小寺・西田の「金曜ランチビュッフェ」より

新「MacBook」を使ってみたらーー「ペタペタ」キーボード礼賛論

小寺信良&西田宗千佳メールマガジン「金曜ランチビュッフェ」2015年5月29日 Vol.036 <春のマインドチェンジ号>より

keyboard

4月以降、アップルの新「MacBook」を仕事の道具に使っている。USB-C端子がひとつしかないのはやっぱり困るし、パフォーマンス面で「もう一声!」と言いたい時がないではない。しかし、基本的にはかなり満足しており、過去の機器に戻すつもりはない。

中でも意外なほど気に入っているのがキーボードだ。新MacBookは、発表されると賛否両論が渦巻いた。あまりにストロークのない「薄い」キーボードだったからだ。商品が出荷されて1カ月以上が経過しているが、今でも「あのキーボードでは仕事はできない」という声を聞く。

・新MacBookのキーボード。キートップがほとんど出っ張らない、薄くてストロークのない「ペタペタ」キーボードである。

しかし、筆者はあえてこう言おう。

「このペタペタがいいんですよ。もう戻れないです」と。

別にアップル礼賛ではない。マイクロソフトもSurfaceで、また別の「ペタペタキーボード」を採用している。こちらも評判はまちまちなのだが、こと、6月19日に日本でも発売される「Surface 3」についていえば、以前よりずいぶん使い勝手が改善された、という印象を持った。ちょっと極端だが、「使い勝手のいいペタペタキーボード」の時代がやってきたんじゃなかろうか、と思っている。

・Surface 3のタイプカバーキーボード。こちらも「ペタペタ」だ。

これまでキーボードは「ストロークが深いものが良い」とされてきた。では、その理由はなぜか? それは、ストロークの深いキーボードの方が確実に押したと判断しやすかったからだ。

キーとはスイッチである。自分が高速に大量のスイッチを「正確に押している」と認識できて、我々は初めて「快適にキー入力ができている」と判断する。ストロークの浅いキーボードでは、キーを「まっすぐ正確に押し込んだ」のか、「斜めに押しただけでまだ文字は入力されていないのか」を、触感だけで判断するのが難しかった。ストロークが深いキーは、正確に入力された時にはキーが奥まで沈み込むため、その感触で「入力の正確さ」を推し量ることができたわけである。

しかし昨今、キーに使われるスイッチの形状や精度が変わることで、その辺の常識が変わりつつある。たとえば新MacBookのキーボードの場合、キーの中央を射貫かなくても、端を押すだけでもキーが「押された」と判断されるような物理的構造になっている。すなわち「キーがより楽に押せる」ようになっているわけだ。ストロークの深いキーは、それだけ指を物理的に動かす距離が長くなる。当然力もいる。一方で、ストロークが極端に浅くても入力が行える「昨今のペタペタキーボード」は、そこで余計な力がいらない。

私は、わりとキーを乱雑にたたく方だと思っていた。いわゆる「カチャターン!」なタイプだ。デスクトップパソコンで原稿を書いていた頃は、メカニカルで「チャカチャカ」音を立てるようなキーが好きだった。音が聞こえることでタイプしている感触を確認していたわけだ。だが、そういえばここ数年、「うるさい」といわれなくなってきた感じがする。ノートパソコンのキーボードは、基本的にストロークが浅い。デスクトップパソコンを一切使わなくなって7年、ノートパソコンのキーボードだけで原稿を書いてきたが、そろそろキーのたたき方も、ストロークの浅いキーに最適化されてきたのかもしれない。

それに拍車をかけたのが、新MacBookのキーだ。いままでに比べてもさらにストロークが浅く、さらに力を使わない。あまりの違いに最初は戸惑うのだが、半日もたてば慣れてしまう。慣れた後に従来の製品のキーを触ると、「なんてクニャクニャしていて打ちにくいんだ!」と感じるようになった。ほんの数ミリのストロークが生み出すタイムラグと、押すための労力が、なんとも邪魔なものに感じるのだ。これはあくまで「感触」の世界であり、すべての人に同じように感じられるわけではない。だが、「正確に押せる」ことと「ストロークがないこと」がセットになっていると、いままでのキーボードの常識は破壊されるのは間違いない、と考えている。

