天野ひろゆき
@1ribottiamano‎

天野ひろゆきメルマガのQ&Aコーナーより

うざい店員への対応法

 

※この対談は天野ひろゆきさんのメールマガジン「天野人語~メルマガでしか言えない話~」のQ&Aコーナーより抜粋したものです。

 

【質問】 私は、営業スマイルをしてくる人が苦手です。なぜか騙されそうな気がしてしまい、お店に入って満面の笑みの店員さんが寄ってくるとつい後づさりしてしまいます。ゆっくりお店を見たい時にも困るので、どうしたらいいでしょう?(アルバイト・男 25歳)

 

天野:営業スマイルだって気づいている時点で騙されないから大丈夫(笑)。

 

秘書:ゆっくりお店を見たい時にも困ってしまいます、と。

 

天野:「一人でゆっくり見たいんでいいですか」って店員さんに言えばいい。

 

秘書:ハッキリ言うことが大事と。

 

天野:最近は、「ただ見たいだけです」。とかそういう意思表示するバンドみたいのもあるけど、あまりいい文化でないと思うね。ピンク色は接客しないでくださいとか、〇〇色は接客を求めていますとか。

 

秘書:そういうのがあるんですね。

 

天野:声かけろって(笑)。外国の文化なのかな?その距離感を測るのが店員の仕事だと思うんだけどね。やんわり断ればいいのよ、一生付き合うわけじゃないから。それにしても悩んでいる人って取り越し苦労の人が多いね。俺にとっては何の悩みでもないことが多いんだけど(笑)。

 

※この対談は天野ひろゆきさんのメールマガジン「天野人語~メルマガでしか言えない話~」のQ&Aコーナーより抜粋したものです。

 

天野ひろゆきさんのメールマガジン「天野人語~メルマガでしか言えない話~

33-1お笑い芸人の、天野ひろゆきが編集長の公式メルマガです。ウドさんの絶え間無いボケを全て引き受ける天野さんのツッコミ目線を生かし、編集長自ら新しい事を学んだり、旬な人と対談したり、ビジネスの事などを語ります。そして、読者からの相談にも乗ります。メルマガは紙面に制限が無いので、テレビやラジオでは考えられない位、じっくりと深い内容となっています。

詳細・ご購読はこちら
http://yakan-hiko.com/amano.html

天野ひろゆき
1970年3月24日生まれ。愛知県岡崎市出身。お笑いコンビ「キャイ~ン」のツッコミおよびネタ作り担当。 相方はウド鈴木。本名、天野 博之(読み同じ)。愛称は天野っち(アマノッチ)。浅井企画所属。愛知教育大学附属高等学校、日本大学国際関係学部国際文化学科(現・国際教養学科)卒。テレビ・ラジオ番組出演多数。1990年代後半の日本テレビ黄金時代を代表する番組「ウッチャンナン チャンのウリナリ!!」のレギュラー出演者で、同番組内の企画ユニット「ブラックビスケッツ」で、紅白出場も果たす。

その他の記事

(4)視野を広げる(山中教子)
東大卒のポーカープロに聞く「場を支配する力」(家入一真)
日印デジタル・パートナーシップの裏にある各国の思惑を考える(高城剛)
いじめられたくなければ空気を読め(岩崎夏海)
アナログ三題(小寺信良)
伸びる人は「2週間1単位」で生活習慣を整える(名越康文)
『木屋町DARUMA』そして初のピンク映画!榊英雄監督ロングインタビュー(切通理作)
萌えセックス描写溢れる秋葉原をどうするべきか(やまもといちろう)
今週の動画「切込入身」(甲野善紀)
テレビのCASがまたおかしな事に。これで消費者の理解は得られるか?(小寺信良)
「昔ながらのタクシー」を避けて快適な旅を実現するためのコツ(高城剛)
アップル暗黒の時代だった90年代の思い出(本田雅一)
武術研究者の視点—アメフト違法タックル問題とは? そこから何かを学ぶか(甲野善紀)
夏の終わりに不老不死の可能性を考える(高城剛)
歴史上もっとも幸運にめぐまれたある駆逐艦の話(甲野善紀)
天野ひろゆきのメールマガジン
「天野人語~メルマガでしか言えない話~」

[料金(税込)] 648円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回配信(水曜日配信予定)

ページのトップへ