小寺・西田の「金曜ランチビュッフェ」より

「VRでサッカー」を堪能する

※メールマガジン「小寺・西田の金曜ランチビュッフェ」2018年7月27日 Vol.182 <議論は続くよどこまでも号>より

5月頃の熱気は去ったように思うが、今年はVRビジネス、それもゲーム以外が盛り上がるタイミングであるように感じる。中でもスポーツは、非常にわかりやすく万人ウケする要素であるので、非常に活発で、日本でも複数のサービスが準備中である。今週も、KDDIグループのSupershipが、プロ野球 パ・リーグのVR中継を行う「パーソル パ・リーグTV VR」の発表があった。

Oculus GoやGear VRで楽しむパ・リーグVR配信。家でもチャットで“一緒に観戦”

筆者もずっと「VRでのスポーツ」が気になっていた。といっても、野球ではない。自慢ではないが、筆者はほとんど野球をしたことがなく(なんたって、いわゆる「女の子投げ」しかできない)、小学生の頃からサッカーばかりだった。今でも、見るスポーツはサッカーが中心。モータースポーツや自転車競技、アメリカンフットボールも最近見るようになったが、なんといってもサッカーである。

実は今年のワールドカップは、「VR配信元年」でもあった。アメリカでは、FOX SPORTSやNextVRなどが、ワールドカップのいくつかの試合をVRで中継している。

では、今回の記事はその話なのか……というとそうではない。残念ながら、それらのVR中継は、権利の関係から、アメリカ国内でしか配信されなかった。VR配信は、筆者がアメリカ出張から「帰国後」に始まったので、正式な形で見ることはできなかったからだ。

……実は、一試合だけ、日本からVPNを介して見たのだが、それは配信権の関係もあるし、みなさんにとてもお勧めできる方法でもないので、一切記事化はしていない。アメリカ在住のゲームライターである、ファミ通編集部のミル☆吉村氏が記事化しており、こちらをお読みいただくのが近道だ。

ある意味、現実のスタジアムに行くよりスゴい! VRでのワールドカップ観戦リポート

日本からこの辺の記事を書けないのが、実はちょっと残念だった。では筆者はどうすることにしたか?

待つことにしたのだ。

確かに、ワールドカップは権利の問題が厳しい。だが、インターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)は別。VR動画コンテンツを配信する「NextVR」が中継を行うからだ。

・NextVR。サッカーだけでなく、バスケットボールやプロレス、音楽ライブなど、多数のVR映像中継を行っている。しかも現状、利用料は「無料」。

NextVRは、Oculus RiftやHTC Vive、PlayStation VR、Windows Mixed RealityなどのハイエンドVR HMDはもちろん、DaydreamやCardboardのようなスマホVRにも、そして、Oculus Goにもサービスを提供している。また、映像はOculus向けのVRパブリックビューイングサービス「Oculus Venues」にも提供されているので、複数のサービスで視聴可能だ。

そしてコンテンツのひとつとして、ICCのVR配信権を獲得しており、世界各地で視聴可能にしている。まったく制限がないわけではないが、日本も視聴可能国のひとつだ。

・ICCの各試合のダイジェストも配信中

NextVRによるICCの配信は、試合のハイライトを中心に、多数行われている。しかも現状、無料だ。そのうち、試合を丸々中継するライブ配信は、日本時間で「7月26日 12時05分から」と「7月29日 12時05分から」。前者はACミラン対マンチェスター・ユナイテッド戦で、後者はバルセロナ対トッテナムの一戦である。筆者は26日のミラン・マンU戦にターゲットを絞り、実際に試してみることにした。自宅にはNextVRが視聴できるHMDは複数あるが、今回はOculus Venuesとの比較もしたかったので、Oculus Goを選んでいる。

・Oculus Goのメニューにも「現在行われているイベント」「近々行われるイベント」として、ICCのライブ中継が出てきた

・NextVRの中で配信が行われていると、このような表示が

VRでの試合中継はどんなものなのか? 写真をみていただくのが一番わかりやすいだろう。ゴール脇とピッチサイドにカメラを置き、そこからの中継を、展開に合わせて切り換えながら見せていくような形だった。また、プレイ中の全景やボールが動いている場所については、空中にウインドウが重なるような形で、その場所の映像が表示される。

・NextVRでの試合中継。ゴール脇やピッチサイドから試合を見るような感覚だ。

VRで視聴というと、「まるでスタジアムに行ったような」という言葉が思い浮かぶが、NextVRでのサッカー中継はちょっと違う。実際にスタジアムに行っても見られない、圧倒的に「かぶりつき」の席から見られるのである。このシーンを見られるのは、審判かボールボーイくらいのものだ。

といっても、この形、サッカーを見るにはベストか、というとそうでもない。サッカーはボールをもっていないプレイヤーの動きも重要だし、ピッチ上での動きも速い。だから、テレビ中継では「俯瞰気味」の映像が基本だ。スタジアムの場合にも、ゴール裏のサポーター席より、全体を見れる席の方がチケットは高い。

サッカーはスタジアムで見ると非常に面白く、わかりやすいスポーツなのだが、それは、「顔を動かせば全体が簡単に見える」という、視界の広さによるものだ。VRでは、やはりテレビとは異なり、「枠の中を見ているのではない」感覚が強い。スタジアムに比べると全体は見づらいが、それでも、テレビよりははるかに迫力があり、それでいてテレビより広い視界を持てるわけで、今までにない体験である。

