高城剛メルマガ「高城未来研究所「Future Report」」より

世界百周しても人生観はなにも変わりませんが、知見は広がります

高城未来研究所【Future Report】Vol.273(2016年9月9日発行)より


今週は、ポルトガルのマデイラ島にいます。

21世紀初頭、ユーロバブルに沸いたのは、ギリシャだけではありません。
南欧全体が沸きに沸き、ほぼアフリカに位置する欧州の離島であるこの島も、当時はユーロバブルの恩恵を大きく受けました。

2001年から2007年まで、この島の主産業は建設業で次々とリゾート開発や大規模インフラ工事が行われましたが、2008年のリーマンショックを境に、風景が変わります。
島内のGDPの8割近くを占めていた建設業が、ほぼゼロになってしまったのです。

大型リゾートコンドミニアムは建築中に頓挫し、南国に廃墟が次々と生まれていきました。
失業者も溢れ出しましたが、その際、この島は変化を恐れず一丸となって観光業に大きく舵を切ることにしました。
もともと温暖な地域であったことが幸いし、欧州では咲かない珍しいアフリカの花が咲くことから、常春の「花の島」として地域ブランディング。
これが見事に当たり、現在では欧州各地からLCCが乗り入れ、島は活気を取り戻しました。
現在は島内GDPの8割以上が観光業となったのです。
今週はワインウィークだそうで、夜の街もかなり賑わっており、まるで近年の観光業が成功したお祝いのようにも見えます。

さて、毎年僕の9月は移動が多いシーズンで、まだ終わらない夏休みと(クロージング・パーティのシーズンです!)、夏休みが終わって仕事始まるのが混在する月で、今年もあわただしく過ごしています。

普段はあまり考えないのですが、この先3週間のフライト数を数えると、なんと31便も搭乗予定があります!
渡航先をザーッと考えても、21日間で欧州、アフリカ、南米、オセアニア、アジアと移動しますので、いわゆる世界一周なのかもしれませんが、通年で考えても毎年世界4-5周していますので、気がつくとこの25年で世界百周しているように思います。
ですが、だからと言ってなにも代わり映えないのも事実です。
世界一周すると人生観が変わるそうですが(と、誰がいいはじめたのでしょうか? JTB?)、世界百周しても僕の場合は人生観はなにも変わりません。

ただし、知見は広がります。
その上、サバイバル能力もコミュニケーション能力も高まります。
そして、ピンチに耐性がつきます。
さらに、人生に「ゆらぎ」が起きます。
最後に、だからこそハッピー感が高まるのです。

たぶん、それらは移動距離と移動速度に比例し、それゆえ、僕は世界一周した人たちより100倍ハッピー感が高いのです!と、自分に言い聞かせながら、散らばる仕事先を飛び回っているのが今月です。

常春と言われるマデイラは、秋とは無縁な場所ですが、月夜に映える花はとても美しい、と感じる余裕があるのでまだ大丈夫。
旅先の花鳥風月を感じなくなれば、それは自分を見失っている証でもあります。

今年も年末まで、忙しい季節がはじまります。

 

高城未来研究所「Future Report」

Vol.273 2016年9月9日発行

■目次
1. 近況
2. 世界の俯瞰図
3. デュアルライフ、ハイパーノマドのススメ
4. マクロビオティックのはじめかた
5. 身体と意識
6. Q&Aコーナー
7. 著書のお知らせ

23高城未来研究所は、近未来を読み解く総合研究所です。実際に海外を飛び回って現場を見てまわる僕を中心に、世界情勢や経済だけではなく、移住や海外就職のプロフェッショナルなど、多岐にわたる多くの研究員が、企業と個人を顧客に未来を個別にコンサルティングをしていきます。毎週お届けする「FutureReport」は、この研究所の定期レポートで、今後世界はどのように変わっていくのか、そして、何に気をつけ、何をしなくてはいけないのか、をマスでは発言できない私見と俯瞰的視座をあわせてお届けします。

詳細・ご購読はこちらから
http://yakan-hiko.com/takashiro.html

高城剛
1964年葛飾柴又生まれ。日大芸術学部在学中に「東京国際ビデオビエンナーレ」グランプリ受賞後、メディアを超えて横断的に活動。 著書に『ヤバいぜっ! デジタル日本』(集英社)、『「ひきこもり国家」日本』(宝島社)、『オーガニック革命』(集英社)、『私の名前は高城剛。住所不定、職業不明。』(マガジンハウス)などがある。 自身も数多くのメディアに登場し、NTT、パナソニック、プレイステーション、ヴァージン・アトランティックなどの広告に出演。 総務省情報通信審議会専門委員など公職歴任。 2008年より、拠点を欧州へ移し活動。 現在、コミュニケーション戦略と次世代テクノロジーを専門に、創造産業全般にわたって活躍。ファッションTVシニア・クリエイティブ・ディレクターも務めている。 最新刊は『時代を生きる力』(マガジンハウス)を発売。

その他の記事

カビ毒(マイコトキシン)についての話(高城剛)
「貸し借り」がうまい人は心が折れない(岩崎夏海)
週刊金融日記 第272号<高級住宅地は子育てにまったく向かないという話 他>(藤沢数希)
VRとは「マジック」と見つけたり(西田宗千佳)
「心の速度を落とす」ということ(平尾剛)
睡眠時間を削ってまで散歩がしたくなる、位置情報ゲームIngress(イングレス)って何?(宇野常寛)
冠婚葬祭に思うこと(やまもといちろう)
誰も無関係ではいられない「メディアの倫理」(小寺信良)
居場所を作れる人の空気術(家入一真)
働かないのか? 働けないのか? 城繁幸×西田亮介特別対談(後編)(城繁幸)
能力がない人ほど「忙しく」なる時代(岩崎夏海)
宇野常寛特別インタビュー第4回「僕がもし小説を書くなら男3人同居ものにする!」(宇野常寛)
努力することの本当の意味(岩崎夏海)
なぜこれほど本は売れなくなったのか(岩崎夏海)
Geminiを使い倒した2週間(小寺信良)
高城剛のメールマガジン
「高城未来研究所「Future Report」」

[料金(税込)] 864円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回配信(第1~4金曜日配信予定。12月,1月は3回になる可能性あり)

ページのトップへ