藤沢数希
@kazu_fujisawa

週刊金融日記 第296号【魑魅魍魎たちが跋扈する暗号通貨市場を生き抜く、多数のイベントが待ち構える12月のビットコイン他】

藤沢数希のメルマガ『週刊金融日記』第296号(2017年12月12日発行)より、冒頭部分をお届けします。


 
〘第296号 目次紹介〙
/ 週刊金融日記
// 2017年12月12日 第296号
// 魑魅魍魎たちが跋扈する暗号通貨市場を生き抜く
// 多数のイベントが待ち構える12月のビットコイン
// 品川駅港南口の美味しい焼肉
// フォークコインのプライシング
// 他
 
 こんにちは。藤沢数希です。

 なんと、『ぼくは愛を証明しようと思う。』がドラマ化します!

●ぼくは愛を証明しようと思う。(テレビ朝日)
http://www.tv-asahi.co.jp/bokuai/#/?category=drama

 しかも、永沢さん役が滝藤賢一さんで、いま日本を代表する実力派俳優やんか……。わたなべ君も堀井新太さんです。これで、誤解されている僕たちの恋愛工学のコミュニティが、もっと理解されて、いつかは僕たちが学校や職場で、恋愛工学を学んだ、ということを隠さなくてもいい日がくるかもしれません。まだまだ、我々は隠れて生きていかないといけない、グローバルに広がり続ける秘密の「組織なき組織」ですからね。

★もうそろそろ撮影は終わったのかな……。お疲れ様です!

 そして、暗号通貨トレーディングでリスクを取って、ヘロヘロになりながらも、ビジネス情報誌SPAで「クリスマス前に女を底値で買い叩く!」という、学術的にも極めて難しいテーマについて、恋愛工学や金融工学の視点から研究協力しました。

●週刊SPA! 2017年12/19号 クリスマス前に女を底値で買い叩く!
http://amzn.to/2AdCd6M

 今週も面白い投稿がいくつもありました。

―フォークコインはもらったらすぐに売ったほうがいいんでしょうか
(フォークコインのプライシング)
―フランスのオススメエリアをご教示ください
―アンコールワット&バンコク旅行について
―終電を意識する中でのホテルへの誘い方は
―『ぼく愛』に影響されて私も恋愛小説を書きました

 それでは今週もよろしくお願いします!
 

1.魑魅魍魎たちが跋扈する暗号通貨市場を生き抜く

 恋愛工学のフィールドワークの素晴らしいところは、まったくランダムな社会階層にアプローチできることだ。共通点は、若くて可愛い女性ということぐらいで、さまざまな職業、学歴、社会階層の人たちと接することになる。一方で、同性とのつきあいは、やはり同じ社会階層、そして、ビジネスをいっしょにしている人たちに限られがちだ。

 この9月〜11月上旬の間に接した女性たちから、いま日本で何が起こっているのかを知るヒントを得られた。n=30程度のサンプルデータだが、その結果をここに書いておく。まず、積極的に、まともにビットコインに関わっていた人たちはいなかった。これはたまたまなのか、まだまだ、一般市民には浸透していないのかはよくわからない。なんとなくだが、一般市民に浸透し始めたのは11月下旬辺り、つまり、100万円→200万円に爆上げした時期と重なる。残念ながら、その期間は、筆者は多忙で、恋愛工学のフィールドワークを行っていなかった。その点で、本サンプルは若干古いことは留意する必要がある。

 さて、驚くべきことに、30人中4人がコイン詐欺の勧誘を受けており、その4人のうち1人がかなり踏み込んだ交渉まで進んでいた。そして、実際に1人が金を奪い取られていた。ちょっとした会話をして、僕が金融関係の仕事をしていると伝えると、彼女は"ICO"のことで相談したいと言いだしたのだ……。

 

(続きは藤沢数希のメールマガジン『週刊金融日記』第296号にてお読みください)

 

 

藤沢数希のメルマガはこちら

藤沢数希のメールマガジン『週刊金融日記』


【料金】 864円(税込)/月 <初回購読時、1ヶ月間無料!>
【発行周期】 月4回以上配信(毎週日曜日配信予定)

藤沢数希が政治、経済、ビジネス、そして恋愛工学について毎週メルマガをお届けします。不特定多数が閲覧するブログ『金融日記』では書けないディープで具体的なお話が満載。マネーと恋愛に関する経済分析、法律論、リスクマネジメントを中心に情報をお届けします。



藤沢数希・著『損する結婚 儲かる離婚』

男女双方とも、簡単に全財産以上の金額が吹っ飛ぶのが結婚という金銭契約です。 「結婚はデリバティブ取引と同じでゼロサムゲーム。こと金に関しては夫婦は食うか食われるかの関係にある」。金融工学と恋愛工学について研究を重ねてきた藤沢数希が、適切な結婚相手の選び方を具体的なケースを元に解き明かす!

藤沢数希
理論物理学、コンピューター・シミュレーションの分野で博士号取得。欧米の研究機関で教鞭を取った後、外資系投資銀行に転身。以後、マーケットの定量分析、経済予測、トレーディング業務などに従事。また、高度なリスクマネジメントの技法を恋愛に応用した『恋愛工学』の第一人者でもある。月間100万PVの人気ブログ『金融日記』の管理人。

その他の記事

急成長を遂げる「暗闇バイクエクササイズ」仕掛け人は入社3年目!?–「社員満足度経営」こそが最強のソリューションである!!(鷲見貴彦)
週刊金融日記 第292号【ビットコインのお家騒動は続く、ビットコインキャッシュ大暴騰他】(藤沢数希)
夏休み工作、今年の「音友ムック」はQWT型!(小寺信良)
資本主義の「貪欲さ」から逃げるように拡散するエッジ・ブルックリンの本当の魅力(高城剛)
世界は本当に美しいのだろうか 〜 小林晋平×福岡要対談から(甲野善紀)
グリーンラッシュ:合法な大麻ビジネスがもたらす大いなる可能性(高城剛)
「見て見て!」ではいずれ通用しなくなる–クリエイターの理想としての「高倉健」(紀里谷和明)
公開中映画『郊遊<ピクニック>』監督・蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)インタビュー 「俳優」「廃墟」「自由」を語る(切通理作)
正しい苦しみ方(岩崎夏海)
米国の変容を実感するポートランドの今(高城剛)
『「赤毛のアン」で英語づけ』(2) 何げないものへの〝感激力〟を育てよう(茂木健一郎)
高2だった僕はその文章に感情を強く揺さぶられた〜石牟礼道子さんの「ゆき女聞き書き」(川端裕人)
Netflix訪問で考えた「社内風土」と「働き方」(西田宗千佳)
うざい店員への対応法(天野ひろゆき)
うまくやろうと思わないほうがうまくいく(家入一真)
藤沢数希のメールマガジン
「週刊金融日記」

[料金(税込)] 864円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回以上配信(毎週日曜日配信予定)

ページのトップへ