小寺信良のメルマガ『金曜ランチボックス』より

就活生へあまりアテにならないアドバイスをしてみる

30年前の就活

僕が就職したのはもう29年も前で、今とは全然社会構造が違う時代だった。しかも僕は専門学校卒で技術職だったので、求人の仕組みからして全然違っていた。

というのも、昔の専門学校には、だいたい会社のほうから求人が来たのである。「どこの会社で何職を何名募集」的な求人情報が廊下に張り出されるので、それを見ておのおの勝手に試験を受けに行く。

僕はそういうものだということを知らなかったので、卒業が迫った2月ぐらいまではぼんやりしていたのだが、担任の先生が「こでらくーん、そろそろどこか試験受けに行かないとなくなっちゃうよー」と言うので、一番求人枠が多かったビデオ技術者募集の会社に試験を受けにいった。それは希望した職種ではなかったが、田舎から出てきて一人暮らしの身では、ここで就職できなければ実家に帰るしかない。とりあえず社会に潜り込めばあとはなんとかなるだろう、という程度の考えだった。

僕は学生時代、レコーディングエンジニアになるべく音響工学を勉強をしていたのだが、僕が就職した1984年というのは、レコード業界でまったく求人がない、最悪の年だった。

というのも、当時は1980年に創業した「黎紅堂」「友&愛」をはじめとするレンタルレコードが大きな勢力をふるっていた。もちろん自分らもその恩恵を受けたクチである。しかしそれがゆえに音楽業界では収益が激減して、邦楽業界はガタガタだったのだ。著作権法が改正されて貸与権と報酬請求権が認められ、現在のように音楽業界がレンタル事業者から著作権料の分配を受けるようになったのは、1984年。ちょうど僕が就職した年のことで、それまで音楽業界は「貸され損」だったのである。

ちなみに「レンタルレコード」という業態を考案したのは、当時立教大学の学生であった大浦清一氏である。まさに学生ベンチャーが業界をひっくり返したのだが、そのあおりで音楽業界をめざす学生が就職できないという、なんとも皮肉なできごとが起こったわけである。

入社試験なるものを受けたのはその時1回限りで、そのまま合格して入社しまったので、「就職戦線が厳しかった」という実感はまるでない。しかも、実は僕が入った映像業界というのは当時、破竹の勢いで拡大していた業界だったのである。

1 2 3 4

その他の記事

【高城未来研究所】「海外に誇る日本」としてのデパ地下を探求する(高城剛)
ひとりぼっちの時間(ソロタイム)のススメ(名越康文)
悲しみの三波春夫(平川克美)
かつて輸出大国だった日本の面影をモンブランの麓でモンブラン・ケーキに見る(高城剛)
タロット、ルノルマン……人はなぜ「カード占い」にはまるのか(鏡リュウジ)
人はなぜ「モテたい」のか? いかにして集注欲求を昇華させるかが幸福のカギ(名越康文)
『ズレずに 生き抜く』(文藝春秋)が5月15日刊行されることになりました(やまもといちろう)
新海誠監督がこれまでの弱点を克服した傑作『君の名は。』(岩崎夏海)
急成長する米国大麻ビジネスをロスアンゼルスで実感する(高城剛)
人口減少社会だからこそこれからの不動産業界はアツい(岩崎夏海)
楽しくも儚い埼玉県知事選事情(やまもといちろう)
ポストコロナという次の大きな曲がり角(高城剛)
イビサで夕日のインフレを考える(高城剛)
スルーカ! スルーカ!(小寺信良)
2ちゃんねるのスレがニュースになる時代(家入一真)

ページのトップへ