小寺信良のメルマガ『金曜ランチボックス』より

就活生へあまりアテにならないアドバイスをしてみる

動き続けてればなんとかなる

その当時、テレビ業界も乗りに乗っていた。衛星放送がいよいよ現実のものとなりつつあったからである。1984年にNHKのBS2aが、86年にBS2bが打ち上がり、いよいよ次は民放の番ということで、業界が一斉に浮き足立った。新しく放送局ができる、しかも全国放送である。「自分たちが放送局になりたい」と考える会社も出てきた。

大手映像制作会社だったテレコム・ジャパンもその一つである。テレビCMからテレビ番組まで幅広く手がけ、優秀な人材も多かった。番組制作会社としては数少ない「体育会系じゃない」雰囲気があり、技術スタッフにも非道なスケジュールを強いたりしないので、評判が良かった。僕もいくつかレギュラー番組を担当したことがある。

ここが衛星事業に乗り出した。確かに制作力はあるが資金力はどうなんだろう、という疑問も当時からあったのだが、やはり1991年の民間放送衛星打ち上げまでは資金が持たず、倒産となった。あの巨額の投資は一体、どこに吸い込まれてしまったのだろうか。今となってはわからない。

イケイケドンドン、に陰りが出てきた瞬間である。そんな中身のない大騒ぎに疲れてしまった僕は、4年ほど勤めたその会社を辞めて、3か月ほど実家に帰った。人相が変わるほど激太りしたのも、このたった3か月の間である。

それで人生どうなったかというと、別に終わったわけでもなかった。その4年間で築いた人脈とか腕とか知恵とか、そんなものを頼りに業界内で生きていくことになった。

「今は時代が違う」と言われるかもしれないが、本当にそうだろうか? やっぱりまず何かしら仕事には「業界」があり、その業界の構造とかルールとか歪みとか、そういうものを最初は勉強して、次の会社なり仕事なりにステップアップしていくものなんじゃないかと思う。人に認められるほどにそこそこ優秀ならば、どうせ周りが放っておかないのだ。

その現場で認められないのなら早々に撤退して、自分のキャリアが求められる新しい業態に飛び込んでみるのがいい。僕がここでこうしてネットのモノカキなどをしていられるのも、映像のプロとしての知識があり、それがちょうどコンピュータの能力向上のタイミングと合致して「ビデオがわかるパソコンライター」が必要とされたから、ただそれだけのことである。

これは「機を見る力」みたいなたいそうなものではない。単に新しもの好きで面白がりで、あれこれ首を突っ込んでみるというだけである。本人が何かしらガタガタ振動していれば、居場所はおのずとできあがってくる。これを「人間ブラウン運動の法則」と言う。いや、今思いついただけですけど。「最初の一歩をどうする」みたいにあんまり構えても仕方がないんじゃないかな、とあまりアテにならないアドバイスをしてみる次第である。

 

<この記事は小寺信良のメルマガ『金曜ランチボックス』より抜粋したものです。ご興味をもってくださった方はご購読よろしくお願いします>

 

[*1] http://www.recruit.jp/news_data/library/pdf/20120425_01.pdf

[*2] http://hosyukakumei.blog.fc2.com/

 

<就活関連でその他のオススメ記事>
僕が今大学生(就活生)だったら何を勉強するか茂木健一郎
ワタミ的企業との付き合い方城繁幸

1 2 3 4

その他の記事

廃墟を活かしたベツレヘムが教えてくれる地方創生のセンス(高城剛)
地味だが「独自色」が蘇った今年のCEATEC(西田宗千佳)
マイルドヤンキーが「多数派」になる世界(小寺信良)
川端裕人×小野雅裕 対談<答えの出ない「大きな問い」が僕らをつないでくれる>(川端裕人)
安倍政権の4割近い支持率から見えること(平川克美)
「バレなければいい」という行為について(やまもといちろう)
コロナワクチン関連報道に見る、日本のテレビマスコミの罪深さ(やまもといちろう)
『「赤毛のアン」で英語づけ』(4) 大切な人への手紙は〝語感〟にこだわろう(茂木健一郎)
父親の背中、母親の禁止–『ドラゴンボール』に学ぶ好奇心の育み方(岩崎夏海)
「銀座」と呼ばれる北陸の地で考えること(高城剛)
自分との対話として「書く」ということ(高城剛)
格安スマホは叩かれるべきか? サービス内容と適正価格を巡る攻防(やまもといちろう)
岐路に立つデジカメ、勝ち組キヤノンの戦略(小寺信良)
ネット教育今昔物語(小寺信良)
ネットメディア激変の構図とサブスクリプション問題(やまもといちろう)

ページのトップへ