城繁幸
@joshigeyuki

期間限定公開! 新刊『「10年後失業」に備えるためにいま読んでおきたい話』

【第3話】見よ、あれがユニオンズの星だ!

フィールドでは何ヵ所かでピッチングやバッティングの審査が行われている。

「事務局長! いま打席に立った選手って、数年前に本塁打、打点で二冠王をとった 中森章介じゃないですか! 楽天を自由契約になったって聞いたけど、まさかうちに来てくれるなんて......こりゃ主軸は確定ですね」

中森のフルスイングのたびに、他の選手がどよめくのがわかる。

浮かれるスタッフの中で、一人だけ冷静にフィールドを見つめる男がいた。ユニオ ンズ・スカウトの五十嵐潤は、横須賀時代から20年以上スカウトに携わる大ベテラン だ。他球団のスタッフも彼には一目置いている。彼の手を経て球界を代表するスターとなった選手は少なくない。もちろん、山田も平野も、五十嵐には全幅の信頼を置いている。平野は鼻高々で五十嵐に話しかけた。

「どうです? 五十嵐さん。ダイヤの原石は見つかりましたかな?」

「いや、全然。こりゃお話になりませんな」

「......」

あわてた山田がすかさず間に割って入った。

「そ、そうですか? まあ、そりゃドラフトで名前出ている選手よりは数段落ちるで しょうが、みな気合入った良い選手ですよ」

「確かに、無名選手の中には鍛えればモノになるかもしれない奴はいるでしょ。でも、ぱっとみて分かるほどの奴はいないね」

「で、でも、自由契約組はどうです? 昨年までレギュラーだった選手も何人かいる。 特に、二冠王の中森なんて、即4番確定でしょう」

フンといった感じで中森の方を一瞥すると、五十嵐はぼそっとつぶやいた。

「まあ、あいつがダイヤだったことは間違いないでしょう。それは認めますよ。でも ね、今もダイヤかどうかはわからない(※5)」

その時、気まずい空気を吹き飛ばすかのように、中森の快音が響きわたった。

「おお、今日5本目の柵越えだぞ 」

スタッフが歓声を上げる。

 

 ※5 今もダイヤかどうかは〜/過去の実績に敬意を表することは大事だが、過去の実績はこれからの仕事の質を保証しない。

 

1 2 3 4 5
城繁幸
人事コンサルティング「Joe's Labo」代表取締役。1973年生まれ。東京大学法学部卒業後、富士通入社。2004年独立。人事制度、採用等の各種雇用問題において、「若者の視点」を取り入れたユニークな意見を各種メディアで発信中。代表作『若者はなぜ3年で辞めるのか?』『3年で辞めた若者はどこへ行ったのか-アウトサイダーの時代』『7割は課長にさえなれません 終身雇用の幻想』等。

その他の記事

復路の哲学–されど、語るに足る人生(平川克美)
「+メッセージ」はBot時代への布石だ(西田宗千佳)
ネットメディア激変の構図とサブスクリプション問題(やまもといちろう)
なんでもアリのハイレゾスピーカー「RS-301」を試す(小寺信良)
「コントラスト」と「ダイナミックレンジ」(高城剛)
かつて輸出大国だった日本の面影をモンブランの麓でモンブラン・ケーキに見る(高城剛)
なぜ、旅人たちは賢者のような眼をしているのか–旅こそが最良のソロタイム(名越康文)
AIの呪縛から解き放たれ、なにかに偶然出会う可能性を求めて(高城剛)
部屋は「あなた」である――掃除をするか、旅に出るか(名越康文)
今だからこそすすめたい「カンヅメ」暮らし(高城剛)
「狂信」と「深い信仰」を分ける境界(甲野善紀)
お悩み相談室 スナックりさちゃんへようこそ!(若林理砂)
夏の終わりに不老不死の可能性を考える(高城剛)
総務省調査に見るネット利用の姿(小寺信良)
伊達政宗が「食べられる庭」として築いた「杜の都」(高城剛)
城繁幸のメールマガジン
「『サラリーマン・キャリアナビ』★出世と喧嘩の正しい作法」

[料金(税込)] 330円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回配信(第2第4金曜日配信予定)

ページのトップへ