小寺信良のメルマガ『金曜ランチボックス』より

就活生へあまりアテにならないアドバイスをしてみる

学生達の就活が大変なことになってるらしい。リクルートが今年5月に発表した大卒求人倍率では、2008、2009年の2.14倍をピークに減少を続け、2012年卒業予定者では1.23倍、来年はちょっとだけ上昇するも、ほぼ横ばいの1.27倍という低水準だという。[*1]まあ1を切らないだけマシと言えるかもしれないが、希望する職種や会社に潜り込むのは相当難しそうだ。

特に昨年の震災に続き、中韓との摩擦でアジア圏での事業に不透明感が出てきた今年、内々定がパーになった人も少なくあるまいと思う。新卒でどこかに入社できなかった場合、その子たちはニートとして社会に溢れ出すことになるのだろうか。

 

夢や目標を持ちづらい時代

そもそも職業として何をするのか、何になるのかという夢や目標が持ちづらい世の中だ。広告代理店、旅行代理店が花形企業だったのも、景気がいい時の話である。理系・技術系の人は一流メーカーに就職したいかもしれないが、今は不採算部門の切り離しに精一杯で、工場ですら新卒の大量雇用などあり得ない。強いて挙げれば、通信系ではグリー、DeNAあたりはうまくいっているだろう。しかしどうも先行きに不安が残る。双方、泥沼の訴訟合戦を続けているというのも、イメージを悪くしている原因だろう。

うまいことやれる学生は、在学中にベンチャーを起こして卒業後はそこに収まるというのがゴールデンコースである。アメリカの名だたるネット企業は、みんなそうやって立ち上がってきた。日本でなかなかそれができないのは、学生諸君に責任があるとばかりは言い切れない。ベンチャーに金を出す投資家がいないことも大きな問題だ。そもそも学生には、どうやって投資家に接触すればいいのかもわからないだろう。筆者も正直わからない。アイデアと事業投資をマッチングする仕組みが日本にはないのだろう。

それでも何がやりたいかわかっている人はまだ幸せなほうだ。20歳そこそこで自分の才能を見いだし、これからの道を自分で開拓できる人などそう多くはない。「そもそも社会に出たことがないのに、どーせいっちゅーの」とやり場のない不安や憤りを抱えている学生も少なくないだろう。

そういう不満からなのかどうなのか、学生たちが昨年11月、「就活ぶっこわせデモ」なるものを新宿で開催したそうである。[*2] 今年もやるのだろうか。大学3年の時点ですでに内々定をもらわないとお先真っ暗、企業面接100社受けても通らない、何が何でも新卒じゃないと通らないのはシステムとしておかしいという主張には、まあ納得できるものがある。ただ多くの人が冷ややかにこれを見ていたのは、就活に失敗したからデモをやるというふうに見られたからだろう。

もちろん、状況がひっ迫している当人たちがデモをするのはまことに当たり前だし正しいのだが、時期が悪かった。今そんなことを主張されても、もう今年はそれで動き出しちゃったんだから、採用側としても方針を変えるわけにはいかない。さらに大学1、2年生はまだ全然そのあたりの危機感を共有することはできない。「自分はうまくやれる」と、みんな思っているからである。

1 2 3 4

その他の記事

今だからこそ! 「ドローンソン」の可能性(小寺信良)
作家を目指すあなたへ その1〜「書き出しの一行」が小説作品全体のたたずまいを決定する!(草薙渉)
ビジネスに「自己犠牲」はいらない! ーー私たちが「社員満足度経営」にたどり着いた理由(鷲見貴彦)
「常識の毒」を薬に変える(名越康文)
本当の知性を育む「問いへの感度を高める読書」(岩崎夏海)
冠婚葬祭に思うこと(やまもといちろう)
初めての映画の予算は5億円だった(紀里谷和明)
アイデアを生む予定表の「余白」(岩崎夏海)
なぜ今、「データジャーナリズム」なのか?――オープンデータ時代におけるジャーナリズムの役割(津田大介)
無意識の中にある「他者への期待」–その功罪(名越康文)
フジテレビ系『新報道2001』での微妙報道など(やまもといちろう)
週刊金融日記 第275号 <いまさら人に聞けないビットコインとブロックチェーン・テクノロジー他>(藤沢数希)
日本の30代以上だけが気づいていない「ノーリスクのリスク」(城繁幸)
メタ視点の鍛え方(岩崎夏海)
いま必要なのは「ちゃんと知ろうとする」こと(家入一真)

ページのトップへ