藤沢数希
@kazu_fujisawa

週刊金融日記 第302号【コインチェックで人類史上最高額の盗難事件が起こり顧客資産凍結、暗号通貨は冬の時代へ他】

藤沢数希のメルマガ『週刊金融日記』第302号(2018年2月1日発行)より、冒頭部分をお届けします。

〘第302号 目次紹介〙
// 週刊金融日記
// 2018年2月1日 第302号
// コインチェックで人類史上最高額の盗難事件が起こり顧客資産凍結
// 暗号通貨は冬の時代へ
// 羽田空港で飛行機を眺めながらハンバーグ
// 子宮頚がんを告白されてから彼女にコミットすることに
// 他

 こんにちは。藤沢数希です。

 最近、寒いですね。あと、日照時間が短いです。僕は季節性の鬱病的なところがありまして、毎年、この時期はテンションが低いです。やる気があまり出ません。それでも、何とかトレーディングしたり執筆活動をしております。来年からはこの季節は南の島で過ごす予定です。

 このように寒く厳しい季節ですが、1月はBTC-FXとビットコイン現物のスプレッド・トレーディングとコインチェック社のハッキングのニュースを確認してからのショート戦略で、月間では過去最高益が出ました。まあ、このメルマガで書いたとおりのことをそのまま粛々とやっていただけなんですけどね。

『週刊金融日記 第300号 なぜプロ(雇われ)のトレーダーは相場の上昇に賭けないのかを考えるといろいろ面白い』

 ところで、モータースポーツの最高峰であるF1でレースクイーンが廃止されるそうです。時代の流れですね。

●F1がレースクイーンの廃止を発表「現代の社会模範とはずれている」
http://news.livedoor.com/article/detail/14238335/

 基本的に、女性が政治の世界で力を持つようになると、こういうことが増えていきます。恋愛工学で考えればすごくスッキリすると思いますが、顔が良くスタイルがいい女性というのはごく一部で、そういう女性がレースクイーンになって、大金持ちのレーサーとセックスして、たまに結婚したりするのを大多数の女性は快く思っておりません。民主主義は多数派が少数派を搾取するゲームなので、女性が政治力を持つと、こうした少数派の女性の力を削ごうとするメカニズムが働きます。少数派の金持ちの男性は、民主主義の政治ゲームにおいて、常に大多数のふつうの所得の男性から富を略奪され続けるのといっしょですね。

 男女同権も民主主義も、絶対的に正しいことなので、こうした世の中の流れに抗うことはできませんし、また、抗うべきではないでしょうね。僕は男女同権はいいことだと思います。

 今週も面白い投稿がいくつもありました。見どころは以下のとおりです。

―小室哲哉不倫報道での引退についてご意見をお聞かせください
―PCやスマホをフリマアプリで売ると個人情報を悪用されますか
―BTCの現物ロングとBTC-FXショートによるデルタニュートラルのポジションについて
―YouTubeを用いたYouTuberモテ戦略
―童貞卒業ベストプラクティス
―子宮頚がんを告白されてから彼女にコミットすることに

 それでは今週もよろしくお願いします。
 

1.コインチェックで人類史上最高額の盗難事件が起こり顧客資産凍結

 ついに恐れていたことが、起こるべくして起こってしまいました。1月26日、現物ビットコイン取引では日本No1(ということは世界でもトップクラスの規模)の取引所であるコインチェックから約580億円のnemという暗号通貨がハッカーに盗まれました。僕が知る限り、これは人類史上最大の盗難劇です。
 
●coincheck(コインチェック)史上最大のnemハッキング盗難事件経緯まとめ〜発生から補償まで〜
http://it-toranoana.com/2018/01/28/coincheck-hacking/

●コインチェック社のハッキング世界最高被害規模を更新したGOXと、同社記者会見について思うことを徒然
https://junyahirano.com/archives/2133
 
