ロシア人が教えてくれた人生を楽しむための世界一具体的な方法――『人生は楽しいかい?』

「日々の仕事でこわばった身体がほぐれてきて、以前の自分は本当に疲れていたんだということがよくわかりました」(30代・男性・会社員)

「クライアントからの無理な要求でも怒りにとらわれることなく、スムーズに対処できるようになりまし
た」(40代女性・デザイナー)

 

『人生は楽しいかい?』

ゲオルギー・システマスキー著 北川貴英監修

世界各国の教育、医療、軍事、セキュリティ関係者が注目するロシア武術「システマ」。本書はストーリー形式で、その独特のメソッドを伝えるもの。

うだつの上がらないサラリーマンの僕が出会った謎のロシア人“ゲオ”。
小太りで一見パッとしないゲオが僕に伝えてくれたのは、ロシア特殊部隊で生まれた「人生を変える方法」だった――。

【システマとは?】冷戦後のロシア発! アメリカ、ヨーロッパ、中東、アジアの45か国、250以上の団体で実践。世界各国の教育、医療、軍事、セキュリティ、関係者が絶賛する人間能力開放メソッド。

人生は楽しいかいカバー-02
■概要
A5判 並製1色・312ページ
定価1700円+税
ISBN:978-4-906790-22-7
C-0030
2016年6月20日刊行

■目次

プロローグ 出会い 4
[本書の使い方]
【指令1】「よかったこと」に目を向ける
【指令2】ゆっくりやる
【指令3】知る
【指令4】距離を測る
【指令5】呼吸する
【指令6】姿勢を整える
【指令7】視点を動かす
【指令8】限界に触れる
【指令9】最悪を想定する
【指令10】動き続ける
【指令11】力む
【指令12】成功体験を忘れる
【指令13】相手を観察する
【指令14】衝突をコントロールする
【指令15】分かち合う
【指令16】任せる
【指令17】生きろ
【エピローグ1】
【エピローグ2】

『人生は楽しいかい?』をamazonで購入する

その他の記事

「代替」ではなく「補完」することで「統合」する医療の時代(高城剛)
ひとりぼっちの時間(ソロタイム)のススメ(名越康文)
地域マネージメントのセンスに左右される観光地の将来(高城剛)
「疑り深い人」ほど騙されやすい理由(岩崎夏海)
『趾(あしゆび)でカラダが変わる』中村考宏インタビュー(下村敦夫)
【第5話】オープン戦(城繁幸)
「科学」と「宗教」、あるいは信仰における「公」と「私」(甲野善紀)
『つないだ手をはなして』主演川上奈々美さんインタビュー(切通理作)
百田尚樹騒動に見る「言論の自由」が迎えた本当の危機(岩崎夏海)
英国のEU離脱で深まる東アフリカ・モーリシャスと中国の絆(高城剛)
「どうでもいいじゃん」と言えない社会は息苦しい(紀里谷和明)
どうすれば「親友」ができるのか–赤の他人に興味を持つということ(名越康文)
「お前の履歴は誰のものか」問題と越境データ(やまもといちろう)
“今、見えているもの”が信じられなくなる話(本田雅一)
もし朝日新聞社が年俸制で記者がばんばん転職する会社だったら(城繁幸)

ページのトップへ