一方、いいことばかりでもない。新MacBookになって、打鍵音は間違いなく大きくなった。いや、正確にいえば「甲高く」なった。人はそんなに器用ではない。力が不要とはいえ、いままでさんざんやってきた「タイプ」という行為から、力を抜けるわけがない。余った力はどこにいくかというと、キーを必要以上に「押す」方に働く。結果、ペタペタという音は大きくなる。いままでのキー入力音に比べ、高くて響きやすい音が出るので、周囲で聞くと「音が耳障りになった」と感じられている可能性は高い。Surfaceのタイプカバーキーボードも、「ペタペタ音」が他より大きくなりがちだと感じていたが、新MacBookも同様だとは思わなかった。

また、軽く入力できるためか、指がもつれがちな左下のキーで誤タイプが起きやすい。従来なら「確実にキーの真ん中を押す」まで文字は入力されなかったが、今はミスタッチで端に触れた時でも入力と見なされる。この辺も慣れが必要な部分と感じる。

ノートパソコンを設計するとき、エンジニアは様々な点を配慮する。入力の確実性・快適さを気にするのと同時に、「周囲に音が漏れない」ことを旨とするメーカーは多い。特に日本では、音の周波数を計測し、どこを改善すると音が小さくなるか……という努力をするところもある。キーを押した時の「力の抜け」をグラフにし、快適さを演出するところもある。

このところ、ノートパソコンは価格重視の側面が強く、そこまでキーボードにこだわった製品は減っている印象だ。だが、スマートフォンとの差別化もあって「パソコンは快適にいろいろな生産行為が行えるもの」とされているわけだから、キーボードへの開発投資再燃は、ありそうな話ではある。

みなさんも「ストローク絶対主義」をちょっと脇へ置いて、「ペタペタキーボード」を本気で触ってみてほしいと思う。もしかするとこの先に、新しい快適な操作環境があるかもしれないからだ。

 

小寺・西田の「金曜ランチビュッフェ

2015年5月29日 Vol.036 <春のマインドチェンジ号>目次

01 論壇(小寺)
ドローン少年逮捕をどう受け止めるべきか
02 余談(西田)
「ペタペタ」キーボード礼賛論
03 対談(西田)
「大江戸スタートアップ」が見る日本のスタートアップ事情(1)
04 過去記事アーカイブズ(小寺)
次世代エネルギーとスマートグリッドで家電が変わる?
05 ニュースクリップ(小寺・西田)
06 今週のおたより(小寺・西田)

 

12コラムニスト小寺信良と、ジャーナリスト西田宗千佳がお送りする、業界俯瞰型メールマガジン。 家電、ガジェット、通信、放送、映像、オーディオ、IT教育など、2人が興味関心のおもむくまま縦横無尽に駆け巡り、「普通そんなこと知らないよね」という情報をお届けします。毎週金曜日12時丁度にお届け。1週ごとにメインパーソナリティを交代。

 

ご購読・詳細はこちらから!

 

筆者:西田宗千佳

フリージャーナリスト。1971年福井県出身。得意ジャンルは、パソコン・デジタルAV・家電、そしてネットワーク関連など「電気かデータが流れるもの全般」。取材・解説記事を中心に、主要新聞・ウェブ媒体などに寄稿する他、年数冊のペースで書籍も執筆。テレビ番組の監修なども手がける。

その他の記事

【期間限定】『「赤毛のアン」で英語づけ』序文(茂木健一郎)
年内に来る? Wi-Fi Awareとは(小寺信良)
少子化問題をめぐる日本社会の「ねじれ」(岩崎夏海)
地域マネージメントのセンスに左右される観光地の将来(高城剛)
百田尚樹騒動に見る「言論の自由」が迎えた本当の危機(岩崎夏海)
Ustreamが残したもの(小寺信良)
悪い習慣を変えるための5つのコツ(名越康文)
日本の30代以上だけが気づいていない「ノーリスクのリスク」(城繁幸)
彼女を部屋に連れ込んでどうにかしたい時に聴きたいジャズアルバム(福島剛)
日本が抱える現在の問題の鍵はネアンデルタール人の遺伝子にある?(高城剛)
アカデミー賞騒ぎを振り返って〜往年の名優を巻き込んだ「手違い」(ロバート・ハリス)
被差別属性としての「キモくて金のないおっさん」とは何か(やまもといちろう)
英語圏のスピリチュアル・リーダー100(鏡リュウジ)
ソフトバンク・Pepperの価格設定から見る「売り切り時代」の終わり(西田宗千佳)
心のストッパーを外す方法(岩崎夏海)

ページのトップへ