津田大介
@tsuda

「この国のかたち」はメディアから見えてくる

津田大介メールマガジン『メディアの現場』紹介動画

こんにちは、津田大介です。

「この国のかたち」を考えるにあたって、メディアのかたちを検証することで見えてくるものは多いと思います。メルマガ『メディアの現場』は、現在のマスメディアやソーシャルメディアが抱える問題、そして今後の可能性について、僕なりの視点からまとめたものです。

メディアに興味のある人にであれば、必ず損はさせないので、ぜひ購読していただけたら嬉しいです。よろしくお願いします。

 

[embed]http://youtu.be/5FfT599Cq4s[/embed]

津田大介
ジャーナリスト/メディア・アクティビスト。1973年生まれ。東京都出身。早稲田大学社会科学部卒。早稲田大学大学院政治学研究科ジャーナリズムコース非常勤講師。一般社団法人インターネットユーザー協会代表理事。J-WAVE『JAM THE WORLD』火曜日ナビゲーター。IT・ネットサービスやネットカルチャー、ネットジャーナリズム、著作権問題、コンテンツビジネス論などを専門分野に執筆活動を行う。ネットニュースメディア「ナタリー」の設立・運営にも携わる。主な著書に『Twitter社会論』(洋泉社)、『未来型サバイバル音楽論』(中央公論新社)など。

その他の記事

Appleがヒントを示したパソコンとスマホの今後(本田雅一)
現代社会を生きる者が心身を再構築するためのひとつの手法としてのアーユルヴェーダ(高城剛)
「犯罪者を許さない社会」っておかしいんじゃないの?(家入一真)
イビサで夕日のインフレを考える(高城剛)
『好きを仕事にした』人の末路がなかなかしんどい(やまもといちろう)
「私、寝袋で寝ようかな」と奥さんが言った(編集のトリーさん)
高城剛がSONYのα7をオススメする理由(高城剛)
「正しく怒る」にはどうしたらいいか(岩崎夏海)
北朝鮮危機の背後にある金正恩の怯えとアメリカのメッセージを読み解く(小川和久)
岐路に立つデジカメ、勝ち組キヤノンの戦略(小寺信良)
「文章を売る」ということ(茂木健一郎)
玄米食が無理なら肉食という選択(高城剛)
欠落していない人生など少しも楽しくない(高城剛)
19人殺人の「確信犯」と「思想の構造」(やまもといちろう)
怒って相手から嫌われることのメリット(岩崎夏海)
津田大介のメールマガジン
「メディアの現場」

[料金(税込)] 648円(税込)/ 月
[発行周期] 月1回以上配信(不定期)

ページのトップへ