ベネッセの個人情報漏洩事件は氷山の一角?

アングラ住人たちが運営する「裏の名簿業者」の実態

まず、裏の名簿業者はアンダーグラウンド世界の住人です。彼らの扱う主なデータは、出会い系、競馬予想サイト、情報商材、アダルト動画サイトといった、人間の欲望に直結したサービスの利用者たちの氏名や年齢、住所、性別などです。特に頻繁にカネを払う利用者の情報は高値で取引されます。1件につき1円から5円というのが大まかな相場です。

今回のベネッセの件では、760万件のデータ流出が確認されており、容疑者は250万円で販売したと供述しています。表と裏では一概に比較できませんが、これはかなり「安い」値付けだと思われます。

ベネッセが持つような「優良」データは価値が高いと考えられるので、裏マーケットであれば数千万円の値がついたはずです。今回の容疑者はかなり足下を見られていたのでしょう。しかし、「不正に入手した個人情報を売りたい」という状況になっても、「買ってくれる」裏名簿業者との繋がりがないと、コンタクトすら取れないのが現実ですが…。

さて、「売る」のは大変ですが、「個人情報を買いたい」という場合は、ハードルは一気に下がります。出会い系サイトやアダルトサイトの運営元に連絡して、「顧客情報が欲しい」と持ちかければ、売ってくれる場合があるからです。これは彼らが常に自分たちが使い終わったネタを転売したいと考えているからです。

では、そうして手に入れたデータは本当に「使える」代物なのでしょうか? 裏業者たちが売買しているデータは、アングラ世界に流通しているものなので、信頼性は高くありません。その道のプロでなければ、ゴミのような情報を高値で売りつけられる可能性が高いでしょう。

裏名簿業者たちは情報を買う際に「仕込み」という作業をします。例えばAという出会い系サービスから顧客情報を買う際は、……(続きはメルマガ本紙をご覧ください)

(leon/ホワイト・ハッカー)

 

※筆者へのご質問をお待ちしています。→ support@sproutgroup.co.jp

 

 

株式会社スプラウトのメールマガジン「電脳事変~サイバーインシデント・レポート~」

32サイバーセキュリティに関するインシデント(事件、出来事、ハプニングといった意味です)を、独自の視点で深堀してお届けします。当メールマガジンは、IT技術者だけでなく、企業活動やファイナンス、政治や行政に関わる方々に向けた、独自のサイバーセキュリティ情報をお届けします。技術的な記述は最小限にとどめつつ、サイバー空間の最前線で今なにが起こっているのかを丁寧に解説していく予定です。掲載する内容は一部の翻訳記事と提供情報を除き、全て独自に取材したオリジナルコンテンツです。

【 料金(税込) 】 1028円 / 月
【 発行周期 】 月4回発行(第1~第4水曜日配信予定)

※詳細・購読はこちらから

 

1 2

その他の記事

なぜ東大って女子に人気ないの? と思った時に読む話(城繁幸)
高橋伴明、映画と性を語る ~『赤い玉、』公開記念ロングインタビュー(切通理作)
「どうでもいいじゃん」と言えない社会は息苦しい(紀里谷和明)
「群れない」生き方と「街の本屋」の行方(名越康文)
クラウドにデータを委ねるということ(本田雅一)
立憲民主党の経済政策立案が毎回「詰む」理由(やまもといちろう)
思い込みと感情で政治は動く(やまもといちろう)
フリック入力が苦手でもモバイル執筆が可能に! ローマ字入力アプリ「アルテ on Mozc」(小寺信良)
フェイクニュースに騙されないことなど誰にもできない–心理学的メディアリテラシー考(名越康文)
(1)上達し続ける人だけがもつ「謙虚さ」(山中教子)
「狭霧の彼方に」特別編 その3(甲野善紀)
未来を切り開く第一歩としてのkindle出版のすすめ(高城剛)
お悩み相談室 スナックりさちゃんへようこそ!(若林理砂)
「考える」というのは「答えを出すこと」じゃないよ(家入一真)
「テキストをwebで売る」のこれからの話をしよう(小寺信良)

ページのトップへ