津田大介
@tsuda

『メディアの現場』特別号外より

メルマガの未来~オープンとクローズの狭間で

ブロマガと夜間飛行の違い

津田:とくに、「読みやすく」というところがポイントです。今、津田マガの編集を頼んでいる松本香織に声をかけたのも、彼女が構成した文章を読んで「抜群に上手い」と思ったからです。僕自身も構成マニアというか、対談やインタビューの構成は大好きで、かなり凝るタイプなんですが、彼女は僕よりも構成が上手い。津田マガはそういう人たちに支えられて、今のクオリティを維持しているわけです。

それでね、夜間飛行がどうやって生き残っていくかという話ですが、まさにこのインタビューで実現しているように、ある企画を立てて、それを「読みやすいテキスト」に落とし込むことができるというのが、夜間飛行の持つ強みだと思うんです。

実際、先日のニコ生を僕は2時間弱観たわけですが、長いですよね。よほど興味のあるテーマでもない限り、現代人は1時間半もかけて動画を観ることはできません。でも、もしあの生放送を文字に起こして整理をすれば、きっと15分もあれば読めるものになる。そうすればずっと多くの人に内容を知ってもらうことができますね。

井之上:なるほど。画像をつけたり、動画をつけたりすることが、「リッチコンテンツ」と言われてきましたが、実は、情報の圧縮率が高いものこそ、「リッチ」なコンテンツだということですね。

津田:ええ、そうです。そして、リアルな空間を圧縮する場合に、「文字」というのはとても優秀です。

今では、会見を中継することを「tsudaる」なんて言われていますが、実は僕がツイッターを使ってやっていたのも、まさに「文字による情報の圧縮」なんです。会見全部を見ている時間がない人に向けて、ポイントだけをテキストにまとめて読めるようにした。この仕事のおかげで僕自身も世間に注目してもらえるようになったわけです。

そう考えてみると、ブロマガというのは、実際問題、夜間飛行にとってものすごく強力なライバルだと思いますが、最終的にはうまく住み分けられるような気がします。

というのは、ブロマガは動画があるというのが売りです。動画というのは、結局、コミュニケーションの道具なんですよ。話されている内容がどうであれ、読者と視聴者が触れ合うこと自体を楽しむメディアです。一方でテキストの強さは、コンテンツの純度が高いという点です。だから、ブロマガは、ソーシャルなコミュニケーションの力で人を呼び込む。夜間飛行はコンテンツの純度を高めて、コンテンツの力で人を呼び込む。どちらが正解ということでもないと思うんです。

 

…続きはご購読の上、お楽しみください。

(注):ニコニコ生放送9月5日放送「メルマガの未来~ネットはオープンorクローズ...どちらに進んでいくのか」のこと。津田さんは司会をしたかったのだが、ほかのスケジュールと重なっていたため、出演できなかった。
http://news.nicovideo.jp/watch/nw360503

<津田大介メルマガ『メディアの現場』特別号外Vol.1より>

 

1 2 3 4 5 6
津田大介
ジャーナリスト/メディア・アクティビスト。1973年生まれ。東京都出身。早稲田大学社会科学部卒。早稲田大学大学院政治学研究科ジャーナリズムコース非常勤講師。一般社団法人インターネットユーザー協会代表理事。J-WAVE『JAM THE WORLD』火曜日ナビゲーター。IT・ネットサービスやネットカルチャー、ネットジャーナリズム、著作権問題、コンテンツビジネス論などを専門分野に執筆活動を行う。ネットニュースメディア「ナタリー」の設立・運営にも携わる。主な著書に『Twitter社会論』(洋泉社)、『未来型サバイバル音楽論』(中央公論新社)など。

その他の記事

渋谷オフィスビルの空室率から感じる東京一極集中の崩壊(高城剛)
乙武洋匡さんの問題が投げかけたもの(やまもといちろう)
生まれてはじめて「ジャックポット」が出た(西田宗千佳)
世界的な景気減速見込みで訪れる「半世紀の冬」(やまもといちろう)
「意識のレベル」を測る手技を学ぶ(高城剛)
楽しくも儚い埼玉県知事選事情(やまもといちろう)
「50歳、食いしん坊、大酒飲み」の僕が40キロ以上の減量ができた理由(本田雅一)
これからの時代にふさわしい正月らしさとは(高城剛)
ロバート・エルドリッヂの「日本の未来を考える外交ゼミナール」が2017年8月上旬にオープン!(ロバート・エルドリッヂ)
仮想通貨(暗号資産)相場は何度でもバブり、何度でも弾ける(やまもといちろう)
なぜ今? 音楽ストリーミングサービスの戦々恐々(小寺信良)
この時代に求められるのは免疫力を高め、頼らない「覚悟」を持つ事(高城剛)
人々が集まる場に必要なみっつの領域(高城剛)
冬至の日に一足早く新年を迎える(高城剛)
TikTok(ByteDance)やTencentなどからの共同研究提案はどこまでどうであるか(やまもといちろう)
津田大介のメールマガジン
「メディアの現場」

[料金(税込)] 660円(税込)/ 月
[発行周期] 月1回以上配信(不定期)

ページのトップへ