高城剛メルマガ「高城未来研究所「Future Report」」より

回転寿司が暗示する日本版「インダストリー4.0」の行方

高城未来研究所【Future Report】Vol.259(2016年6月3日発行)より


今週は、東京にいます。

「お寿司でも食べに行こうよ、奢るから」と小学生の甥っ子に誘われて出向いた回転寿司は、僕が見たことがない寿司が次々とまわる驚くべき場所で、チョットした衝撃を受けました。

まず、「イベリコ豚の大とろ」(二貫で100円)という見たことがない寿司からはじまり、「旨だれ牛カルビ」」(二貫で100円)に続き、小さなハンバーグが乗っかった握り寿司まで、実に多彩。
いままでも、デザートや果物が回ってくる回転寿司はありましたが、ここには、まるでファミレスと寿司の合わせ技のような創作寿司メニューが多くありました。
いわゆる一般的に知られる寿司ネタもあるのですが、不思議なことに「天然・真いわし」が 122kcalで、「イベリコ豚の大とろ」 115kcal、「旨だれ牛カルビ」が111kcalと、カロリーの観点からだけ見ると、僕が見たことがない寿司のほうが健康的に思えますので、これも不思議です。
しかも、全ての食材が化学調味料・人工甘味料・合成着色料・人工保存料を一切使用していないそうで、この日は、日本の回転寿司の大きな進化を感じた一夜となりました。
最近は、かなり名前が知られた高級寿司屋でも、酢飯さえもチョイケミカルなことが多いですから、かなりの挑戦だと思います。

また、ここまで面白いメニューを安価で提供できるのは、オートメーション化というかロボティックス化が大きいと感じました。
キッチンを覗けば、現在はまだ人が握っていましたが、オーダーも配膳も会計も、基本的には顧客作業とオートメーションで賄われており、今後キッチンの大半の作業が、ロボット化に向かうのは時間の問題だと思います。
こうなると、セントラルキッチン方式と人手によるファミレスやファストフードは、高度なマシーナリーな回転寿司に、価格的に勝てなっていくでしょう。
今後、カフェでもなんでもチェーン店は、店全体がマシーン化していることが前提になる時代がやってきます。

今週、ドイツの巨大スポーツメーカー「アディダス」が、スニーカーをドイツ国内の巨大ロボティックス工場で生産をはじめると発表し、このような「脱アジアからロボティックスへ」といった動きは、今後世界経済の大きな潮流になるものと思われます。
東西ドイツ統一の1990年から昨年2015年まで、グローバリゼーションとインターネットの恩恵に預かり、会社を巨大化してきた「アディダス」が、今年2016年からローカルでロボティックス、いわゆる社内外を巻き込み高度な生産システムを構築する「インダストリー4.0」のフェーズに本格的に入りました。
それゆえ、世界の工場として急速に発展を遂げたアジアは、これから曲がり角を迎えることになります。
今後発展するのは、「世界の工場で働くロボットを作る工場」だけで、ロボティックスを制するものが、今後25年間にわたり、世界を席巻するようになると思われます。
かつてのインターネット同様に。

僕が訪れた明るい店内の回転寿司は、果たして明るい未来を暗示しているのでしょうか?

ロボットが休みなく働き続けている回転寿司の光景は、日本版「インダストリー4.0」を少しだけ想起する今週です。

 

高城未来研究所「Future Report」

Vol.259 2016年6月3日発行

■目次
1. 近況
2. 世界の俯瞰図
3. デュアルライフ、ハイパーノマドのススメ
4. マクロビオティックのはじめかた
5. 身体と意識
6. Q&Aコーナー
7. 著書のお知らせ

23高城未来研究所は、近未来を読み解く総合研究所です。実際に海外を飛び回って現場を見てまわる僕を中心に、世界情勢や経済だけではなく、移住や海外就職のプロフェッショナルなど、多岐にわたる多くの研究員が、企業と個人を顧客に未来を個別にコンサルティングをしていきます。毎週お届けする「FutureReport」は、この研究所の定期レポートで、今後世界はどのように変わっていくのか、そして、何に気をつけ、何をしなくてはいけないのか、をマスでは発言できない私見と俯瞰的視座をあわせてお届けします。

詳細・ご購読はこちらから
http://yakan-hiko.com/takashiro.html

高城剛
1964年葛飾柴又生まれ。日大芸術学部在学中に「東京国際ビデオビエンナーレ」グランプリ受賞後、メディアを超えて横断的に活動。 著書に『ヤバいぜっ! デジタル日本』(集英社)、『「ひきこもり国家」日本』(宝島社)、『オーガニック革命』(集英社)、『私の名前は高城剛。住所不定、職業不明。』(マガジンハウス)などがある。 自身も数多くのメディアに登場し、NTT、パナソニック、プレイステーション、ヴァージン・アトランティックなどの広告に出演。 総務省情報通信審議会専門委員など公職歴任。 2008年より、拠点を欧州へ移し活動。 現在、コミュニケーション戦略と次世代テクノロジーを専門に、創造産業全般にわたって活躍。ファッションTVシニア・クリエイティブ・ディレクターも務めている。 最新刊は『時代を生きる力』(マガジンハウス)を発売。

その他の記事

任天堂の役割は終わったのか スマホでゲーム人口拡大を受けて(やまもといちろう)
週刊金融日記 第268号 <ビジネスに使えて使えない統計学その2 因果関係を暴き出す他>(藤沢数希)
貧富の差がなくなっても人は幸せにはなれない(家入一真)
PlayStation VRを買ったら買うべきコンテンツ10選(西田宗千佳)
知的好奇心の受け皿としての「私塾」の可能性(名越康文)
成功を導くのは、誰からも評価されない「助走期間」だ–天才を育む「ひとりぼっちの時間」(ソロタイム)(名越康文)
クラウドの「容量無制限」はなぜ破綻するのか(西田宗千佳)
権力者とは何か(茂木健一郎)
高齢の親と同居し面倒をみていますが、自分の将来が不安です(石田衣良)
得るものがあれば失うものがある(甲野善紀)
決められないなら、委ねよう(天野ひろゆき)
シーワールドがシャチの繁殖を停止。今の飼育群を「最後の世代」にすると決定(川端裕人)
パチンコで5万円負けてしまった後に聴きたいジャズアルバム(福島剛)
「モザイク」は誰を守っているのか−−向こう側からは見えている(小田嶋隆&平川克美)
冬になるとうつっぽくなる人は今のうちに日光浴を!(若林理砂)
高城剛のメールマガジン
「高城未来研究所「Future Report」」

[料金(税込)] 864円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回配信(第1~4金曜日配信予定。12月,1月は3回になる可能性あり)

ページのトップへ