐の深さを見せつけます。

また、いまの日本のメーカーで、自社スマホを大量に並べて、「うどんを煮込む」ような映像を作る楽しい企業は見当たりません。

最近、日本のメーカーが他のアジア諸国のメーカーに買収されてしまうのも、このあたりの「余裕」から理解できるところで、OUKITELも今後の製品開発と企業としての成長が楽しみな企業です。

もちろんK10000は、ノートを充電したり、ラーメンを作る以外にも、電話をかけたり、メールを見たり、いわゆるスマホとしての機能は兼ね備え(当たり前ですけど)、また、デュアルSIM仕様ですので、グローバルSIMと訪れた地のローカルSIMを同時に入れて、テザリング機としても活用できます。

なにより、この機種が「マルチ」という言葉の幅を広げ、僕にとって「スマート」の意味を別方向に変えたことには違いはありません。

新宿御苑で花見に興じる台湾人やアジア全般からのゲストは、皆さん、スマホで写真や映像を撮っておりまして、もはやその機種を見るだけで、どこの国から来た人なのか、僕なりに判断できるくらいandoroidの理解度が高まりました。

そう遠く無い日に、周囲のスマホを集めて、お茶を沸かす人もきっと現れることでしょう。

旅先の桜の木の下で。

 
 
 

新刊発売のお知らせ

一年かけて世界中の最先端ドローン企業をまわり書き上げた、高城剛最新刊がリリース!

「空飛ぶロボットは、黒猫の夢を見るか?」(集英社刊 価格:1512円)
http://goo.gl/c2Mu2s

1976年から1995年までの20年間をパーソナル・コンピュータ革命、1996年から2015年までをインターネット革命とするならば、これからの20年間、人類はより大きな革命を目にすることになる。

その革命は、頭文字から R・N・G と呼ばれており、ロボティックス、ナノテクノロジ─、遺伝子工学の三つを分子として、 AIを分母とする人類史上最大の「チェンジ」が、いよいよやってくるのだ。

その序章がドローンで、それは「現実化するインターネット」になるだろう、と高城剛は言う。

現在、「新天地」を目指して、世界中のあらゆる企業や人が続々と参入し、「次の移動体」や「ポスト・インターネット」としてのドローンを、ビジネスチャンスとして狙っている。

この状況はグーグルもヤフーもアマゾンもなかった時代、インターネット前夜である1993年と酷似している・・・。

ダブル・ドッグイヤーと呼ばれ、急速に進歩する「ドローン時代」を制するのは、いったいどこの国の誰なのか?

「空飛ぶロボットは、黒猫の夢を見るか?」(集英社刊 価格:1512円)
http://goo.gl/c2Mu2s

絶賛発売中です!

 

┃高┃城┃未┃来┃研┃究┃所┃【Future Report】

Vol.252
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
/ 2016年4月15日発行 /

■目次
1. 近況
2. 世界の俯瞰図
3. デュアルライフ、ハイパーノマドのススメ
4. マクロビオティックのはじめかた
5. 身体と意識
6. Q&Aコーナー
7. 著書のお知らせ

23高城未来研究所は、近未来を読み解く総合研究所です。実際に海外を飛び回って現場を見てまわる僕を中心に、世界情勢や経済だけではなく、移住や海外就職のプロフェッショナルなど、多岐にわたる多くの研究員が、企業と個人を顧客に未来を個別にコンサルティングをしていきます。毎週お届けする「FutureReport」は、この研究所の定期レポートで、今後世界はどのように変わっていくのか、そして、何に気をつけ、何をしなくてはいけないのか、をマスでは発言できない私見と俯瞰的視座をあわせてお届けします。

詳細・ご購読はこちらから
http://yakan-hiko.com/takashiro.html

高城剛
1964年葛飾柴又生まれ。日大芸術学部在学中に「東京国際ビデオビエンナーレ」グランプリ受賞後、メディアを超えて横断的に活動。 著書に『ヤバいぜっ! デジタル日本』(集英社)、『「ひきこもり国家」日本』(宝島社)、『オーガニック革命』(集英社)、『私の名前は高城剛。住所不定、職業不明。』(マガジンハウス)などがある。 自身も数多くのメディアに登場し、NTT、パナソニック、プレイステーション、ヴァージン・アトランティックなどの広告に出演。 総務省情報通信審議会専門委員など公職歴任。 2008年より、拠点を欧州へ移し活動。 現在、コミュニケーション戦略と次世代テクノロジーを専門に、創造産業全般にわたって活躍。ファッションTVシニア・クリエイティブ・ディレクターも務めている。 最新刊は『時代を生きる力』(マガジンハウス)を発売。

その他の記事

iPhone6の画面サイズにみる「クック流Apple」の戦略(西田宗千佳)
人事制度で解く「明智光秀謀反の謎」(城繁幸)
東大生でもわかる「整形が一般的にならない理由」(岩崎夏海)
総ブラック社会はやっぱり回避しないといけないよね~~『人間迷路』のウラのウラ(やまもといちろう)
池上彰とは何者なのか 「自分の意見を言わないジャーナリズム」というありかた(津田大介)
なぜ作家に「酒好き」が多いのか(ロバート・ハリス)
いつか著作権を廃止にしないといけない日がくる(紀里谷和明)
日本が抱える現在の問題の鍵はネアンデルタール人の遺伝子にある?(高城剛)
なぜ「正義」に歯止めがかからなくなったのか 「友達依存社会」が抱える課題(平川克美×小田嶋隆)
宇野常寛特別インタビュー第5回「落合陽一のどこが驚異的なのか!」(宇野常寛)
やまもといちろうのメールマガジン『人間迷路』紹介動画(やまもといちろう)
「iPhoneの発売日に行列ができました」がトップニュースになる理由(西田宗千佳)
「テレビの空気報道化」「新聞の空気化」とはなにか──ジャーナリスト・竹田圭吾に聞くメディア論(津田大介)
今週の動画「虎落解き」(甲野善紀)
あらためて「アメリカ放題」を解説する(西田宗千佳)
高城剛のメールマガジン
「高城未来研究所「Future Report」」

[料金(税込)] 864円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回配信(第1~4金曜日配信予定。12月,1月は3回になる可能性あり)

ページのトップへ