 このニュースが発表され、多くの人は、これでコインチェック社は破産だろう……、と思ったのですが、すぐにすべて現金で返済する、と発表したため、また、別の意味で度肝を抜かれました。27歳の社長が経営するベンチャー企業はそんなに儲かっているのか、と。しかし、その後は、日本円とすべての暗号通貨資産が出金できなくなっております。さらに、円の入金だけは受け付けるという状態が続いており、さまざまな憶測が広がっています。

 本当にそんなに儲かっていたのか、あるいはこの500億円ほどの穴を埋めるべく救済してくれる投資家が現れたのか、あるいは、やはりそんな金はなく、このまま破産申請になるのか、まったく先が読めない状況です。コインチェックに資産が凍結されてしまっている読者の方も多いかと思いますが、なかなか大変な状況になってきました。僕も12月のアフィリエイト収入だった約50万円がそのままコインチェックに置いてあるままです。メインに使っていた取引所ではなく、それほど大きな被害にならずに済みました。

 しかし、暗号通貨というのは、本当に短期間にさまざまな「人類史上最大」の事件が起こり、まるで超早送りで金融史を見ているかのようです。そして、この事件で、これまで明らかになっていなかった重要な定量データが出てきました。そのことについて、今回は書きたいです。

【日本人はめちゃくちゃ暗号通貨を買っている】

 
(続きは藤沢数希のメールマガジン『週刊金融日記』第302号にてお読みください)


藤沢数希のメルマガはこちら

藤沢数希のメールマガジン『週刊金融日記』


【料金】 864円(税込)/月 <初回購読時、1ヶ月間無料!>
【発行周期】 月4回以上配信(毎週日曜日配信予定)

藤沢数希が政治、経済、ビジネス、そして恋愛工学について毎週メルマガをお届けします。不特定多数が閲覧するブログ『金融日記』では書けないディープで具体的なお話が満載。マネーと恋愛に関する経済分析、法律論、リスクマネジメントを中心に情報をお届けします。



藤沢数希・著『損する結婚 儲かる離婚』

男女双方とも、簡単に全財産以上の金額が吹っ飛ぶのが結婚という金銭契約です。 「結婚はデリバティブ取引と同じでゼロサムゲーム。こと金に関しては夫婦は食うか食われるかの関係にある」。金融工学と恋愛工学について研究を重ねてきた藤沢数希が、適切な結婚相手の選び方を具体的なケースを元に解き明かす!

藤沢数希
理論物理学、コンピューター・シミュレーションの分野で博士号取得。欧米の研究機関で教鞭を取った後、外資系投資銀行に転身。以後、マーケットの定量分析、経済予測、トレーディング業務などに従事。また、高度なリスクマネジメントの技法を恋愛に応用した『恋愛工学』の第一人者でもある。月間100万PVの人気ブログ『金融日記』の管理人。

その他の記事

中国人が日本人を嫌いになる理由(中島恵)
仮想通貨はトーチライトか?(やまもといちろう)
「科学的」と言われることは「現在のひとつの見方」にしか過ぎない(高城剛)
最下位転落の楽天イーグルスを三年ぐらいかけてどうにかしたいという話に(やまもといちろう)
嘘のこと〜自分の中の「真実」が多数のリアリティによってひっくり返されるとき(川端裕人)
いじめられたくなければ空気を読め(岩崎夏海)
楽しくも儚い埼玉県知事選事情(やまもといちろう)
2ちゃんねるのスレがニュースになる時代(家入一真)
川の向こう側とこちら側(名越康文)
達成感の得られない仕事とどう向き合うか(甲野善紀)
「実は言われているほど新事実はなく、変わっているのは評価だけだ」問題(やまもといちろう)
グリーンラッシュ:合法な大麻ビジネスがもたらす大いなる可能性(高城剛)
未来を見据えた働き方 カギは隙間時間にあり(家入一真)
「空気を読む力」を育てる4つの習慣(岩崎夏海)
「VRでサッカー」を堪能する(西田宗千佳)
藤沢数希のメールマガジン
「週刊金融日記」

[料金(税込)] 864円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回以上配信(毎週日曜日配信予定)

ページのトップへ