城繁幸
@joshigeyuki

期間限定公開! 新刊『「10年後失業」に備えるためにいま読んでおきたい話』

【第3話】見よ、あれがユニオンズの星だ!


駒沢大学野球部合宿所の会議室には、加賀にくわえ、監督、コーチが3人並んで座っている。こちらはスカウト2名に管理部長の山田で計4人。数からいえばこっちの方が多いが、雰囲気では完全に飲まれていた。そもそも、前任者からは、ドラフト上位者との交渉は手ごたえアリと引き継いでいる。

「あの、なにかいたらぬ点でもありましたでしょうか......」

「全部だよ!」

監督は苦虫をかみつぶしたような顔で続けた。

「契約書を見たが、ありゃなんだい 初年度440万円からスタートなんて、そこらの実業団と変わらないじゃないか!」

「あ、あの、一軍昇格したら1500万円は保証されますし、もちろん獲得タイトル 分は出来高上乗せいたします。......それに、現役の間は年俸はカットしませんし、本人の同意しないトレード、自由契約は一切ありません。また、引退後は連合傘下企業 での終身雇用を保証いたします。長い目で見れば、けっして他球団選手の生涯賃金に見劣りするものではありません(※2)」

「いいかい? うちの加賀はメジャーからも身分照会されとるんだよ。彼の右腕なら 一年目で1億も夢じゃない。そんな金の卵を400万ちょっとで渡せると思うかね?」

「そ、それは......」

「とにかく、ユニオンズとの交渉は打ち切らせてもらうよ。加賀はメジャーに行かせ る。向こうで揉まれたほうが長い目で見て本人のためだろう」

その日のうちに、球団事務所には同じような連絡が相次いだ。ドラフト1位以下、 ほぼ全員が交渉を打ち切り、メジャーや実業団の道を選ぶという。

あわてた山田は、連合事務局長の平野にお伺いを立てた。

 

※2 長い目で見れば、けっして他球団に劣らない/平均年俸2000万円で 年間契約した場合のトータル賃金は2億円だ が、平均年収800万円で40年間サラリーマンした場合の生涯賃金は3億2000万である。しかも単年度あたりの高額所得者は最高で4割税金として持っていかれるが、(各種控除を加えれば)平均的サラリーマンの実質的な所得税は2%程度に過ぎないので、この差はさらに拡大する。もっとも、それには会社が40年間存続することが前提ではあるが。

1 2 3 4 5
城繁幸
人事コンサルティング「Joe's Labo」代表取締役。1973年生まれ。東京大学法学部卒業後、富士通入社。2004年独立。人事制度、採用等の各種雇用問題において、「若者の視点」を取り入れたユニークな意見を各種メディアで発信中。代表作『若者はなぜ3年で辞めるのか?』『3年で辞めた若者はどこへ行ったのか-アウトサイダーの時代』『7割は課長にさえなれません 終身雇用の幻想』等。

その他の記事

世界旅行の際にちょっと得する航空券の買い方(高城剛)
なぜ『フィナンシャル・タイムズ』は売られたのか(ふるまいよしこ)
いつもは持たない望遠レンズで臨む世界遺産パンタナル大湿原(高城剛)
隣は「どうやって文字入力する」人ぞ(西田宗千佳)
Adobe Max Japan 2018で「新アプリ」について聞いてみた(西田宗千佳)
被差別属性としての「キモくて金のないおっさん」とは何か(やまもといちろう)
大国の世相変化に翻弄される香港の今(高城剛)
ソーシャルビジネスが世界を変える――ムハマド・ユヌスが提唱する「利他的な」経済の仕組み(津田大介)
総務省調査に見るネット利用の姿(小寺信良)
「モザイク」は誰を守っているのか−−向こう側からは見えている(小田嶋隆&平川克美)
大人の女におやつはいらない 上質な人生を送るための5つの習慣(若林理砂)
21世紀のスマートトラベラーは天候のヘッジまで考えなければいけない(高城剛)
成功を目指すのではなく、「居場所」を作ろう(小山龍介)
「逃げる」というのは「努力しない」ということじゃないよ(家入一真)
2015年買って良かった4つの製品(西田宗千佳)
城繁幸のメールマガジン
「『サラリーマン・キャリアナビ』★出世と喧嘩の正しい作法」

[料金(税込)] 330円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回配信(第2第4金曜日配信予定)

ページのトップへ