ロシア人が教えてくれた人生を楽しむための世界一具体的な方法――『人生は楽しいかい?』

「日々の仕事でこわばった身体がほぐれてきて、以前の自分は本当に疲れていたんだということがよくわかりました」(30代・男性・会社員)

「クライアントからの無理な要求でも怒りにとらわれることなく、スムーズに対処できるようになりまし
た」(40代女性・デザイナー)

 

『人生は楽しいかい?』

ゲオルギー・システマスキー著 北川貴英監修

世界各国の教育、医療、軍事、セキュリティ関係者が注目するロシア武術「システマ」。本書はストーリー形式で、その独特のメソッドを伝えるもの。

うだつの上がらないサラリーマンの僕が出会った謎のロシア人“ゲオ”。
小太りで一見パッとしないゲオが僕に伝えてくれたのは、ロシア特殊部隊で生まれた「人生を変える方法」だった――。

【システマとは?】冷戦後のロシア発! アメリカ、ヨーロッパ、中東、アジアの45か国、250以上の団体で実践。世界各国の教育、医療、軍事、セキュリティ、関係者が絶賛する人間能力開放メソッド。

人生は楽しいかいカバー-02
■概要
A5判 並製1色・312ページ
定価1700円+税
ISBN:978-4-906790-22-7
C-0030
2016年6月20日刊行

■目次

プロローグ 出会い 4
[本書の使い方]
【指令1】「よかったこと」に目を向ける
【指令2】ゆっくりやる
【指令3】知る
【指令4】距離を測る
【指令5】呼吸する
【指令6】姿勢を整える
【指令7】視点を動かす
【指令8】限界に触れる
【指令9】最悪を想定する
【指令10】動き続ける
【指令11】力む
【指令12】成功体験を忘れる
【指令13】相手を観察する
【指令14】衝突をコントロールする
【指令15】分かち合う
【指令16】任せる
【指令17】生きろ
【エピローグ1】
【エピローグ2】

『人生は楽しいかい?』をamazonで購入する

その他の記事

「見るだけ」の製品から「作ること」ができる製品の時代へ(高城剛)
米国の変容を実感するポートランドの今(高城剛)
四季折々に最先端の施術やサプリメントを自分で選ぶ時代(高城剛)
「直らない癖」をあっという間に直す方法(若林理砂)
美しいものはかくも心を伝うものなのか(平尾剛)
成功する人は「承認欲求との付き合い方」がうまい(名越康文)
成功を目指すのではなく、「居場所」を作ろう(小山龍介)
ネット上で盛り上がってる「働き方論」はすべてナンセンスです!(宇野常寛)
成功を導くのは、誰からも評価されない「助走期間」だ–天才を育む「ひとりぼっちの時間」(ソロタイム)(名越康文)
「芸能人になる」ということ–千秋の場合(天野ひろゆき)
これからのクリエーターに必要なのは異なる二つの世界を行き来すること(岩崎夏海)
人も社会も「失敗」を活かしてこそサバイブできる(岩崎夏海)
オランウータンの森を訪ねて~ボルネオ島ダナムバレイ(1)(川端裕人)
あまり語られることのないエストニアが電子政府に向かわざるをえない本当の理由(高城剛)
政府の原発ゼロ政策はなぜ骨抜きになったのか(津田大介)

ページのトップへ