津田大介
@tsuda

「この国のかたち」はメディアから見えてくる

津田大介メールマガジン『メディアの現場』紹介動画

こんにちは、津田大介です。

「この国のかたち」を考えるにあたって、メディアのかたちを検証することで見えてくるものは多いと思います。メルマガ『メディアの現場』は、現在のマスメディアやソーシャルメディアが抱える問題、そして今後の可能性について、僕なりの視点からまとめたものです。

メディアに興味のある人にであれば、必ず損はさせないので、ぜひ購読していただけたら嬉しいです。よろしくお願いします。

 

[embed]http://youtu.be/5FfT599Cq4s[/embed]

津田大介
ジャーナリスト/メディア・アクティビスト。1973年生まれ。東京都出身。早稲田大学社会科学部卒。早稲田大学大学院政治学研究科ジャーナリズムコース非常勤講師。一般社団法人インターネットユーザー協会代表理事。J-WAVE『JAM THE WORLD』火曜日ナビゲーター。IT・ネットサービスやネットカルチャー、ネットジャーナリズム、著作権問題、コンテンツビジネス論などを専門分野に執筆活動を行う。ネットニュースメディア「ナタリー」の設立・運営にも携わる。主な著書に『Twitter社会論』(洋泉社)、『未来型サバイバル音楽論』(中央公論新社)など。

その他の記事

株式会社ピースオブケイクのオフィスにお邪魔しました!(岩崎夏海)
電気の「自炊」が当たり前の時代へむけて(高城剛)
新MacBook Proをもうちょい使い込んでみた(小寺信良)
Spotifyでジョギングするとめっちゃ捗る件(小寺信良)
録音がそのままテキストに?!「Recoco」はライターの福音となるか(西田宗千佳)
能力がない人ほど「忙しく」なる時代(岩崎夏海)
ドイツの100年企業がスマートフォン時代に大成功した理由とは?(本田雅一)
「暗い心」から脱するための、あまりにもシンプルな指針(名越康文)
ファッショントレンドの雄「コレット」が終わる理由(高城剛)
川端裕人×荒木健太郎<雲を見る、雲を読む〜究極の「雲愛」対談>第2回(川端裕人)
週刊金融日記 第308号【日本の大学受験甲子園の仕組みを理解する、米国株は切り返すも日本株は森友問題を警戒他】(藤沢数希)
21世紀のスマートトラベラーは天候のヘッジまで考えなければいけない(高城剛)
「いままでにない気候」で訪れる「いままでにない社会」の可能性(高城剛)
週刊金融日記 第299号【誰も教えてくれなかったWebサービスとアフィリエイトの勝利の方程式、日本も世界も株式市場はロケットスタート他】(藤沢数希)
頑張らなくても失敗しないダイエット(本田雅一)
津田大介のメールマガジン
「メディアの現場」

[料金(税込)] 648円(税込)/ 月
[発行周期] 月1回以上配信(不定期)

ページのトップへ