小寺信良のメルマガ『金曜ランチボックス』より

就活生へあまりアテにならないアドバイスをしてみる

「ブームに巻き込まれる」という悲惨

「ニューメディア」なる言葉を聞いたことがあるだろうか。「あー、あったあった」とわかる人は、だいぶおっさんである。「ニューメディア」とは、80年代に続々と立ち上がった情報メディアの総称である。具体的には何があったかというと、

・キャプテンシステム
・衛星放送
・レンタルビデオ
・ファクシミリ
・ケーブルテレビ

などだ。「キャプテンシステム」など、みんな知ってるだろうか。電話回線を使って映像や簡易動画を送るシステムだそうだが、僕自身は現物すら見たことない。この中で僕が盛大に巻き込まれたのが、レンタルビデオである。

レンタルビデオ屋をやるわけではない。レンタルビデオで貸すための映画の字幕入れ作業が、大量に発生したのだ。音楽業界ではレコードによって大変革が起こった。それと同じことが映像の世界にもやってきたわけだ。

僕が最初に就職したのは、東北新社グループの技術部門だった。東北新社は映画のアフレコ業務で飛躍的に成長した会社である。成長のきっかけは1960~70年代にかけて、自前コンテンツが少なかったテレビ業界が、洋画やアメリカのテレビドラマを盛んに吹き替えで放映し始めたことにある。東北新社グループは、そのうち映画の買い付けや配給も手がけることになり、テレビと映画、両方の事業部を持つことになった。

レンタルビデオ事業は、アダルトビデオに支えられたという分析ものちに出てきたが、スタート当初は圧倒的に映画だった。最新映画だけでなく、もうどこの映画館でもかからなくなったような旧作、古典もシリーズ化することで、バンバン金を生むようになった。

業態が立ち上がって2~3年も経つと、変なものが流行るのが世の中の常である。ほどなくして「B級ホラーブーム」なるものが巻き起こった。裏方はもう大変だ。たいして面白くもない、気持ち悪いだけの映画に字幕を入れるのは、軽い拷問である。

ちょうどまた悪いことに、男女雇用機会均等法が1985年に施行されたため、われわれ技術屋チームに入ってきた僕の一学年下の後輩は、半分ぐらいが20歳そこそこの女の子だった。怖くて観られない、泣いちゃって仕事にならない、という状態をなんとかなだめすかしながら、仕事を前に進めなければならない。こっちはもう「死霊の盆踊り」とかタイトルで爆笑している場合ではないのである。

1 2 3 4

その他の記事

ここまで使ってこなくてごめんなさい! 意外なほど実用的だった「TransferJet」(西田宗千佳)
2017年、バブルの時代に(やまもといちろう)
コデラ的恋愛論(小寺信良)
なつのロケット団とISTは、リアル下町ロケットなのか(川端裕人)
脳と味覚の関係(本田雅一)
IR誘致に賭ける和歌山の今が象徴する日本の岐路(高城剛)
アカデミー賞騒ぎを振り返って〜往年の名優を巻き込んだ「手違い」(ロバート・ハリス)
国が“氷河期世代”をなんとかしようと言い出した時に読む話(城繁幸)
海のノマドの起源を求めて台湾山岳民族の村を訪ねる(高城剛)
「なぜ本を読まなければいけないのか」と思ったときに読む話(名越康文)
『外資系金融の終わり』著者インタビュー(藤沢数希)
子供会にLINEを導入してみた(小寺信良)
週刊金融日記 第265号 <日本社会で多夫一妻制が急激に進行していた 他>(藤沢数希)
「モザイク」は誰を守っているのか−−向こう側からは見えている(小田嶋隆&平川克美)
地域マネージメントのセンスに左右される観光地の将来(高城剛)

ページのトップへ