NextVRがこの画角をあえて採用しているのは、映像の迫力を重視してかと思う。画像だけではわからないが、NextVRでのICC中継は、映像が「視界180度・立体」で撮影されている。だから、選手の動きや迫力が段違いであり、まさに「VRならでは」の楽しみ方ができる。もちろん、ピッチ全体の動きを見たいので、俯瞰画面や位置の変更などがセットになっている。点数表示は足下に立体で置かれているし、振り向くとそこには映像はなく、トロフィーなどが置かれている。

・得点表示は足下に

・映像は正面180度のみ。背面にはICCのトロフィーが

それに対し、Oculus VenuesはVRを「大画面の迫力」と「誰かと一緒に見る」ことに使っている。映像は同じNextVRから提供されたものなのだが、NextVRが3D配信している一方で、Oculus Venuesでは2D。その代わり、周囲には同じ中継を見ている人が多数いて(筆者が試した時には40名弱だった)、思い思いに音声チャットで盛り上がっていた。

・Oculus Venues。こちらは試合のキャプチャが禁止されている(機能が働かない)ので、広報画像にて。このように、劇場的な場所で「みんなでパブリックビューイングを見る」感覚だ。

今回は、参加者がアメリカを中心としていたために、シアター内で聞こえるのは英語だけ。そこに、自分の拙い英語で入っていってサッカー談義をする自信はなかった。周りが皆日本人だったり「勝手知ったる」相手だったりすれば、また話は別だろう。今回は、3Dのインパクトも含め、NextVRの配信が好ましく思えた。

もちろん問題点はたくさんある。

解像度がまだまだ足りないので、選手の顔や背番号が見えない。ピッチの反対側どころか、中程ですらもう無理だ。中央だけでなく色々なところに視線を動かすので、どうにも忙しい。今のVRは、中央以外はあえて解像度を落として処理負荷を軽減しているので、解像感の低下や色割れを感じやすくなる。次の次の世界くらいにならないと、「現地で見ている感覚の情報量」にはなりそうにない。

最近は、テレビ視聴時にスマホやタブレットでSNSを見ながら「実況」、という楽しみ方をすることも多いが、今のVRは1アプリが視界すべてを覆う形なので、試合を見ている時にSNSを使うことはできない。映画のように「一緒につぶやく」ことがないメディアならいいのだが、スポーツだと、やはり「画面上にTwitterが出したいな」と思うシーンはあった。

また、NextVRは配信中の停止やコマ落ちが多く見られた。同じソースを2Dで配信しているOculus Venuesは問題なかったので、3Dでの配信がかなり「重い」のだろう。

技術的にはまだまだ問題が多いものの、「180度の3D映像でスポーツ配信」は、かなり有望そうだ、次の機会があったら見るか、と言われれば、確実に見る。

とりあえずNextVRによるICCのサッカー中継は、7月29日・12時05分(日本時間)から行われる「バルセロナ対トッテナム」。この日程に間に合わない場合も、オンデマンド配信中のダイジェスト版は視聴可能だ。ぜひみなさんもチェックしてみていただきたい。

 

小寺・西田の「金曜ランチビュッフェ

2018年7月27日 Vol.182 <議論は続くよどこまでも号> 目次

01 論壇【小寺】
 著作権侵害ブロッキング議論の今
02 余談【西田】
 「VRでサッカー」を堪能する
03 対談【小寺】
 デジカメWatch折本編集長と語る、「コンデジ奇談」 (5)
04 過去記事【小寺】
 崩れ落ちるアクションカメラ市場、次の一手
05 ニュースクリップ
06 今週のおたより
07 今週のおしごと

 
12コラムニスト小寺信良と、ジャーナリスト西田宗千佳がお送りする、業界俯瞰型メールマガジン。 家電、ガジェット、通信、放送、映像、オーディオ、IT教育など、2人が興味関心のおもむくまま縦横無尽に駆け巡り、「普通そんなこと知らないよね」という情報をお届けします。毎週金曜日12時丁度にお届け。1週ごとにメインパーソナリティを交代。   ご購読・詳細はこちらから!

その他の記事

カビ毒ダイエットという新しい考え方(高城剛)
Hagexさんの訃報に関して(やまもといちろう)
ピダハンとの衝撃の出会い(甲野善紀)
ソフトバンク・Pepperの価格設定から見る「売り切り時代」の終わり(西田宗千佳)
「けものフレンズ」を見てみたら/アマゾン・イキトスで出会った動物たち(川端裕人)
日本の脱原発は本当に可能なのか?――ドイツ10年の歩みに学ぶエネルギー政策(津田大介)
あまり語られることのないエストニアが電子政府に向かわざるをえない本当の理由(高城剛)
「分からなさ」が与えてくれる力(北川貴英)
「定額制コンテンツサービス」での収益還元はどうなっているのか(西田宗千佳)
「13歳の息子へ送ったiPhoneの使用契約書」が優れている理由(小寺信良)
高いエステはなぜ痛いのか――刺激と退屈の心理学(名越康文)
「見たことのないもの」をいかに描くか–『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』(切通理作)
そろそろ中国の景気が悪くなってきた件について(やまもといちろう)
チェルノブイリからフクシマへ――東浩紀が語る「福島第一原発観光地化計画」の意義(津田大介)
これからの日本のビジネスを変える!? 「類人猿分類」は<立ち位置>の心理学(名越康文)

ページのトップへ